アフィリエイトリンクはこんなときにクリックされます【心理学から見た5つのシチュエーション】

アフィリリンクをクリックさせる効果的な方法

Pocket

ブログ初心者さん

僕のブログに貼ったアフィリエイトリンクって全然クリックされないんですけどぉ? どうやったらクリックされるんですか?
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。なるほど、クリックされないのは悲しいですねー。

ゆーいちろう

今日はどうやったらアフィリエイトリンクがクリックされるのか、心理学的に考察してみましょう。

この記事を読んで分かることアフィリエイトリンクをクリックさせる方法

 

この記事はASPのアフィリエイトリンクのクリックについて書いています。

クリックしてしまうのはどんな状況?

 

僕は主にメルマガ、LINE@でアフィリエイトをやっていて、なおかつ自分でもよくオンラインで買い物をします。

僕が仕事で得た知識や自分の行動を振り返ってみて、クリックしてしまうとき、購入してしまうときはどんなときなのか、考えてみました。

 

ケース1 お得感

 

やはりなんといっても人を行動させるのは『お得感』だと思います。

お得だからと、必要以上にモノを買い込む人があなたの周囲にもいると思います。

しかし、得かどうかって割と相対的なものなんですよね。

一般人はもっとも分かりやすい価格で比較してしまうことが多いですが、実際はそうではないはず(というかアフィリエイターとしては価格が高いほうがベター笑)。

『◯◯と比べたら断然おトクです!』と具体的に論理的に書いたら、読者さんは「なるほど〜」と思ってくれるのではないでしょうか。

 

ケース2 損をしたくない

 

『お得感』以上に人を行動させるのは『損をしたくない』という感情。

とくに『自分だけ損をしたくない』という感情は強烈です(^^)

みんな手に入れてますよ、みんな得してるんですよ、損をしているのはあなただけですよ……なんて言われたら、

大抵の人がクリックしてしまうと思います。

それでもクリックしないという人はおそらく何を言ってもクリックしない類の人でしょう。

 

ケース3 効果を納得

 

これが一番の正統派ですね。

『効果を納得』ってまだ効果を実感したわけではありませんが、記事文章を読んで、エビデンスなどを見た結果、

「これなら自分が求めている効果を得られそう」

となったらクリックする、という流れです。

 

ケース4 尊敬する人のオススメ

 

僕が自分の行動をつぶさに観察すると、これが一番多いように思います。

『尊敬する人』というほどでなくても、いつも参考にしているブログや、たまたま見つけたブログでも「このブログの執筆者さんはすごい!」ってなったときに

ブログ記事内で勧めている商品を買ってしまうことは結構あります(^^)

そして購入などの目的を果たすまで途中でやめることも少ないと思います。

 

ケース5 無料

 

最後に出てきました『無料』(^^)

なぜ最後かというと、僕自身の行動としては『無料』であることがあまり行動の引き金になっていないような印象があるんですね。

無料のものは、たいてい『簡単』も一緒についてきます。『無料簡単登録』みたいな感じです。

無料だし簡単なんだから記事読んだ人は全員クリックしてよさそうなものですが、実際は、そうはなりません。
なので、理由を考えてみました。

無料登録にもかかわらずクリックしないのは以下のような場合が考えられます。

(1)登録するための入力作業などがめんどくさそう
(2)無料といえども登録するメリットがよく分からない
(3)あとでやろうと考えていて、結局忘れてしまう。

これらの状況の対応策としては、こんな感じかな、と思います。

(1)については『登録は30秒でできます』などとひと言添えると差がでるかも。すでにやっている方は多いと思いますが。

(2)メリットについては一回書いてお終いではなく、同じ内容を箇条書きや表にして見せるなど、あの手この手での繰り返しアピールが必要かと思います。

書き手側からすると「しつこいかな」くらいに書いてちょうどいいくらい、と思います。

(3)はなんらかの理由をあげて『今すぐクリックしないとダメ』という強力な論理を展開する必要があります。

 

アフィリエイトリンクをクリックさせる方法のまとめ

 

いかがでしたでしょうか。
完全に僕の主観で書いていますが、案外と一般的な読者の行動の考察になっているんじゃないかと思います。

アフィリリンクをクリックしてしまうのはどんなとき?1 お得感
2 損をしたくない
3 効果を納得
4 尊敬する人のオススメ
5 無料

 

そもそもブログのアフィリリンクをクリックするのは、ある意味『気の迷い』『衝動買い』。

実際にその商品やサービスが欲しかったらAmazonなりその販売サイトなりに最初から言ってますもんね。

そこを理解するとクリック率は上がるんじゃないかなー、などと今回の記事を書いて思いました。

 

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!