ブログ、アフィリエイトはもう儲からない?そう言われてる理由と【ホントに稼ぐ方法】を月7桁ブロガーが徹底解説!

ブログ、アフィリエイトはもう儲からない?そう言われる理由と【稼ぐ方法】を月7桁ブロガーが解説します

Pocket

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

いつも僕のブログを読んでくださってありがとうございます。

今日はあなたにブロガーの裏事情を暴露しようと思います……

ゆーいちろう

ブログはオワコン? もう稼げない? そんな声をときどき耳にしますが、ものすごく大きな誤解があるように感じます。

いいえ、僕はほんの1年半くらい前からブログを始めましたが、開始1年くらいで月7桁の収益を上げています。

ちょっとした誤解があるようなんです。

あなたは偏った情報を鵜呑みにしないで、この記事を読んでブロガー界隈の事実を知っておいてくださいね。ブログはまだまだ稼げます^^

この記事では

● 「ブログが稼げない」と言われている理由を解説します

● その理由を覆してブログで稼ぐ方法を解説します

こんな方にオススメ!

● ブログを始めたが稼げるかどうか自信がない

● 「ブログはもう稼げない」ということを聞いて不安になっている

ちょっと自己紹介

この記事を書いている僕、ゆーいちろう(@free30303)は、広告会社勤務の会社員、Webマーケッター。ブログ運営で月300万の利益を出しています

ブログは儲からない、アフィリエイトは稼げない、それは本当?

 

『ブログは儲からない』
『アフィリエイトは稼げない』
「ブログはもうオワコン』

そんな言葉を目にするとブログを始めたばかりの方は焦ってしまいますよね。

これからブログをやろうかと思っている方も「ほんとなんだろうか?」と気になると思います。

本当のところはどうなんでしょうか? くわしく説明しますね。

 

ブログ、アフィリエイト:言葉の定義

まず、言葉の定義をしっかりしておきましょう。

ブログ=ウェブサイトのカタチのひとつ。もともとは日記を書くものだった。

ブロガー=ブログを書く人

 

アフィリエイト=自分のウェブサイトに人を集めて広告を紹介し、紹介料を得ること。

アフィリエイター=アフィリエイト(商品紹介)をする人

……言葉の意味を説明すると上記のようになります。

が、これを読んでも「で、ブロガーとアフィリエイターはどう違うの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

 

ブロガーはブログを書く人、アフィリエイターはアフィリエイトをする人、それは確かに事実なんですが、

ブロガー界隈を見ると、「私はブロガーです」と言っているけれど実際にはブログでアフィリエイトをして稼いでいる(つまり実質アフィリエイター)方は非常に多い、という印象です。

ということで、「私はブロガーです」と言っているほとんどの方がアフィリエイター(ブログで収益化をしている)と考えていいかと思います。

 

ブログが稼げない(と言われる)理由

 

さて、ではまず『ブログが稼げない』と言われる理由について解説しましょう。

毎年たくさんの人がブログをスタートし、たくさんの人が「ブログではもう稼げない」と言ってやめて行くようです。

なぜそうなるのでしょうか? 「稼げない」と言われる理由を推測してすべて挙げてみました。

環境によるもの
・YMYL問題
・Googleアップデート
・ライバルが増えている

ブロガーの誤算
・人気のジャンルを選んでいない
・稼げるジャンルを選んでいない
・書きたいことばかり書いている
・古い手法で書いている
・稼げてない収支報告

ブロガーのスキル
・アクセスが集められない
・アフィリエイトリンクがクリックされない

くわしく見てみましょう。

 

YMYL問題

Google先生が3年ほど前から『YMYL』という言葉を検索品質評価ガイドラインで使っています。

『YMYL』とは『Your Money Your Life』の頭文字をとったもので、直訳すると『あなたのお金、あなたの人生』という分かりにくいことになってしまいますが、

要するに『人のお金や人生に影響のある事柄(を扱うサイト)』に関しては特別な配慮をしますよ、ということです。

 

YMYLジャンルとは

では具体的にYMYLのサイトとはどんなサイトなのか、というと以下のようなものが考えられます。

・クレジットカードや電子マネーなど

・投資

・健康

・美容

これを見るとお分かりだと思いますが、たいていの人が興味をもつことです。

だからこそGoogleは正確な情報でないといけない、と考えたんですね。

しかしこれで個人のアフィリエイターはだいぶ困ったことになりました。

たとえば健康ジャンルで『腰痛』と検索してみると、上位にあるのは製薬会社、近所の整体院、腰痛の症状について解説した日本整形学科協会のサイトなど。

薬や治療法のアフィリエイトサイトは上位に表示されなくなってしまいました。

 

