【もう記事ネタに困らない】記事ネタ仕入れ先17選:常日頃から見ておこう

記事ネタ仕入れ先10選:常日頃から見ておこう

Pocket

ブログ初心者さん

うわーん、記事が書けない! 記事ネタが見つからないよぅ……
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

それはもったいないですね!

ゆーいちろう

せっかくブログ記事を書く意欲と時間があるのに、記事ネタがないなんて……。

アウトプットのためにはインプットが必要です。

分かりました、今日は記事の仕入先をご紹介しましょう。

常日頃からこれらを見ておくと記事ネタが枯渇することはありませんよ!

この記事を読むと…
● 常日頃から見ていると記事ネタを仕入れられる場所が分かります

アウトプットとインプット

 

「記事が書けない……」と困っている方のなかには、圧倒的にインプットが足りない方がいます。

たしかにオリジナルな記事を書くことはとても重要なのですが、あまりそれにこだわりすぎていても記事更新ができません

また、他の誰も言っていないようなことを書いても共感を得るのが難しかったりします。

なので、ブログ記事のオリジナリティは3割くらいでOKです。

そして、ネタ的にはほかから持ってきたとしても、あなたが自分の文章で書けば3割のオリジナリティを確保することは可能と考えられます^^

どんどんインプットすれば、

「自分だったらこう書くよ」
「それにはこういう考え方もありなんじゃないかな」

とアウトプット欲が湧いて来ること請け合いです。

 

ネタ仕入先1 書籍

 

僕はこのブログでも何度も「記事ネタに困ったら書籍レビューが良いですよ」と書いています。

話題の新刊なら、はやければはやいほうが良いです。

好きな著者さんが新刊を出すとなったら予約するくらいの勢いで準備しておきましょう。

初回読後感、内容を実践してみた結果……など何回も記事が書けます^^

そしてTwitterでツイートすれば著者さんが絡んでくれることも期待できます。リツイートしてもらったり、その結果フォロワーが増えちゃったりしたら……一回で何度もおいしいのが書籍レビューです。

 

ネタ仕入先2 雑誌

 

書籍からの連想で週刊誌や月刊誌も見ていきましょう。

自分が定期的に読んでいるものでもいいですし、書店や電車の中吊り広告で雑誌の表紙の見出しを意識して見る、というのでも結構ヒントを得ることができます。

通勤時にスマホ見て作業……というのもありですが、周囲を見渡すと結構記事ネタが転がっていたりします^^

 

ネタ仕入先3 企業サイト

 

企業サイトはきちんと調査をしてウェブページを作成していることが多いです。

自分のブログで引用元を明記して、そのページに書かれていることについて記事を書くのは、うまくやれば自分のブログの信頼性を高めることにもつながります。

自分の意見をはっきり述べるのがコツです。

 

ネタ仕入先4 先輩ブロガーのブログ

 

書きたいキーワードで検索すれば先輩ブロガーのブログの記事が上位表示されています。

これらはGoogle先生に認められた優良記事

冒頭で言ったように、そもそも完全オリジナル記事なんて書けないんですから、勉強させてもらいましょう。

 

ここで重要なポイントがあります。

先輩ブロガーのブログをひとつだけ参考にするのではなく、上位5記事10記事を参考にしましょう。そして文章を読み込むのではなく、見出しだけ拾っていく、といった方法をとりましょう。つまり、影響されすぎないようにすることです。

感心しながらじっくり読み込んでしまったり、「こんな上手には書けないなぁ」と落ち込んでしまったりしたら本末転倒です^^

 

ネタ仕入先5 友人との会話

 

僕自身は、勤めているのは小さな会社だし、社長に頼み込んで自由出勤にしてもらっているのですが、

友人には普通のサラリーマンが多いです。

すると友人との雑談のなかで結構記事ネタになりそうなことがあったりするんですよね。

先日も友人から聞いた知人のことをTwitterでツイートしたら30人以上の方にリツイートしていただきました。

僕のツイート自体にはたいした主張もありませんが、共感していただいたんだなぁと思います。共感を狙った記事のネタになります。

ネタ仕入先6 トレンドワード

 

いろんなところで『トレンドワード』的なものが公開されています。

「え? トレンド記事書くの?」

と思ったかもしれませんが、違います。というか書けるなら書いてもいいですが、トレンドブログ専門のツワモノさんたちにはかないません^^;

『トレンドワード』からヒントをもらいます。いっときでも話題になったわけですから、多くの人の関心事がそこには隠れています。

 

ネタ仕入先7 Q&Aサイト

 

Yahoo!知恵袋、教えて!gooなどのQ&Aサイトです。

自分のペルソナに近い人がどんなことに悩んでいるか?ということが分かれば、その問題を解決する記事を書けばいいんですね。

ところで先日、yahoo!知恵袋でこんな質問を見つけました。

対する回答(ベストアンサーになってました)はコレ↓。

どんな勘違いしてんだ?という感じです。

しかも、『回答数2』て……。もうひとつの回答も僕から見てビミョーな感じでした。

なので、ブログで収益をあげる方法に関しては書いても書いても書き足りないくらいじゃないかと思います(笑)

 

ネタ仕入先8 Google検索候補

 

Googleの検索ボックスで検索候補を見ます。

ご存知のように検索ボックスにキーワードを入れると検索候補が出てきますよね。

上記画像は『副業』というキーワードに加えて『う』と打ち込んでいます。すると図のような検索候補ワードが出てきました。

これがつまり記事ネタのアイデアです。

『う』でしっくり来るものが見つからなかったら『え』『お』『か』……と試していきます。

アイデアをもらうためのものなので、軽くどんどんいろいろな文字や言葉を試してみましょう。

 

ネタ仕入先9 自分の専門分野

 

