ワードプレス(Word Press)ブログの始め方を画像でカンタンに解説:エックスサーバー、ロリポップ比較

ワードプレス(Word Press)ブログを始める方法をステップで解説します

Pocket

ブロガー志望者さん

ワードプレスでブログを始めたいけど、サーバーの契約とか分からないことが多くて不安……。

どこと契約すればいいのかよく分からないし……。

今回はそんな疑問にお答えします。

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

 

Word Pressでブログを立ち上げる方法について、初心者の方でも分かりやすいように58枚の画像を使って、ステップごとに解説しますね。

ゆーいちろう

この記事で

● まったく何もしていない状態から、Word Pressのインストールを完了し、初期設定するところまでご理解していただけます。

● 初めての方でも記事を見ながら迷うことなく作業を進めていただけます。

こんな方にオススメ!

● これからWord Pressブログを始めるがサーバー選びで迷っている

● Word Pressブログ開始の手順に不安感がある

初心者でエックスサーバーを選ぶ方が非常に多い印象ですが、きちんと特性をご理解したうえで選んでいるのかなぁと思いました。

だいぶ損をしている方もいるのではないか?と思っています。

とくにサーバー選びの部分をしっかりとお読みいただけるとうれしいです。

 

ワードプレス(Word Press)ブログを始める方法

 

まずはこの記事の大まかな流れをご覧ください。作業の手順としてはこんな感じになります。

1 事前に準備するもの

2 サーバーの契約

3 ドメインを取得

4 サーバーとドメインを繋げる

5 Word Pressをインストール

6 Word Pressの初期設定(別記事をすでに書いています)

それでは順番にやっていきましょう!

 

1 事前に準備するもの

 

いざ、やるぞ!とパソコンの前に座る前に準備しておくものがあります。

1 クレジットカード

2 希望のドメイン

クレジットカードは持っていればまったく問題ないですね。お財布を傍に置いておけばいいだけですよね。

 

ドメインを決めるのは時間がかかる場合があるので、先にちょっとお話ししておきます。

 

ドメインとは、ブログのURLの自分で決められる部分です。

僕のブログのトップページのURLは▼こちら▼、で赤字の部分がドメインです。

https://kiban01.com/

 

ドメインの決め方

ドメインは基本、英字と数字によって構成されます。

 

✔︎オススメしないドメイン

 

ブログ始める前に「〇〇について書こう」と思っていた狭いジャンルの言葉をつけること

たとえば ネットショップの運営について書きたいと思って

netshop-unei.com

とつけるようなパターンです。

 

ブログは書いてるうちに微妙に主軸がずれることがあります。

アクセスが多いジャンルを増やしていくわけなので推奨される行動なのですが、

あまりに狭いジャンルをドメインにつけると

「このブログ内容でなぜこのドメイン?」

と思われてしまいますね。

 

ドメインは単なる名前なのでブログ内容とマッチしていなくてもとくに問題はないのですが、

あなた自身が気になって「ドメイン取り直したい」と思ってしまうことは回避しましょう^^;

 

その意味では自分の名前やニックネームをつけるのは良いのかもしれません。

ただし、「これじゃなんのブログか分からないから具体的な名詞を入れればよかった」と思う可能性もゼロではありません。

 

また、

半角の英数字とハイフン『-』以外を使うこと

もやめておいたほうが良いでしょう。

ここで説明すると煩雑になるのでしませんが、アドセンスの申請ができないなどの例がありました。

 

✔︎日本語ドメインってどうなの

「英字と数字? 日本語のドメインっていうのもありますよね?」

という声が聞こえてきそうです。

はい、日本語のドメインってありますね。

https://日本語.com

みたいな感じのURLになります。

 

メリットとしては以下のようなことが言われています。

・分かりやすい
・覚えてもらいやすい
・まだ数が少ないので希望のドメインが取得できる

一方、デメリットは、

・ブログ以外では非常に長い英数字の文字列になってしまう

これがどうしても一番のデメリットですね。ツイッターなど文字数制限があるところでは使いにくいです。

 

