ワードプレスって、ブログって一体何?広告屋の僕の答えを聞いたらあなたの行動は加速します。

ブログって何?広告的に見てヤバいです

Pocket

ブログ初心者さん

「なんでブログやるといいの? ブログって日記じゃないの? あと、ワードプレスって何? おせーて分かる人!」

 

こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。
うーん、ブログって言えば芸能人やモデルが写真あげてるアレじゃないの?と思っている方もけっこういるかもしれませんよね……。

ゆーいちろう

では、今日は僕が広告業界人の立場からブログを解説します。

広告業界から見るとブログってかなりヤバいんです。
やらないと大きな機会損失かも!

この記事を読んで分かることブログ(ワードプレス)をなぜやるべきなのかという広告業界から見た理由

ブログって日記じゃないの?

 

ブログと言えば、あのイケメン歌舞伎役者とかが書いているウェブ上の日記じゃないの?とつい最近まで思っていた方もいるんじゃないかな、と思います。

ウィキペディア先生に聞くとご回答はこんな感じ。

ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する。

Wikipedia

覚書や論評! マジか! ……と思いますが、

ブログとは、日記などを時系列に公開できるウェブサイトの一種。

とはサーチ

などと説明しているサイトなどもあり、要するに用途は千差万別ということですね。

 

ブログを書くことが趣味なんです、という方もたくさんいます。読んでもらってコメントなど貰えばそれで満足!という感じでしょうか。

 

しかし、ここでは副収入を得るためのブログについて解説していますよ。覚書も論評も日記もただで公開しているだけでは収入は発生しませんよね。

 

ブログで儲ける方法

 

ブログで副収入!と言ってる人はどんなことを想定して言ってるのでしょう。

ブログ見てもらえるだけで収入発生!

ブログを見てもらえるだけで収入発生するシステムがあります。

ブログをただ楽しく書いているだけもいいんですが、ちょっとお勉強してSEOということを知るとさらにたくさんの人が読みに来てくれます。

 

SEOの手法はおびただしいほどの種類があって、基本的なことを押さえるだけでもアクセスがぐっと伸びます。

そしてSEOの基本はインターネット上でほぼ公開されていますので、それを参考にするといいかと思います。

 

たくさんの人がブログを読みにくればくるほど収入がアップします。

 

ブログから行動してくれたら収入発生!

読者さんがブログ記事を読んで、オススメしているサイトに行って何かを登録したり、商品を購入したりしてくれたら、それによって収入が発生します。

つまり、ブログを訪問してくれた読者さんが行動したら、あなたにお金が振り込まれます

どゆこと?と思われるかもしれませんが、あなたは広告宣伝をしたわけなんですね。

そしてお客さんが行動したので広告主から広告宣伝費が入りました、ということなんです。

 

広告宣伝費はそもそも高額

 

広告宣伝費ってそもそも高いものなんです。

たとえば駅のコンコースで見かけるこんな広告。

jeki

池袋駅で7日間掲載したら480万円ですと^^;

上記のような広告は目を引きますから高額なのは当たり前ですが、

急いで歩いていたら見逃してしまうような広告もいちいち高額です^^;

 

しかしこのような広告の決定的な欠点というものがあります。

 

それを詳しくご説明する前に、

なぜみんなこんなに高いお金を広告に支払っているんでしょう?
ということについて解説します。

 

業界によって広告費の割合は決まってる

 

あまり莫大な広告費だとイメージが掴めませんが、

たとえば身近な方がお弁当屋さんを開いた、みたいなことを想像してみてください。

 

まったく広告しなかったらどうでしょう。

お弁当屋さんが良い立地にあればいいですが、路地曲がったところだったりすると、気づいてもらえないかもしれませんね。

しかしお弁当屋さんの広告にでっかいパネルの電子広告は不釣り合いですよね……。え? でもなぜ……?

 

じつは広告費はそのビジネスの規模や業界によって大まかに決まっているんです。

 

飲食店なら5〜10%、

健康系も5〜10%、

美容関係のサービス業なら15〜20%、

不動産や教育は5%前後といった感じです。

 

あくまでも大雑把な目安なんですが、逆に言えば『これくらい広告費をかけないとパイの奪い合いには勝てない』とも言えるでしょう。

そしてこれ以上に、広告費をかけているところが一気に業績が伸びたりします。

 

計測できる広告にどんどん移動している

 

しかしこのような広告の決定的な欠点というものがあります。

と先ほどお話ししました。

その欠点とは……

 

広告の効果が計測できないということです。

 

駅の広告は、利用客が1日何人の駅だからいくら、といった基準で広告費を決めているようですが、利用客の全員がその広告を見るわけではありませんよね。

 

駅の大型広告や新聞の全面広告などは、広告効果というよりもそれが話題になったりメディアで取り上げられたりすることを狙っているように見えますが、

広告効果がよく分からない広告って、広告主にとってもうれしくないですよね。

 

そして日本企業が全般的に、広告効果がよく分からない看板や紙面広告におつきあいなどで広告を出すことが困難になってきました(まあ、不景気だからです笑)。

広告費はなくなりません

 

「あの……ブログの話、どうなりました……?」と思いながらも待っていてくれたあなた。お待たせいたしましたm(_ _)m

 

ここであなたのブログの広告収入と話がつながります。

電通さんのウェブサイトにこんな文章がありました^^

2018年の日本の広告費についてのレポートです。

●日本の総広告費は、6兆5,300億円(前年比102.2%)となり、7年連続のプラス成長


●インターネット広告費は、1兆7,589億円(前年比116.5%)、5年連続の二桁成長となり、地上波テレビ広告費1兆7,848億円に迫る

dentu

はい、企業は広告をやめるどころか、ますます広告にお金を使っているんです。

そしてインターネット広告費については、こんな文章がありました。

・2018年の特徴は、自社プラットフォームの開発・拡大路線をとる媒体社と、他社プラットフォームの活用を軸とする媒体社に傾向が分かれてきたことにある。

加えて、動画広告の表示フォーマット開発が進むなど、媒体UI(ユーザーインターフェース)の洗練化が進展した。

dentu

電通さんのウェブサイトですから、大掛かりな費用をかけたデジタルサイネージなどの話がメインになってしまうのですが、

『他社プラットフォームの活用を軸とする媒体社』ってアフィリエイターやインスタグラマーを使って広告宣伝する企業のことではないでしょうか!

 

 

駅看板や新聞や雑誌などを広告媒体としてきた企業の一部が、高額で効果が分からない広告をやめて、メディアをもっている個人に広告を依頼するーーという流れになってきた

こう考えていいと僕は思います。

 

ブログをやるべき理由のまとめ

 

広告に掛けられているお金が毎年1兆7千億円以上……って言われても、

「なんか具体的にイメージできないし……」

という感じかもしれません。

 

しかし、個人で簡単にビジネスを始められる今の時代、よく分からないからといって参加しないのは大きな機会損失であると僕は考えます。

個人で、パソコン1台で、悠々自適な生活を送りながら、月に数百万円稼いでいる方は実際にたくさんいるんです。

 

しかも数年したら、「え? あなたなんのメディアも持っていないの?」なんて時代がくるかもしれません。

インターネット広告も年々増える傾向にありますから、年間かけられている広告費の1兆7,589億円のうちの一部をあなたの収入にすることは全然可能なのです!

そして、ブログはムリなくムダなく個人がインターネットビジネスを始めるのに、最適の方法です。これは間違いありません。

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

ブログは誰でも簡単に取りかかれて確実に結果を出せるビジネスです。

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』
noteにて公開中!