【重大問題】内部リンク(記事内リンク)を使い分けていますか?

Pocket

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

ゆーいちろう

内部リンクは重要です。貼ることが推奨されています。

でも、記事内リンクに2種類あることを認識しないで貼っていると、ちょっと困ったことになるかもしれません……。

この記事を読んで分かること内部リンクに関する重要案件
ちょっと自己紹介

この記事を書いている僕、ゆーいちろう(@free30303)は、広告会社勤務の会社員、Webマーケッター。副業ブログでは月300万の利益を出しています。

内部リンクはとってもだいじ

 

内部リンクとは、外部のサイトではなく自分のサイト内の別ページへのリンクのこと

これはSEO的にとても重要であると言われています。

検索エンジンのクローラーは、リンクをたどりながら情報をインデックス化していくので、クローラーが巡回しやすいように内部リンクを貼ることがサイトの評価アップにつながる、ということらしいです。

サイトの評価がアップすれば検索結果での順位もあがります。

ブログ内の別記事を読んでもらえばPV(ページビュー)も稼げますので、良いことずくめ(^^)

 

内部リンクについてよく言われること

 

内部リンクについて調べてみますと、注意すべきこととして挙げられているのは以下のような項目です。

パンくずリスト

これは読者がブログの中の階層のどこにいるかを把握するためのものなのですが、

最近ではこれはほぼ100%デフォルトで装備されているのではないでしょうか。

記事上部にあるこういうやつですね。

 

デフォルトで常備しているテーマを作ってくださったみなさん、本当にありがとうございますm(_ _)m

 

アンカーテキストはキーワードを含め、リンク先の記事の内容が分かるものにする

 

まあ、簡単に言えば『こちら』みたいな言葉にリンクを貼るのはよくないですよ、ということです。

『アンカーテキスト』というのはリンクを貼る言葉のことです。

リンク先の記事内容が分かり、なおかつキーワードを含めたもの。

ということは、必ずしも記事タイトルじゃなくてもいい、ということですね。

関連性のない記事にはリンクしない

アッタリマエじゃないの?と思うかも知れませんが、たまに見かけます(笑)

今読んでいる記事とは直接関係ないけれども、キーワードがギリかぶってる……みたいな記事ですね。

そこでまんまとPVを稼げる……と思うかも知れませんがGoogle先生はダメ、って言ってます(^^)

サイトマップを作る

サイトマップを作ると、クローラーの巡回の向上が期待できるそうです。

クローラーが巡回しやすくなる、ということでしょうか。

「え? クローラーって来てんの? いつ?」

と思うかも知れませんが、Googleサーチコンソール管理画面内左メニューの『以前のツールとレポート』から『クロールの統計情報』をクリックすると、『1 日あたりのクロールされたページ数』を見ることができます。


結構来ているんですね、見かけたことないので分かりませんでした(^^)

サイトマップに関しては僕はプラグインに全面的におまかせです。
コチラの『Google XML Sitemaps』です。

評価を上げたいページにリンクを集める

『高品質なページにリンクを貼りましょう』と書いているサイトもありましたが、ぶっちゃけ

「このページの検索順位を上げたいなー」

というページもあるはずで、上手に内部リンクを使いましょう、ということ(だと僕は理解しました笑)。

もちろん、リンク先の『高品質なページ』が本当に高品質でないといけませんし、不自然なリンクはGoogle先生にすぐにバレます(^^)

 

内部リンクは2種類ある

 

こうやって見てくるとひとくちに内部リンクと言っても2種類あるようです。

(1)システムとしてすでに出来上がっている自動的な内部リンク

(2)執筆者が自分で貼る記事内の内部リンク

で、僕が今回お話ししたいのは(2)のほうです。

 

内部リンク貼るのは簡単

 

僕はSANGOというテーマを使っているのですが、SANGOではタグを使って美しい記事内リンクが作れます。

残業で終電帰宅予定の日でもブログを書く方法「ダメだ、今日は残業で絶対にブログ書けない……」という日でもブログ記事が書けちゃう裏技

とか

残業で終電帰宅予定の日でもブログを書く方法 「ダメだ、今日は残業で絶対にブログ書けない……」という日でもブログ記事が書けちゃう裏技

とか

残業で終電帰宅予定の日でもブログを書く方法 「ダメだ、今日は残業で絶対にブログ書けない……」という日でもブログ記事が書けちゃう裏技

とかです。

しかし、このようなものでなくても、ビジュアルエディターで記事URLを貼れば、自動的にアイキャッチ画像付きのリンクができると思います。

僕のブログの場合はこうなります。

「ダメだ、今日は残業で絶対にブログ書けない……」という日でもブログ記事が書けちゃう裏技

 

とても便利ですよね!