URLを短縮してくれるサービスがありますが、そのサービスが終了したら無効になります。

 

『価格.com』のドメインが『kakaku.com』、『お名前.com』のドメインが『onamae.com』であるところを見ると、

よほど何かこだわりがある場合でない限り、日本語ドメインは避けておいたほうが良いような印象です。

 

✔︎.comにしましょう

ドメインの種類は非常に多いです。そして、価格はピンからキリまであります。

 

しかし『.com』で取得することをオススメします。

 

『.com』はトップレベルドメイン(gTLD)のひとつです。

トップレベルドメインには『.net』や『.org』などがありますが、『.com』で取得しておくのがもっとも間違いがないです。

 

✔︎希望のドメインが使えるか調べる

なんとなく、「このドメインで行こうかな」というものが決まったら、

▼こちら▼のサイトで検索してみましょう。調べるだけなら無料でできます。

ドメイン検索

ドメインは残念ながら早いもの勝ちなので、すでに誰かが取得しているドメインは右端に『取得できません』と出てきます。

そうしたら数字を付け加えるなどすると、まだ取得されていないものが見つかります。

 

実際はいくつかの記号も使えますが、使わないことをオススメします。

 

2 サーバーの契約をしよう

 

次にサーバーの契約をします。サーバーをレンタルできる会社は多数あります。

何十社も比較しているサイトもあるのですが、

「読んでも結局どこが良いのか分からない」

と迷っている方も多いようです。

 

あなたに合ったサーバーを選ぼう

多くのトップブロガーさんが『エックスサーバー』というサーバーを「ここがイチオシ!」と推薦しています。

 

しかし、それも真実ではないと僕は考えます。

何十社も会社があるのに、つまり特徴はそれぞれなのに

「初心者ブロガーなら誰にとってもこれが一番!」

と言えることがおかしいです。

 

この記事ではあなたが適正な選択をできるよう、できるだけ分かりやすくご説明します。

 

✔︎大まかにふるいにかけます

何十社もあるサーバー会社を一覧表にしても混乱するだけですので、

大まかにふるいにかけてみましょう。

 

僕は以下のような条件で選び出すのが良いと思います。

(1)サービス歴が長い

(2)初心者にも使いやすい(管理画面やマニュアルが分かりやすい)

(3)性能が一定レベルより上

(4)ネットに悪い書き込みが目立たない

これらの理由はひとつひとつ非常に重要です。

 

(1)は、さらにその先の理由があります。

・サービス歴が長いので使っている人が多い
・なのでトラブルのとき、ググれば解決策が見つかることが多い
・サービス歴が長いということは信頼性の証になる

 

(2)を軽視するとあとで苦しむことになります^^; 

誤操作によって、Word Pressが表示されず、すべて真っ白になってしまう……なんてことも、あると言えばあります。

 

(3)は、(1)をクリアして多くの人が使っているという時点で合格かなとも思います。

なので、レンタルサーバーランキングトップ10には必ず入っているレベルの会社から選びます。

 

(4)の、 悪い書き込みというのは以下のような原因があるようです。

・サービスの質が低いためにエラーなどが出る
・サイト(管理画面やマニュアル)が不親切で分かりにくい
・問い合わせても塩対応か放置(おそらくスタッフの知識レベルが低い)

これらのことでトラブルとユーザーは感情的になりますから、怒りが爆発してネットに書き込みしますよね^^;

 

入念に探せばどのサーバーもネガティブな書き込みはあるかもしれませんが、意図せずちょいちょい見かけるサーバーは避けておきましょう。

 

✔︎選ぶならエックスサーバーかロリポップ

ということでふるいにかけると優秀な候補は以下の2つになります。

エックスサーバー   大きな特徴は速いこと

ロリポップ    大きな特徴は安いこと

 

✔︎ロリポップは安い

両者の価格を表にしました。

サーバ名 プラン 月額 初期費用
エックスサーバー X10 1,000円 3,000円
  X20 2,000円 3,000円
  X30 4,000円 3,000円
ロリポップ ライト 250円 1,500円
  スタンダード 500円 1,500円
  ハイスピード 1,000円 3,000円

