【失敗しないブログ副業】失敗の実例から賢く学んで副収入UP!

ブログで失敗しない方法、失敗の予防策

Pocket

ブロガーさん

ブログで副収入を得たいと思うけど、なんかいろいろ悪い噂も聞くし、失敗が怖いです……

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

分かります。僕も初心者の頃は失敗がすごく怖かったです

ゆーいちろう

とくに副収入として稼ぐなら、本業も忙しいわけだし、効率的に上手に稼ぎたいと思うのは当然ですよね。

じつは僕、ブログで稼ぐことを教えているので、今までに300名を超えるブロガーさんの相談に乗ってきました。

その経験から分かった、典型的な副業ブロガーの失敗例をお話ししましょう。

失敗の実例から学ぶことは多いです。

転ばぬ先の杖、きっと失敗せずに収益を増やしていけますよ!

この記事を読むと…

● よくありがちなブロガー失敗例を知ることができます

● ご自身の傾向と考え合わせて予防策を立てることができます

こんな方にオススメ!

● ブログでの副収入を考えているが自分にできるか自信がない

● ブログを始めたが収益につながらない

● ブログを始めたがなんとなく方針に迷っている

ちょっと自己紹介

この記事を書いている僕、ゆーいちろう(@free30303)は、この1年半ほど副業ブログを運営しています。そのブログ収益は月300万円ほどになります。

失敗しないブログの副収入とは?

 

失敗は誰でも怖いもの。

しかし、怖い怖いと言って始めなかったり、始めても先に進まないのでは、あまりにもったいないです。

というのも、何がどのように怖いのかはっきりさせていない方も多いからです。

 

ブログの「失敗」とは?

ブログは副収入を得るためのもの、

そうですよね? 

そうであれば『失敗』とは

『お金を稼げなかったこと』

ではないでしょうか。

 

ただ、

ちょっとまってください。『稼げなかった』??? 過去形?

いつになったら過去形で語るべきなんでしょうか?

 

たとえば僕はWebマーケティング、Webビジネスの勉強に総額2000万円ほどかけています。

最初の数年間は、お金は出ていくばかり。入ってくるお金はほんの少しです。

しかし最初に投資していたおかげで、2年ほど前に始めた収益化ブログはドメイン、サーバーなどの最低限のコストしか支払っていないのに、月収7桁の収入を作れています。

 

今の僕は「Webビジネスで失敗した」とはまったく思っていませんが、3年前の僕だと(収支を考えると)微妙です^^

 

要するに、結果がでないうちにやめちゃうこと

こうやって深く考えてみたり、事実を観察してみたりすると、

ブログで副収入を稼ぎたいときの『失敗』って、要するに

結果が出ないうちにやめちゃうこと

ではないでしょうか。

 

やめたらそこで試合終了。

安西先生もおっしゃっています。なぜならやめたらそのあとは挽回ができないからです。

僕はやめなかったので月収7桁まで昇ってくることができた

ただ、それだけのような気がします。

そんなことをなんとなく念頭において失敗パターンを見ていただけるといいかな、と思います。

 

副業ブログの失敗パターン

 

ブログで副収入を得ようとしている方が途中でフェードアウトしてしまうパターンには3種類6パターンあると思います。

種類は以下の3種類です。

  • 実直型
  • パリピ型
  • PDCA型

それぞれ2パターンあるのですが……

すいません、全然わかりませんよね。くわしく解説します^^

 

実直型1 新情報を入れない

ブロガーというのは非常に恵まれていて、成功しているトップブロガーの先輩がブログの書き方を記事にして教えてくれています。

その記事を読めば、どうやってブログを書けばよいか分かっちゃうんです。

 

しかしネットの世界はまさに日進月歩なので、

ほんの1,2年前の記事の情報がすでに古くて正しいとはいえない場合がある

という事実があります。

なので、僕らブロガーは常に新情報にアンテナを張っていないといけません。

 

ところが、そういう情報をまったく取り入れようとせずにただコツコツとブログ記事を書き溜めてしまう方がいます。

実直な努力家なのですが、ことブログに関しては新情報にさとくないとまずいです。

このようなブログを書いている方が「もう2年も書いていますが収益化できていません」とご相談にこられると本当に気の毒です。

 

かけた時間と労力は取り戻せません。新情報は敏感に取り入れていきましょう。

 

実直型2 時間をかけすぎる

トップブロガーさんはよく

「僕も初心者の頃は1記事5時間かかっていました」

などと書いています。

しかし、これを鵜呑みにして「ブログ書くのに時間かかっても仕方ないよね」と思っていると、当たり前ですが記事更新が進みません。

 

