損をするブログの書き方:7つのチェック項目

損をするブログの書き方

Pocket

初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。今日は『損をするブログの書き方』についてお話しします。

ゆーいちろう

というのも……最近ブログのご相談を受けることが多いのですが、

一生懸命熱心に書いている方ほど損なブログの書き方をしている方が多いように思うんですよ。

これは本当にもったいない!

チェック項目を挙げてみました。

万が一「当てはまるかも……」ということがないように今すぐチェックしてみてくださいね!

この記事を読むと…
損するブログの書き方がどのようなものか分かります

●よってブログ執筆で損しないようになります

ブログを書くのって大変!

 

ブログは誰でもできるビジネスですが、慣れない方がブログを書き始めたときってそりゃあもう大変です。

手探り状態でやっている方、トップブロガーを見様見真似でパクってる方、『我が道』を突っ走っている方……

それぞれやり方は自由なんですが、拝見していると

「これはもったいないなぁ。損だよなぁ」

と思ってしまうブログをたまに見つけます。

 

ブログは最初のうちはほぼ無給労働です。その無給労働の期間が長すぎると心が折れて退場してしまう方も……

そんな方がひとりでも少なくなるように、今回の記事を書きました。

 

損1 キーワードが入っていない

 

記事タイトルにキーワードらしきものが見当たらないブログがあります。

記事タイトルの付け方についてはこのブログでも何回も記事にしていると思いますが、

・記事タイトルにキーワードを入れる

 

・しかも記事タイトルの前のほうに入れる

これ重要です。

 

損2 カテゴリが大杉

 

ひとりの人のなかには多様な側面があります。

なので、執筆者さんが自分の関心事をあれもこれもとカテゴリーにしていくと、関連性のない多数のカテゴリーが出現してしまう場合があります。

読者からするとひとつのブログのなかに自分がまったく興味のない記事が多数あるわけで、

最初読んだ記事には興味をもったけど、ほかの記事には興味ないなぁ……

と、早々に離脱してしまうかもしれません(つまりPVを取りそこねてしまうわけです)。

 

また、「カテゴリーが多いほうがたくさんの読者を呼んで来れるのでは?」と考える方もいらっしゃるようですが、

たとえばあなたのブログに200記事あるとして、カテゴリーが10コあったら、各カテゴリーの記事は10分の1の20記事

ブログとしてのパワーが発揮できないのはイメージしていただけますでしょうか。

 

損3 大人気ジャンルに殴り込み

 

ドメイン取りたて、ブログ始めたばかり、という状態で

超人気ジャンル(カテゴリー)で記事を書いている方が非常に多く見られます。

 

トップブロガーの◯◯さんが△△というジャンル(カテゴリー)で月◯◯万円稼いでいるから!

というのがホンネの理由ではないかと思いますが……

 

まずはそのトップブロガーさんが大量のアクセスを集めていますし、

その方を真似している先輩ブロガーさんも非常に多いはずです。

 

よって、ブログにアクセスがなかなか集まりません。

満足のいく収益を得るために何年かかるでしょうか。いえ、何年かかっても来ないかもしれません。

 

損4 知識がないジャンルでムリクリ

 

世の中には

『人気のキーワード』
『稼げるキーワード』
『検索ボリュームのあるキーワード』

なる情報があります。

おそらくブログを始めたばかりの方でも知っている情報なのではないかと思います。

しかし、その人気キーワードで長期間ブログ記事を書いていけるか?となると、かなり困難を極めると思います。

 

「その分野の勉強すればいいじゃん!」

と思う方もいるのかもしれませんが、

今後日常のなかで、ブログを書く時間ばかりか勉強の時間もひねりださないといけないということになります。

これは社会人にとってかなり難しいものになります。

結局は、記事更新のスピードが徐々にダウン。フェードアウトとなってしまいます。

 

ブログは「この分野なら自分は100記事くらい書ける!」という分野(カテゴリー)で始めるのが一番効率的です。

 

損5 日記ブログ

 

僕はコピーライティングの師匠に繰り返しこう言われました。

自分の文章は誰も興味がないし読まれない、という前提で書け。

 

芸能人でもない限り、日常の出来事なんて書いても誰も読みに来ません

 

「いえ、私は示唆に富んだ思索を書き綴っています」

という方もいるかもしれませんが、たいていの人は「知らんがな」で読んでくれません。

自分がおもしろいと思ったことは、文章にするとほぼ100%おもしろくないと考えていいでしょう。

 

ただここでですね、ツイッターというまぎらわしいモノがありまして……。

記事公開をツイートすると、記事を読んでもいないのにいいね!したり、ちょいと記事を見にきたりしてくれるフォロワーさんがいるんです(^^;)

これらの方たちはインプレッション収益の足しにはなるし、モチベーションの助けにもなるのですが、

自分が間違っている方向に突っ走っているときになかなか気づかないーーという可能性もあります。

 

損6 不必要なこだわり

 

僕がブログ記事の時短ライティングを進めているときに、一番ネックになったのはアイキャッチ画像でした。

無料で獲得できるサイトに行って画像を探し、時間をかけてダウンロード。Word Pressに入れてみて「うーん、やっぱりなんか違う……」となってまた無料画像サイトへ……

 

記事書くより時間掛かるじゃんか!

となって、べつの方法を探り、現在の方法に落ち着きました。

現在は20秒から2分くらいで作成できています。

 

ブログは自分のお城みたいなものですから、素敵に仕上げたいし、またそういったカスタマイズが可能です。

しかし、ブログの目的は収益化です。

目的のうち数%は自己実現のため、という方もいるかもしれませんが、僕なんかは100%収益のためにやっています。

なので、目的に合っていないこだわりは要らないと思います。

 

※逆に、アイキャッチ画像にこだわることがブランディングになる方もいます。

自分のこだわり、時間がかかる作業は本当に必要か?と考えてみてください。

 

損7 初心者であることがバレバレ

 

最近、開始後まもないブログをよく拝見するからでしょうか、記事のテンプレート(?)のようなものが残っているブログ記事を散見します。

「ここに説明文を入力」
「ここに説明文を入力」
「ここに説明文を入力」

という文字が繰り返し書かれているので、これはデフォルトで入っているダミーの文章かなのではないかと思います。

 

メタ情報が表示されたまま、というのもよろしくありません。

 

「だって実際、初心者だから……」

と思うかもしれませんが、読者から信頼を得られない記事は存在価値がないです。

あなた自身がユーザーだった場合には、そのような不備のあるサイトに書かれていることを信用しないと思います。

 

ご自身のブログ記事は公開前に、パソコンやスマホで見てみることをオススメします。

 

損なブログの書き方のまとめ

 

いかがだったでしょうか。7つもありましたね……(^^;)

 

ただ、このようなことは、気がつけばどんどん修正していけることです。

ブログのカテゴリーを途中で変更することだって可能です。

その点、ブログビジネスは本当に失敗のないビジネスと言えます。

 

ただ、損したままでいるのはいけません。

チャッチャと修正してアクセスどんどん取っていきましょう!

こんなブログの書き方は損だ!

◎キーワードが入っていない

◎カテゴリが大杉

◎大人気ジャンルに殴り込み

◎知識がないジャンルでムリクリ

◎日記ブログ

◎不必要なこだわり

◎初心者であることがバレバレ

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』noteにて公開中!