太字のプランがオススメのものです。金額はすべて税別です。

 

上記の表を見ると、分かるように

ロリポップでは1年間で7,500円(税別)となります。

エックスサーバーでは15,000円(税別)です。

★エックスサーバーは6月末までは『5%還元』が適用されます。

 

この他にサーバーの性能を比較するにはディスク容量、1日当たりの転送量、マルチドメインなどがありますが、

新人ブロガーさんがそこまで考えても迷うばかりと思いますので(僕がそうでしたし!)、割愛しました。

 

ちなみに、スペックが物足りなくなるほどすごいブログに育ったら、バージョンアップや引っ越しなどの方法があります。

 

✔︎エックスサーバーは速い?

では速さについてはどうなのでしょう。

『バズ部』のサイトには以下のような文章があります。

WordPressはPHPで作られているCMSだ。そのためPHP及びMySQLの処理速度が早いサーバーを使った方がサイトの表示速度が早くなる。

バズ部

そしてレンタルサーバーの処理速度の実測データの一覧表がありました。

残念ながらその表にロリポップは含まれていません。

が、一般にロリポップに類似していると言われるさくらサーバーが含まれていて1秒あたりのPHP処理数はエックスサーバーはさくらサーバーの2倍でした。

これで比較するのは筋違いかもしれませんが、エックスサーバーはそれほど速いということです。

 

ここで、誤解してはいけないのは、

エックスサーバーにしたらブログが高速で表示され、ロリポップだったら表示に時間がかかる

とは一概に言えないことです。

エックスサーバーは処理速度が速くて優れているのです。

『ブログの表示時間』には他の要素も関係してきます。

 

そもそも表示に時間がかかるサイトって最近は見たことないですよね。

サイトの表示速度を計測するサイトで測っても、違いは秒単位のものです。

 

ただ、月間100万PVといったサイトになったらエックスサーバーが断然良いでしょう。

そうなったらサーバーを引っ越す、という手があります。

 

✔︎その他の違いや共通点

エックスサーバーを以下のような理由で勧めている方がいますが

・管理画面が使いやすい
・Word Pressのインストールが簡単
・安定している

これはロリポップも同じです。

 

また、エックスサーバーはバックアップが無料ということを主張している方もいますが、バックアップされたデータをもらうのは有料です^^;

(ロリポップはバックアップが有料です)

 

しかし、▼こちら▼にバックアップを自分のドロップボックスに完全無料で保存する方法を公開していますからご安心ください。

参考記事>>Word Pressのバックアップをとってみた【プラグインとDropbox で簡単ラクラク無料定期バックアップ】

 

2-X エックスサーバーで契約

 

ここからはエックスサーバーで契約する手順を解説します。

ロリポップで契約ご希望の方は▼こちら▼からどうぞ。
ロリポップでサーバーの契約をする

 

ロリポップでの手順説明に一気にジャンプしていただけます^^

 

さて、エックスサーバーですが、

先ほどお見せした手順のうち2から5までをひと続きに解説しますね。

1 事前に準備するもの

2 サーバーの契約
3 ドメインを取得
4 サーバーとドメインを接続
5 Word Pressをインストール

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

 

では▼こちら▼からエックスサーバーの公式サイトにアクセスしましょう。
エックスサーバー  

 

 

サーバー契約の申込みは大まかに言って以下の手順で行ないます。

ステップ1:申し込みフォーム記入

ステップ2:スマホで認証作業

ステップ3:クレジットカードで支払い

ゆっくり順番にご説明します。

 

ステップ1:申込み

ページの中央に見える『お申し込みはこちら>』をクリックします。

 

下図のような画面になりますので、

左側の『10日間無料お試し 新規お申込み』をクリックします。

 

 

下図のようなフォームになりますので、指示に従って記入して行きます。

 

『サーバーID(初期ドメイン)』は希望するドメイン(.com以外の部分)を記入しましょう。仮のものなので、ここでドメインが決定するわけではありません。

『プラン』は『X10』で充分です。

 

あとは指示されているように記入していけば良いので、とくにむずかしいことはありません。

★電話番号はこのあとの認証作業のために携帯の電話番号にしておきましょう!