トップブロガーさんは、そのあと急速に書くスピードを速めているんですね。そこは見習わないで

「価値ある記事を書かないといけないから」

記事執筆に時間をかけすぎていると、ブログがいつまでたっても成長しません

よって収益も上がらないということになります。

 

僕ら副収入を求めてブログを書いているブロガーは、記事執筆も効率よくこなしていく必要があります。

参考記事>>【1記事15分】最短最速でブログ記事を書く方法:誰でももってるツールを活用

 

パリピ型1 ラクしようとする

僕はつねに効率化、合理化を求めていますが、

これは一般的な「ラクする」ということとは少し違います。

最終的な作業工程は減りますが、効率化のための工夫でとても頭を使うからです。

 

効率化ではない『ラク』を求めることは非常に危険です。

「まあ、これでいいか」的な発想になって作業のレベルが下がるからです。

個人ビジネスでは結果がすべて。手を抜くとその結果は自分に返ってきてしまいます。

 

パリピ型2 Twitterにハマる

ブロガーさんのほとんどがTwitterをやっています。

それは情報収集だったり、仲間を作ったりするためです。

ただ、どうしても後者のほうが楽しいので後者よりの利用になってしまいます。

 

つまり、

ブログを書くよりもブログ仲間のツイートが気になってTwitterを開いている時間のほうが長くなる……。

これではブログの成長は見込めませんよね。

 

しかしTwitterに行くと仲間のブロガーが慰めてくれたりするんですよね。

そしてTwitterにはおもしろい話も転がっているから単純に楽しい。そんな感じでTwitterにばかりログインしてしまいます。

Twitterはいくらやっても収益になりませんから収益がまったく増えません。そのうち副収入自体を諦めてしまう、というわけです。

 

PDCA型1 成果を焦る


ブログは成果を出すまでに時間がかかると言われています。

よく言われるのが、「最初の頃は時給換算すると数十円」。

数十円でも収益あれば良いですが、ゼロ円という可能性もあります。

 

で、ブログで月3万円稼げるようになるまで1年かかる、と言っているトップブロガーも多いのですが、

それを見聞きしていてもやはり成果を出すことを焦ってしまうブロガーさんはいます。

僕はブログ相談をTwitterで受けていますが、

「ブログの収益がまったくありません」

というご相談で、記事数を聞いてみると「まだ11記事」なんていうことがまれにあります^^;

 

1記事書いてはアドセンスやASPの報酬画面ばかり見に行く……そんなことをしていても、収益は増えません。

最初は100記事くらい一気に書いてしまって、収益の戦略はそれからでも良いくらいです。

参考記事>>初心者でも良質記事がどんどん書ける記事ネタ作成法

 

PDCA型2 いろいろ手を出す

たいていのブロガーさんがブログとTwitterをやっています。

すでに2ヶ所、ログインする場所があるということですね。

これに加えて、Instagram、YouTube、Pinterest、Voicyなどなどネット上では無料で人を集められるシステムが多数あります。

無料でできるというところが魅力ではあるのですが、困った点でもあります。

 

つまり、安易に手を出してしまい、成果を出すことからますます遠ざかってしまうのです。

以前、継続するブログを調査したことがあるのですが、YouTubeやnoteマガジンに移行しますと宣言して更新が停止したブログがありました。

しかし移行した先で成功しているかというとそうでもなかったんですよね。

参考記事>>52のブログを調査して分かった【継続するブログの特徴】

 

ブログ副業で失敗しないためには

 

不思議なもので、失敗するときってみんな割と同じような感じで失敗するんですよね。つまり、似たようなパターンでやめてしまうということです。

それをあらかじめ知っておいていただければ失敗を回避できる可能性は高いでしょう。

ブログで副収入を稼ぐとき失敗しないために

 

◎ブログの失敗とは……

稼ぐ前にやめてしまうこと

 

◎失敗しがちなブロガーさんのタイプ
・実直型1 新情報を入れない
・実直型2 時間をかけすぎる
・パリピ型1 ラクしようとする
・パリピ型2 Twitterにハマる
・PDCA型1 成果を焦る
・PDCA型2 いろいろ手を出す

さあ、あとはブログ記事をどんどん書いていくだけです。

▼こちら▼の記事を参考にしてください。
記事ネタ作成法 <初心者でも良質記事が書ける!>どんどんあふれる記事ネタ作成法プラス