 

同一タブか別タブか

 

とても便利なんですが、

これらの内部リンクはすべて同一タブ(ウィンドウ)でリンク先に飛びます(『遷移』という言葉を使うようです)。

これがめちゃくちゃ重要なことなんです。

 

なぜなら、

あなたのブログ訪問者がAという記事を読んでいたとします。

その途中でBという記事への内部リンクが貼られていて、ブログ訪問者は興味をもったのでそのリンクをクリック。Bという記事に飛びました。

……するとAという記事は見えなくなってしまった。違いますか?

 

もちろん、ブログ訪問者さんはちょっとB記事を見たいだけで、すぐに『戻るボタン』などでA記事に戻ってきてくれればいいですが、

Bの記事で見かけたCの記事へのリンクをさらにクリックしてしまったりすると、

ブログ訪問者さんはAという記事に戻れるでしょうか……。

 

最初のB記事への内部リンクが記事の最初のほうに貼ってあったら、A記事をろくに読まずにブログのなかで迷子になってしまう可能性もあります。

 

記事の構成として、最初のほうに結論を書いていたとしても、記事を途中で離脱してしまってはしっかりとブログ訪問者さんに伝わらないかも……。

そして、あなたのブログの記事を数記事読んでくれた結果、そのブログ訪問者さんはあなたのブログやあなた(執筆者)に対してどんな印象をもつでしょうか。

記事内容に満足してもらえるでしょうか。
このブログ執筆者さんはスゴイ、と思ってもらえるでしょうか。

僕はそういうことを気にかけてしまいます。

 

ふつうのリンクは別タブが開く

 

と、何やら深刻ぶって書きましたが

普通に外部にリンクを貼るときは別タブが開くようにできるんですよね。

 

リンクを貼りたい文章をカーソルで反転させ、エディターにあるこのマークでリンクを貼ることができます。

リンクのマークをクリックするとこんなふうになりますので、欄に記事のURLを記入。

歯車マークをクリックします。

するとこんな画面が開きますから、『リンクを新しいタブで開く』にチェックを入れて完成です。

あなたも外部へのリンクを貼るときには上記のような手順をとっていると思います。

つまり、記事の前半部分などにどうしても内部リンクを貼りたい場合は、この方法で貼ると、ブログ訪問者さんが迷子にならずにきちんと元の記事に戻ってきてくれるーーということですね。

 

なぜ同一タブなのか

 

なぜ、内部リンクは同一タブで遷移するように設定されているのでしょう?と考えてみました。

たとえばひとつの記事を読み終えて

「このブログの記事、おもしろい! もっと読もう」

と思ったときに、新着記事や人気記事、記事の下にある関連記事などをクリックして次の記事に。

その記事を読んだら、さらに次の記事に……と記事をどんどんはしごしていく場合は、同一タブで遷移していったほうが断然快適です。

 

記事内リンクのまとめ

 

記事URLをコピペするとアイキャッチ画像入りの記事内リンクができるのは、

とても便利な感じがして、つい使ってしまいますが、

同一タブで遷移するということを頭に入れて内部リンクを貼ると、より効果的になりますね。

 

そして別タブが開くように記事内リンクを貼る場合は、

記事の文章の流れに沿うように、リンク先の記事内容をまとめた文にリンクを貼るようにするといいのではないかと思います。

その記事を読んでいるブログ訪問者さんが興味をもちそうなキーワードを含めるなどの工夫もできそうですね!

 

記事内リンクで注意すること

◎同一タブで遷移する方法と別タブが開く場合があるので使いわける。

◎記事内の内部リンクはアンカーテキストで。(リンク先の記事内容をまとめる。できればキーワードを入れる)

 

PV月3000でも初月から5万円稼ぐ【21日間で作るブログ仕組み化の設計図】 記事ネタ作成法 <初心者でも良質記事が書ける!>どんどんあふれる記事ネタ作成法プラス

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)