 

すべて記入したら、

『「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意する』に忘れずにチェックを入れ、

『お申込み内容の確認へ進む』をクリックします。

 

申込みの記入はこれで完了です。

 

次はスマホ経由で認証作業に入ります。

 

ステップ2:認証作業

 

次の画面では内容を確認し、『SMS・電話認証へ進む』をクリックします

 

次の画面は下図のようになっているので、このまま『認証コードを取得する』をクリックすれば良いでしょう。

 

次の画面は下図のようになりますので、スマホのSMSに届いた5桁の番号を記入します。

 

すると、以下のような画面になってアカウントの申し込みは完了となります。

記入したメールアドレスにエックスサーバーからメールがきているはずです。

 

このメールはパスワードなど重要なことが書かれていますので大切に保管してください。

ステップ3:支払い

キャンペーンドメインを取得するために、支払いの設定が必要です。

課金されるのは10日間の無料期間が終了してからになります。

ただ、うっかりして忘れてしまった!ということにならないように、手続きだけを先にやっておくことをオススメします。

 

先ほどのメール内に記載されている『Xserverアカウント』にログインしましょう。

 

下図で示したように『Xserverアカウント』にログインしてください。

 

パスワードは上記メールに書かれている『Xserverアカウントパスワード』を記入します。

 

ログインすると下図のようになっていますので、左側のメニューにある『決済関連』→『料金のお支払い』をクリックします。

 

『更新期間』は12ヶ月を選ぶことをオススメします。

 

下図でご覧いただけるようにだいぶ割安になりますし、このあと設定するドメインが年間契約なので、毎年一緒に管理して更新できるからです。

支払い方法は5%還元があるクレジットカードが断然オススメです。

以上でサーバーの契約については完了です。

 

3-X キャンペーンドメイン(無料)を取得

 

キャンペーンドメインは初回の課金が発生したあとで申し込めるようになっています。

ドメインが設定できないとWord Pressもインストールできないので、10日間待ちましょう。

ドメイン取得の手順

キャンペーンドメインを取得する手順を解説します。

支払いのときと同じ『Xserverアカウント』にログインします。

 

左のメニューの下の方に『キャンペーンドメイン』があります。ここから申込みます。

申請フォームのページには『利用規約』と『個人情報に関する公表事項』がありますので

 

確認して、『同意する』をクリックします。

 

すると以下のようなページになりますので、希望するドメインを記入します

 

繰り返しますが、

・半角の英数字で作ること(基本は英字、ダメなら数字を加えます)

・『.com』にすること

をオススメします。

4-X サーバーとドメインを繋げる

 

今度は下図のように『サーバーパネル』にログインします。

 

サーバーIDとサーバーパネルパスワードはエックスサーバーから来たメールに書かれています

Xserverアカウントへのログインとはまったく違いますのでご注意ください。

 

ログインすると下図のようになっていて、右上に『ドメイン設定』があります。

 

クリックすると下図のような画面ですので、

『ドメイン設定追加』タブをクリックし、『ドメイン名』に取得したドメインを記入

『確認画面へ進む』をクリックします。

 

次のページで『追加する』をクリックして完了です。

 

以上で、サーバーのレンタル、ドメインの取得、サーバーとドメインを繋げるところまで完了しました。

1 事前に準備するもの
2 サーバーの契約
3 ドメインを取得 
4 サーバーとドメインを繋げる ←今ここまで終了
5 Word Pressをインストール

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

次はいよいよWord Pressのインストールです。

 

……が、しばしこのままサーバーパネルにいて先をお読みください。

Word Pressインストールの前にSSL化

Word Pressをインストールする前にサーバーでやっておくことがあるのでやってしまいましょう。

 