Googleアップデート

YMYLのところで解説したように、Googleは方針を大きく転換することがあります。そのような変更を『Googleコアアルゴリズムアップデート』と言います。

『アルゴリズム』というのは元来コンピューターで計算するときの方法ですが、この場合は、どのサイトが上位表示されるか、というルールです。

このルール、公開されてません。だからみんな日頃「ルールはこうなってるかな?」と推測しています。実際に上位にあるサイトを観察すればいいので。

しかしときどきこのルールが変わります。大きなルール変更だと、今までのルールに合わせてコツコツ調整してきたサイトはどかーんと順位が下がる可能性も。

やる気もモチベも吹っ飛びますよね。

 

Googleが求めるE-A-T

日本でも、外注ライターの無記名の記事を多数掲載していたということで大手企業運営のサイトがクローズした問題がありました。

Googleもブログの運営者や著者にE-A-Tを求めています

E-A-Tとは『専門性、権威性、信頼性』の英語の頭文字をとったもの。

たとえば『肩こりの治し方』などについて素人が聞きかじった知識で書いた記事は上位に出ることはありません。

 

ライバルが増えている

 

ブログを立ち上げるのは非常に簡単です。

有料のWord Pressブログもクレジットカードがあれば30分で立ち上げられます。

また、Word Pressブログの始め方を図解入りで丁寧に解説しているサイトも多いです。実際、僕もそのような記事を書いています。

参考記事>>Word Pressの始め方

なので参入障壁がめちゃめちゃ低いです。ということはライバルもめっちゃ多いということですね。

国が先頭を切って副業を奨励し始めた2018年あたりからは特に増えているような印象があります。

 

人気のジャンルを選んでいない

 

たとえブロガーがしっかりと毎日ブログ記事を書いていたとしても、ニーズがなければブログを訪問する人は少ないです。

スポーツにたとえてみると、野球の情報を知りたい読みたいという人は非常に多いと思われますが、スカッシュの情報となるとニーズは微妙です。

 

「かつて稼げると言われていたジャンルがどうやらもう稼げないらしい」と考えた方が、逆にあまりニーズのないジャンルに走ってしまうことがあります。

実際に検索されているジャンルを選ばないと、やはり収益に結びつけることはむずかしいでしょう。

検索されているかどうか、ということはこちらののサイトで大まかに知ることができます。

参考サイト>>検索数予測ツール

 

稼げるジャンルを選んでいない

 

先ほどの『野球じゃなくてスカッシュ』という例ですが、

スカッシュについて検索する人は一定数いるかもしれません。

ただ、その検索する意図が「スカッシュってなんだ?」というものであれば、「スカッシュとは」という数行の説明や画像で済んでしまいます。

 

検索したユーザーの、知りたいという欲求(ニーズ)を満たしているので、ブログ記事としては非常に良いです。

良いですが……

収益に結びつきにくいです。

アドセンス広告をクリックされたとしても微々たる収益にしかなりません。収益のためにブログを運営しているならば、それで満足、とは言えないはずです。

 

僕の単なる主観ですが、

「私が知っている(好きな)◯◯をみんなに知ってもらいたい」

というコンセプトのブログを書いている方に、このようなケースが多いように思います。

最初は情熱があったとしても、いつまでも只働きはしんどいです。

このような熱意ある方が「ブログやってみたけど稼げなかった」と思ってしまうのは非常に残念ですね。

 

書きたいことばかり書いている

 

「ブログは情報発信」

そんなふうに考えている方に高確率でありがちなのですが……

自分が書きたいことだけを書いています

 

情報発信なんだから当然、と言われればそのとおりです。

そして当然のことながら、その発信に興味がある人が少なければブログのアクセスも少ないです。

それでも収益化となると話は別なので、このような方が「ブログは稼げない」と思ってやめてしまうのはもったいないですね。

参考記事>>月3000PVで月5万円以上の収益をあげていた方法

 

古い手法で書いている

 

ブログの手法は『1年前に通用したことがもう通用しない』ということが結構あります。

ところが2、3年前の情報を載せているブログが検索結果の上位に出ています。これを鵜呑みにして実行してしまい「ブログは儲からない」と考えるのはもったいないですね。

 

ブログからメルマガへ?

実際、つい最近検索して上位表示された記事に、

ブログからメルマガに登録してもらいましょう。メルマガはプッシュ型のツールでこちらから読者にアプローチできますーー

と書かれていました。

この手法は数年前は非常によく使われていました。しかし、今どきメルマガに登録して情報が送られてくるのを待ってくれる人はあまりいません。

自分が誰だか分からない人のメルマガを読むかどうか考えてみればなんとなく分かりますよね。

 

稼げてない収支報告

ブロガーさんは『今月の収支報告』という記事を書いている方が多いです。

もちろん初心者の方が多いです。そして初心者なので当たり前ですが、大抵稼げてないです。

投入した時間を考えると時給にして数十円、みたいなケースもあり、これを見た初心者さんはどう思うのかなーと考えてしまいます。

 

