ブロガーとアフィリエイター、どう違う?どちらが儲かる?ブログで月300万円稼いでいる僕が裏事情をすべてお話しします

ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かる?

Pocket

ブログ初心者さん

ぶっちゃけた話、ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるんでしょうか?

てか、違いもよく分からないです……??

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。
なるほど、どちらが儲かるか気になりますよね

ゆーいちろう

そして、ブロガーとアフィリエイターってどう違うの?という疑問もたれてる方も多いでしょう。どちらを目指すべきか迷いますよね。

では、Webビジネスをやって8年、Word Pressブログを書いて1年半、ブログから月300万円ほど収入を得ている僕が分かりやすく実情をぶっちゃけて解説してみましょう^^

この記事では

● ブロガーとアフィリエイターの違いを解説します

● ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるかを解説します

ちょっと自己紹介

この記事を書いている僕、ゆーいちろう(@free30303)は、広告会社勤務の会社員、Webマーケッター。副業ブログでは月300万の利益を出しています。

ブロガーとアフィリエイター、どう違う?

 

「『ブロガー』と『アフィリエイター』、どう違う?」

という疑問をもつ方は多いと思います。

 

しかし、実際に”ブログでアフィリエイトをしている人間”からすると、

「それは言葉の問題に過ぎないよ」という感じじゃないかと思います。

 

つまり、ブログを書く人がブロガー、アフィリエイトをする人がアフィリエイターってことですね。

……なんてこれじゃあなんだかさっぱり分からないですよね。

 

ということで、この記事では超分かりやすく解説してみようと思います。

 

アフィリエイターは他人の商品を売る人

アフィリエイターの仕事を定義すると

アフィリエイト=広告主の商品を売る

となります。

 

なので、『アフィリエイターは他者の商品を売る人』と言えるでしょう。

 

ブロガーは自分を売る人

 

アフィリエイターが他者の商品を売る人ならば、

ブロガーは自分を売る人』です。

 

また、言葉の意味から言えばブロガーはブログを書く人全員なのですが、そのなかでもいくつかの種類に分けられます。

ここで細かく分類しても仕方ないので大まかな分類だけを考えてみますと、

収益度外視のブログを書く人と

収益化ブログを書く人

の2種類です。

 

じゃあ、ブロガーはどうやってブログの収益化をしているの?というと、その代表的なものがアフィリエイトです。

あれ? なんかひと回りして戻ってきた感じですね^^;

 

図形にまとめてみた

全体を図形にまとめてみました。

 

ブロガーで『発信だけが目的でブログを書いている人』というのは分かりやすく言えば、芸能人や文化人などですね。

また、一般人でもアメブロなどで子どもの成長記録や結婚生活のグチなどを書いている人もいますが^^;

アフィリエイターの青い円の中にある『ブログ以外でアフィリエイトする人』ですが、僕はアフィリエイターとしてはこちらの部類で、

メルマガやLINE@でアフィリエイトします。

 

ブログの作り方の違い

 

僕らサラリーマンがブログを書くのはほぼ100%収益を取りたいわけですから、そうなると先ほどの図では緑の円と青の円の交わったところになります。

つまり、ブロガーでありアフィリエイターでもあるわけです。

いわばアフィリエイトで稼ぐブロガーです。

 

この認識で間違いないのですが、

自分のことをブロガーと呼ぶ人とアフィリエイターと呼ぶ人がいますね(だから初心者さんが混乱するのでしょう)。

その理由を解説しましょう。

 

アフィリエイターのブログの作り方

先ほど『アフィリエイターは他者の商品を売る人』と言いました。

つまりブログの開始時にどのような広告を売っていくのかだいたい決めています

そしてたいていの場合、ひとつあるいはごく少数の商品のためにブログが作られています。よって記事内容もかなり統一されたものになります。

 

また、複数のブログを運営しているアフィリエイターさんも多いです。

 

ブロガーのブログの作り方

まずは収益化できるかどうかよりも、ブログが継続できるかどうかを主眼としてスタートすることがほとんどとです。

書き貯めた記事のなかで検索結果の上位に上がってきた記事があったら、アフィリエイトリンクを貼る……というケースもあるようです。

 

上手なブロガーさんは先に広告案件を選んでから記事を書く方も多いですが、さまざまな広告案件のアフィリエイトリンクが貼られていることが多いです。

つまり、記事内容はさまざまなカテゴリーのものがあります。

 

そして運営するブログは基本ひとつで、そこに自分に関することをすべて書いていく、という印象です。

 

ブロガーと名乗る人が多い

 

SNSなどを見ても自分のことをブロガーと名乗っている方のほうが多い印象です。

これはブログの作り方ともやや関係するかと思います。

つまり、アフィリエイターは自分を売る必要がないので、SNSなどをする必要もないのです。

しかし、ブロガーならSNSで自分を売ればブログのアクセスを増やすことができます。Twitterならフォロワーを増やせばブログへ誘導することも可能ですね。

よって、SNSなどで自分をブロガーと称している人が多く見られるのでしょう。

 

ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かる?

 

で、最初の「ブロガーとアフィリエイターではどちらが儲かるか?」という疑問ですが、

ここまで読んでいただくと分かるとおり、ブロガーと自称している人もアフィリエイターを自称している人も収益はアフィリエイトなので

どちらが儲かる?

と比べても、「人それぞれです」という答えになってしまいます。

 

しかしこれでは身も蓋もないので、違う見方をしてみましょう。

ブロガーとアフィリエイターの収入源で比べてみます。

 

アフィリエイターの収入源

アフィリエイターの収入源は以下のとおりです。

  • 広告案件

ブロガーの収入源

一方、ブロガーの収入は以下のようにさまざま考えられます。

  • 広告案件
  • 独自コンテンツ販売
  • コンサルティング
  • オンラインサロン
  • セミナー
このようなことが可能なのはブロガーが自分を売っているからです。

 

これからは”ブロガー”を目指すべき

 

ここまで読んでいただくとなんとなくお分かりいただけると思いますが、

初心者さんが最初から独学でアフィリエイターを目指す、ということはまず不可能かと思います。

純粋にアフィリエイターとして収益化ブログを運営するためにはブログ開始時にブログの全体像を構築する必要があるからです。

なので初心者にはブロガーとしてブログをスタートすることをオススメします。

 

しかしそのほかにもブロガーとしてのブログ運営をオススメする理由があります。

 

1つには、これからは個人で稼ぐ時代だということ。

そのためにブログは非常に優れた基盤となります。

 

2つめはGoogleがブログの著者に権威性や専門性を求めている、ということ。

参考記事>>E-A-Tを意識を意識したブログ運営をしよう

誰が書いたのか分かりにくい記事では、権威性も専門性も出せませんよね。

 

以上のことから、結論です。

ブログ初心者さんはブロガーを目指しましょう。そして、アフィリエイトでしっかりと稼いでください^^

 

稼ぐために記事をどんどん書いて収益を増やしたい方にはこちらの記事をオススメします。
記事ネタ作成法 <初心者でも良質記事が書ける!>どんどんあふれる記事ネタ作成法プラス

 

また、僕が月300万円の収入を作り出しているのは『ブロガーの収入源』のところで書いた『独自コンテンツの販売』をしているからです。

独自コンテンツを作ってブログで販売する方法はこちらに書いていますのでご参考にどうぞ。
21日間で作るブログ仕組み化の設計図 PV月3000でも初月から5万円稼ぐ【21日間で作るブログ仕組み化の設計図】