それは

SSL化の手順の一部

です。

 

SSL化とはサイトの安全性を強化する作業なのですが、大きく分けて

1 サーバー内ですること
2 Word Press内ですること

の2つがあります。

その1の『サーバー内ですること』が現在ログインしているサーバーパネルでできます。

超簡単ですのでついでにやってしまいましょう。

 

画面の右上にある『トップ』からサーバーパネルのトップページに戻ります。

 

ここで『SSL設定』をクリックします。

 

次に『独自SSL設定追加』というタブをクリックして、『確認画面へ進む』をクリックし、

最後に『追加する』をクリックします。

 

これでサーバー内のSSL化設定は完了です。

 

5-X Word Pressをインストール

 

Word Pressのインストールはびっくりするくらい簡単ですよ^^

 

サーバーパネルのトップページの下の方に『Word Press簡単インストール』があります。

 

『Word Press簡単インストール』の画面で、『Word Pressインストール』のタブをクリックし、必要な情報を入力していきます。

【入力項目】

・サイトURL:空欄のまま

・ブログ名:ブログのタイトルを記入します(あとで変更可能)

・ユーザー名:ログイン時に使用します(★記録しておきましょう)

・パスワード:ログイン時に使用します(★記録しておきましょう)

・メールアドレス:Word Press関連の情報を受け取ります

・キャッシュ自動削除、データベース:上図参照

『ユーザー名』はワードプレスでは著者名として表示される場合がありますが、あとで変更することが可能です。

 

入力が完了したら右下の『確認画面に進む』をクリックします。

確認後、右下の『インストールする』をクリックしてインストール完了です。

 

管理画面URL

インストール完了画面で表示された『管理画面URL』はブックマークしておきましょう。

 

万が一、ブックマークせずにページを閉じてしまったら以下のURLでアクセスできます。

https://ドメイン/wp-admin/

 

稀に想定どおりの画面にならず『無効なURLです。……』となることがありますが、慌てずに1時間ほど置いてみてください。

 

以上で、Word Pressのインストールは完了です。

1 事前に準備するもの

2 サーバーの契約
3 ドメインを取得
4 サーバーとドメインを接続
5 Word Pressをインストール ←今ここ

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

Word Pressデビュー、おめでとうございます!!^^

 

6-X Word Pressの初期設定

 

次はいよいよWord Pressにログインして、Word Press内の設定をしていきましょう!

Word Pressインストール直後の初期設定は▼こちら▼に1記事として詳しくまとめています。

参考記事>>Word Press(ワードプレス)インストール後すぐにやっておきたい7つの初期設定

 

……と、上記記事に行く前に、この記事があなたの役にたったら仲間にシェアしてあげてください!<(_ _)>

 

2-L ロリポップで契約

 

ここからはロリポップで契約する手順を解説します。

 

Word Pressインストール完了までの2から5までをひと続きに解説します。

1 事前に準備するもの

2 サーバーの契約
3 ドメインを取得
4 サーバーとドメインを接続
5 Word Pressをインストール

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

 

では▼こちら▼からロリポップの公式サイトにアクセスしましょう。

ロリポップ  

 

中央に見える『まずは無料の10日間ではじめよう』をクリックします。

 

さて、申込みは以下の手順で行ないます。

ステップ1:スマホで認証作業

ステップ2:申し込みフォーム記入

ステップ3:クレジットカードで支払い

ゆっくり順番にご説明します。

 

ステップ1:認証作業

『まずは無料の10日間ではじめよう』をクリックすると

次の画面は、下図のようにプランが一覧できる画面になります。

オススメは『スタンダード』です。

下の方にある『10日間無料でお試し』をクリックします。

 

下図のような画面になります。

 

上図、赤い四角い枠で囲まれた部分ですが、

左の枠には希望するドメインを記入(まだ決定ではありません)します

・右の『URLの末尾を変更する』とある場所に何か記入しようとすると下図のようなウィンドウが出てきます。

 