これは記事ネタとしては当然というか、誰でも想定するものですよね。

 

しかし、ひとつ盲点があります。というのも

自分の専門は価値がない

と考える方も多いということです。

 

たとえば会社でやっている業務は、一般人からみたら専門職です。

しかし、

・こんなことありふれているからみんな知っているだろう。

・こんなこと専門的過ぎてみんな興味ないだろう。

と考えて、自分には人が価値を感じてもらえるような記事ネタはないと思い込んでしまうんですね。

 

しかし、この思い込みは間違いです。

どんな人の専門分野でも価値はあり、興味をもつ人はいます^^

 

ネタ仕入先10 自分の環境

 

自分が望んだ場合、望まなかった場合、両方あると思いますが、

人とはちょっと違う環境にある方はそれが記事ネタになります。

たとえばこのようなものです。

・国際結婚している。
・一卵性双生児である。
・上司、同僚、会社が変わっている。
・変な場所、家に住んでいる。
・驚くような田舎に住んでいる。

これも、ご本人としては当たり前のことなので、「人に語るだけの価値があるかなぁ」と思ってしまっている方も多いようです。

 

興味本位で見る人を相手にするということではなく、

少し変わった環境にいる自分が普通の人たちにどんな知恵や知識が提供できるかということを考えれば良いのです。

 

 

ネタ仕入先11 自分の経験

 

自分には取り立てて専門分野なんてない、特別人と違った環境にいるわけでもない……そんな方でも記事ネタを作れるのが自分の経験です。

挑戦と言っても良いかもしれません。

こちら↓↓の記事でもブログの基本的なスタンスが2種類あるというお話をしています。

参考記事:実績のない初心者ブロガーが成功するブログの書き方とブロガーのタイプ

1種類は先ほど述べた『自分の専門分野の知識』をブログに書くパターン。

もう1種類は、自分が挑戦していることを成長物語として書いていくパターンです。

いま挑戦しているところなので実績はないのが当然です。なので実績は必要ありません^^

これは内部事情を出せば出すほど人の興味を引きます。個人情報の露出には注意が必要ですが、日々やっていることを書くだけで毎日の記事ネタになります。

 

ネタ仕入先12 電車内広告

 

電車に乗っているときは広告を見渡してみましょう。良い記事ネタがあります。

広告とはお金をかけて売り出している『ネタ』です。つまりお金をかけても売れると判断された案件、ということです。

あなたのブログがそのネタに便乗できないか、検討してみましょう。

広告はトレンドワードの良いヒントにもなります。

 

ネタ仕入先13 まとめサイト

 

まとめサイトもニーズがあるから、人気があるからまとめているんですね。

いわば、まとめサイトの運営者さんがすでにリサーチ済みのネタばかり。参考になる情報がたくさんあるはずです。

もちろん記事のパクリは禁物ですが、思わぬヒントを思いつくかもしれません。

そこから自分でさらにリサーチをして、根拠の明確な記事を書きましょう。

 

ネタ仕入先14 ニュースサイト

 

「ニュースなんて記事に書いてもブログにアクセスは来ないでしょう?」

と思うかもしれません。

たしかにそれはその通りです。しかも、ニュース案件のキーワードで検索したら上位表示されるのは企業のニュースサイトばかりでしょうから個人ブログの出る幕はありません。

しかし、ネタのヒントはニュースサイトで見つけることができます

 

また、非常に役にたつのがYahoo!ニュースです。

Yahoo!ニュースは一般読者がコメントを書き込めるようになっています。

ここに非常におもしろい記事ネタが見つかることがあります。注目してみてください^^

 

ネタ仕入先15 キュレーションサイト

 

キュレーションサイトも運営側がリサーチ済みの話題が集まっています。

記事のヒントになることが多いです^^

キュレーションサイトには以下のようなサイトがあり、スマホアプリもありますので、スキマ時間にチェックすることもできますね。

・NAVERまとめ
・NewsPicks
・グノシー
・smartnews

 

ネタ仕入先16 虫眼鏡キーワード

 

『虫眼鏡キーワード』とはYahoo!で検索すると出てくる関連キーワードのことです。

実際に画像をお見せしましょう。

『ブログ』で検索すると、このように検索ボックスの下に虫眼鏡のマークとともに、入力したキーワード+関連キーワードで出てきます。

ページの下にも出ています。

これらは実際に検索されているキーワードなので、検索ボリュームも期待できます。

ただ、多くの人が見ている場所なので、ここにあるキーワードにさらにキーワードを足す必要があるかもしれません。

 

ネタ仕入先17 フォロワーさんのツイート

 

Twitterをやっているブロガーさんは非常に多いです。

そしてブロガーさんとつながっているブロガーさんも非常に多いと思います。

そんなとき、Twitterの『ホーム』を見ていると記事ネタのヒントを見つけることがあります。

Twitterでは本音をつぶやいている方も多いので、非常に参考になります。

 

記事ネタ仕入先のまとめ

 

このように見ていくと周囲は記事ネタの宝庫です。

常日頃から見ていること、見つけたらすぐにメモしておくことが大事です。

メモに関してはスマホの音声入力が断然オススメです^^

参考記事:スマホ音声入力でブログ記事を時短作成する方法

記事ネタ仕入先のまとめ

1 書籍
2 雑誌
3 企業サイト
4 先輩ブロガーのブログ
5 友人との会話
6 トレンドワード
7 Q&Aサイト
8 Google検索候補
9 自分の専門分野
10 自分の環境
11 自分の経験
12 電車内広告
13 まとめサイト
14 ニュースサイト
15 キュレーションサイト
16 虫眼鏡キーワード
17 フォロワーさんのツイート

こんな感じで身の回りに大量にありますね。ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』noteにて公開中!