心からブログが好きでやってるなら収支を考える必要はないです。考えている、ということは収益化したい、ということ。

参考記事>>コツコツ地道にブログ書いたら1年後には月100万円稼げますか?【調査、解答あり】

上の記事では1年間ブログ運営をしても月の収益が2000円というケースがありました。

これはやはりやる気を削がれますし、何かつまずいたときに「やっぱりブログはもう稼げないんだ」という考えにつながりやすいかと思います。

 

アクセスが集められない

少し前のブログ記事を読むと

「アクセスは検索から取ってくるべし」

といったことが書かれていることがあります。

自然な検索からのアクセス流入を狙うのが良いということです。その理由は、記事を書いたらあとは放置でもアクセスがくるからでしょう。

しかし先ほどお話ししたGoogleのコアアップデートでアクセスがガーンと減ることもあります。

ということは検索エンジンからのアクセスだけに頼っておくと逆に危険、なのですが、

ここで迷ってしまっている方も多いのではないかと思います。

 

アフィリエイトリンクがクリックされない

商品を紹介してブログのリンクから読者に購入などしてもらうのがアフィリエイトです。

しかし、そもそもモノ余りの日本です。そしてライバルブログも多い状況です。人気の商品を扱えばライバルが多い、珍しい商品を扱えばニーズが少ない。

ということで、自分の記事で購入を決めてもらうのはなかなか困難なことです。

 

また、コピーライティングなどのスキルが未熟なために、検索結果の1位になってもクリックされないということもあります。

参考記事>>アクセスがあってもアフィリリンクがクリックされない理由

「検索結果1位になりました!」とツイートしていた方のブログが停止してしまったり、芸能人のスキャンダルネタばかりのブログに変わってしまっているのを見るのは胸が痛みます……。

 

ブログは儲からない、アフィリエイトは稼げないというのはつまり……

 

さあ、こうやって見てくると

「ブログはオワコン」
「ブログはもう儲からない」
「アフィリエイトは稼げない」

というのは、下手な人のグチが噂となって広まったにすぎない、ということが分かりますね。まあ、悪い噂はよく広まります。

もう一度、ブログは儲からないと言われる理由を見てみましょう。

環境によるもの
・YMYL問題
・Googleアップデート
・ライバルが増えている

 

ブロガーの誤算
・人気のジャンルを選んでいない
・稼げるジャンルを選んでいない
・書きたいことばかり書いている
・古い手法で書いている
・稼げてない収支報告

 

ブロガーのスキル
・アクセスが集められない
・アフィリエイトリンクがクリックされない

 

これからブログで稼ぐ方法とは?

では、これらの状況下、ブログで稼いでいくにはどうしたら良いでしょうか?

現在、実際に稼いでいる方は何をどうやっているのでしょうか?

 

外部の環境は変えられない

『環境によるもの』と書いた、Googleの方針転換やライバルの増加。これについては、直接働きかけることは不可能です。

Googleや他の副業希望者に行動を変えさせることはできません。

しかし、対策はあります。

 

アクセスを集める先を増やす

まず、アクセスを集める先の認識を改めましょう。

今までは『SEOからアクセスを集めるのが正統派』みたいなイメージがあったかもしれませんが、それはもう通用しません(というか個人ブログではむずかしいです)。

たしかGoogleも『さまざまなソースからアクセスがあるほうが良い』と言ってます。

 

すぐに思いつくのはTwitterですね。Twitterは文字メインなのでブログと相性が良いです。

参考記事>>ツイッターからの流入でブログのアクセスが3倍に!誰でもできるシンプルな方法

またInstagramやFacebookなどのSNSから集めている方も多いです。LINEやYouTube、Pintarestなども考えられます。

今後はGoogle検索からのアクセス流入は、それらアクセス元のひとつにすぎない、ということになって行くでしょう。

 

正しい知識を身につけよう

ブログの始め方について多くのブロガーが分かりやすい解説記事を書いているため、多くの方がブログを独学で始めます。

しかしその後の運営となると、ビジネスやマーケティングの知識、コピーライティングのスキルなどがあったほうがうまく行くのは当然です。

 

ところがいつまでも”無料で運営すること”にこだわる方がいます。

僕の周囲にはブログで稼いでいる方はたくさんいますが、まったく無料の独学でやってきたという人は見たことがありません。

自分の状態を客観的に観察し、足りない知識をきちんと補充して行くのがじつは成功への近道だったりします。

 

ブログ運営において一番労力少なくかつ一番多くの収益をあげる方法は『独自コンテンツの販売』です。

オンラインサロンやコンサルティングのスタッフをやってきた経験から、僕はそのような結論に達しました。

マーケティングの基礎を学べて、しょぼいアクセスでも月5万円稼げる方法は▼こちら▼
21日間で作るブログ仕組み化の設計図 PV月3000でも初月から5万円稼ぐ【21日間で作るブログ仕組み化の設計図】

僕は上記の教材を販売して初月から約300万円稼いでいますので、ブログはまだまだ稼げる媒体です^^