最終的には独自ドメインを取得しますので、ここは覚えやすい文字列をとりあえず選んでおきましょう。

独自ドメインを設定するまで管理画面ログインに使いますので記録しておいてください)

 

パスワードも管理画面ログインに必要ですので記録しておいてください。

他の情報を記入したら下にある『規約に同意して本人確認へ』をクリックします。

 

すると下図のような画面になりますので、携帯電話番号を記入します。

 

記入したら『認証コードを送信する』をクリックします。

 

すると携帯電話のSMSに4桁の認証コードが送られてきますので、

それを記入して『認証する』をクリックします。

ステップ2:申し込み

『認証する』をクリックをクリックすると次の画面が下図のようになっていて、申し込みフォームとなります。

必要事項を『電話番号』まで記入します。

 

電話番号より下にある「任意』というオプションはどれも申し込まなくて良いと思います。

自動更新のみ、ご希望の方はチェックを入れていいかな、というくらいです。ブログ開始1周年を忘れてしまうということはあまり考えられないからです。

そのあとは結構忘れますので自動更新に変更することをオススメします!^^;

 

『お申し込み内容確認』をクリックし、内容を確認したら『無料お試し開始』をクリックします。

 

すると以下のような画面になりますので、これで申し込み完了です。

 

『ユーザーページにログインする』をクリックするとそのままユーザー専用ページ(管理画面)にログインできます。

 

トップページが下図のようになっているので、次のアクションが起こしやすいですね。

 

もしどこかをクリックして他のページへ行っても、左上の『LOLIPOP!』のロゴをクリックするとトップページに戻ります

 

ロリポップから以下のようなメールが着ていますのでログインURLなどはそこに記載されています。

ステップ3:支払い

ユーザー専用ページの右上のほうにある『ご購入手続きへ進む』をクリックしてサーバーの契約を完了してしまいましょう。

 

『ご購入手続きへ進む』をクリックすると以下のような画面になります。

 

クレジットカードを選択すると、下図のように『クレジットカードが設定されていません』という注意表示が出ますので、左メニューの『クレジットカード設定』で登録します。

 

クレジットカードの情報を記入して『新規登録』をクリックします。

 

『サーバー契約・お支払い』の画面に戻り、『プラン』と『契約期間』を下図のように選択して、『契約を確定する』をクリックします。

・プラン:スタンダードプラン
・契約期間:12ヶ月

契約期間を12ヶ月にするのはドメインと一緒に管理しやすくするためです。

ドメインは年ごとの契約なので、サーバーとズレがあると「ついうっかり!」となって損失を出している人を何人も見たことがあります。

表示されている『¥8,250』が1年間の税込サーバー代金です。

 

3-L ドメイン取得

 

では次に独自ドメインを取得しましょう。

ユーザー専用ページの右下に『独自ドメインを設定する』とありますので、ここからスタートします。

 

クリックすると下図のような画面になります。

『ステップ1』『ステップ2』と非常に分かりやすく書かれています。

まずは『ステップ1』の『独自ドメインを取得する』から始めましょう。

ドメイン取得の手順

 

クリックすると以下のように『ムームードメイン』というドメインを取得するサイトに飛びますので、

希望するドメインを入力して検索してみましょう。

 

検索してみると、下図のような画面になって取得できるかどうかがひと目で分かります

繰り返しますが、

・半角の英数字で作ること(基本は英字、ダメなら数字を加えます)

・『.com』にすること

をオススメします。

 

4-L サーバーとドメインを繋げる

 

サーバーのレンタルと、ドメインの取得が完了しました。

これから、この2つを繋げる設定をしていきます。

 

ムームードメインでサーバーの設定

 

ムームードメインのコントロールパネルで左にあるメニューの『ネームサーバ設定変更』をクリックします。

 

すると下図のような画面になりますので、該当するドメインの『処理』欄にある『ネームサーバー設定変更』をクリックします。

僕はドメインを複数取得していますので、図のようになっていますが、取得したドメインがひとつなら、ひとつだけ表示されます。

 

画面が下図のようになりますので、『ロリポップレンタルサーバー』を選びます。

 

そして一番下にある『ネームサーバ設定変更』をクリックします。

これで、ムームードメインでのサーバーの設定は完了です。

 

サーバーで取得したドメインの設定

次に、購入したドメインをレンタルしたサーバーに設定します。

 

ロリポップのユーザー専用ページの『独自ドメイン設定』の画面に戻ります。

「設定する独自ドメイン』に購入したドメインを記入、あとは何も触らずに最後の『独自ドメインをチェックする」をクリックして大丈夫です。

これで、ドメインにアクセスするとブログのトップページが表示されるようになります。

確認後、『設定』をクリックします。

 

以上で、サーバーのレンタル、ドメインの取得、サーバーとドメインを繋げるところまで完了しました。

1 事前に準備するもの
2 サーバーの契約
3 ドメインを取得 
4 サーバーとドメインを繋げる ←今ここまで終了
5 Word Pressをインストール

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

 

Word Pressインストールの前にSSL化

いよいよWord Pressのインストール準備ができました。

……が、

Word Pressをインストールする前にサーバーでやっておくことがあるのでやってしまいましょう。

 

それは

SSL化の手順の一部

です。

 

SSL化とはサイトの安全性を強化する作業なのですが、大きく分けて

1 サーバー内ですること
2 Word Press内ですること

の2つがあります。

その1の『サーバー内ですること』が現在ログインしているサーバーパネルでできます。

超簡単ですのでついでにやってしまいましょう。

 

ユーザー専用ページの左のメニューに『セキュリティ』があります。

『セキュリティ』→『独自SSL証明書導入』と進みます。

すると下図のような画面になり、下にドメインが表示されます。

 

ドメインの左側にチェックを入れ、『独自SSL(無料)を設定する』をクリックします。

設定が完了するまでに5分くらいかかります。

5分後にページを再読み込みするとドメインが右端の『SSLで保護されているドメイン』に移動しています。

 

5-L Word Pressをインストール

 

Word Pressのインストールはびっくりするくらい簡単です。

 

ユーザー専用ページの左のメニューに『サイト作成ツール』がありますので、『サイト作成ツール』→「Word Press簡単インストール』と進みます。

上図画面の下のほうにWord Pressの入力欄があります。

 

【入力項目】

・サイトURL:入力不要です

・サイトのタイトル:ブログのタイトルを記入します(あとで変更可能)

・ユーザー名:ログイン時に使用します(★記録しておきましょう)

・パスワード:ログイン時に使用します(★記録しておきましょう)

・メールアドレス:Word Press関連の情報を受け取ります

『ユーザー名』はワードプレスでは著者名として表示される場合がありますが、あとで変更することが可能です。

 

入力が完了したら下の『入力内容確認』をクリックします。

確認後、『承諾する』にチェックを入れ、『インストール』をクリックしてインストール完了です。

 

管理画面URL

インストール完了画面で表示された『管理画面URL』はブックマークしておきましょう。

 

万が一、ブックマークせずにページを閉じてしまったら以下のURLでアクセスできます。

https://ドメイン/wp-admin/

 

稀に想定どおりの画面にならず『無効なURLです。……』となることがありますが、慌てずに1時間ほど置いてみてください。

 

以上で、Word Pressのインストールは完了です。

1 事前に準備するもの

2 サーバーの契約
3 ドメインを取得
4 サーバーとドメインを接続
5 Word Pressをインストール ←今ここ

6 Word Pressの初期設定(過去記事をご紹介)

Word Pressデビュー、おめでとうございます!!^^

 

6-L Word Pressの初期設定

 

次はいよいよWord Pressにログインして、Word Press内の設定をしていきましょう!

Word Pressインストール直後の初期設定は▼こちら▼に1記事として詳しくまとめています。

参考記事>>Word Press(ワードプレス)インストール後すぐにやっておきたい7つの初期設定

 

……と、上記記事に行く前に、この記事があなたの役にたったら仲間にシェアしてあげてください!<(_ _)>

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

 

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

 

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!