ブロガーとアフィリエイター、ぶっちゃけどちらが儲かる?ネットビジネスで稼いでいる知り合い多い僕の考察をお話しします。

ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かる?

Pocket

ブログ初心者さん

「ぶっちゃけた話、ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるんでしょうかね?」
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。
いやー、気になりますよね。そういうことって。

ゆーいちろう

とくに、ブロガーとアフィリエイターって同じようなことやっているように見えてじつはまったく真逆、みたいなところありますよね。

ブログを書いているけれど、ブログでないところでアフィリエイターをやっている僕が、ブロガーとアフィリエイターどちらが儲かるか解説してみましょう^^

 

この記事を読んで分かることブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるか?
 

どちらが儲かるかというと……

 

どちらが儲かるか?というと明確な答えを出すことが難しいです。

というのも、たとえば『コンビニ店員とコンビニフランチャイズ会社の社長、どちらが儲かる?』といった質問であれば、平均的な収入がイメージできるので答えは明らかですよね。

しかし、ブロガーとアフィリエイターとなるとそもそも平均的な収入が分からないですし、儲けている人はびっくりするくらい稼いでいます。

95%が月5000円も稼いでいないなどという噂のあるアフィリエイターですが、一方で一億円くらい稼いでいる方もいるようです。

そういう方はSNSも巧妙にやっているので、有名になったりしません^^

 

インターネットビジネスは稼いでいる人はめちゃくちゃ稼いでいますが、稼げていない方も多いので平均値を出しても意味がないんですよね。

 

質問者さんが質問する理由は……

 

さて、「ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かりますか?」と聞いてくる方は、じつのところ「自分はどっちを目指そうかな」「どっちが自分に向いているかな」と考えているのではないでしょうか。

 

そして、僕が常日頃から言っているように「忙しい方はなるべく時間をムダにしないようにすべき」ということで、なるべく失敗したくないというお気持ちもあるのでしょう。

 

冒頭でも言いましたが、ブロガーとアフィリエイター、じつは仕事の取り組み方がまったく違うんですよね。

そのへんを少し解説してみましょう。

 

アフィリエイターは他人の商品を売る人

 

アフィリエイターの仕事を定義すると

アフィリエイターは他人の商品を売る人

となると思います。

 

これはほぼほぼ反対意見の方はいないのではないかと思います。

もし自分の商品を売っていたらそれは起業家ということになりますので、アフィリエイターを名乗る限り、売っているのは他人(他社)の商品のはず。

 

僕はブログでのアフィリエイトはやったことはないのですが、メールマガジン、LINE@を使ったアフィリエイトはかなりやっています。

僕のスタイルは自分のキャラをまったく出さないというものです。

商品の魅力を充分に伝えられれば、お客さんは誰が紹介しているかなんて案外気にしないものなんですよね。

 

そして、アフィエイターがアフィリエイトブログを作るときの手順ですが、
まず◯◯という商品をアフィリエイトするサイトを作ると決めて、
全体の構想を最初に決めてしまいます。
完成に向けて記事をコツコツ書いていき、
SNSを活用するなら、完成したサイトに誘導するという順番です。

 

一方、ブロガーは自分を売る人

 

さて、アフィリエイターさんでキャラが立っている方っていますよね?

「アフィリエイト歴◯◯年です!」といって、アフィリエイトブログの書き方などをブログにどんどん書いてくれている方たちです。

この方たちは僕は厳密には『アフィエイター』ではなく『ブロガー』であると考えています。

というのも、基本的に

ブロガーは自分自身を売る人

と考えているからです。というか、このように考えるとスッキリと分かりやすいのです。

そしてブロガーは自分を売ることによって具体的な収入源がたくさんあります

名前

純粋にブログを書いているだけの方っていますよね。趣味のブログを書いている方たちです。こういう方たちは昔からたくさんいます。

こういう方たちは何も売っていないようですが、自分自身の評判を売っています。名声というと少し大げさかもしれませんが、要するに名前(ペンネームでも)を売っているわけです。

 

あと、ブログという場所では『自分のライティング力』を見せるだけにしておいてランサーズを販売所にして自分を売っている方もいるようですね。

アフィリエイト収入

まずはAdsenseが貼ってあるというだけのアフィリエイトブログ。記事は自由に書きたいことだけを書いている方が多いようです。

さらにもっと高額なアフィエイト報酬を狙っているブログもあります。いくつもある記事のなかに商品オススメ記事がいくつかあり、アフィリリンクが貼ってあるのでそこから収入が上がっているというものです。

ブログで有名な方はこのパターン、あるいはこのパターンからスタートした、というケースが多いように思います。

自分の教材

noteやココナラで教材やセミナーを売っている方もいますね。

このような自分のオリジナル商品を売れる場所は年々増えています。

コラボの仕事

ブログを書いている方が本を出版したり、イベントに登壇したり、他の人とコラボしてオンラインサロンやコミュニティを作ったり、という話は非常に多いですよね。

 

ブロガーとアフィリエイターの収入源の違い

 

 

僕にとってブロガーとアフィリエイターの収入源の違いって、ざっと言えばこんな感じです。

◎アフィリエイター
・広告収入
・アフィリエイト収入
◎ブロガー
・広告収入
・アフィリエイト収入
・独自商品販売
・書籍販売
・イベント
・その他いろいろ

ブロガーとアフィリエイターのサイトの作り方の違い

 

アフィリエイターは先ほども触れたように、
最初に『◯◯を売るサイト』という完成図を想定して、そこに向けて作業をしていきます。

おそらく儲けている方は数百、数千のサイトを管理しているのではないかと思います。

一方、ブロガーは割と行き当たりばったりでブログを始めている方も多かったりします笑

僕もそうですが、ブログの題材がしっくりこなくて、スタートしたあとに何度も変更したりしているんですよね。

それでもなんとか行けてしまうのがブロガー笑

その理由を考えてみるに、人を前面に出しているから『成長物語』として受け取ってもらえるのかな、と思います。

 

アフィリエイターが作ったブログが途中で路線変更したのに以前の記事が残っていたらマズイでしょうけれど、

ブロガーだと昔の未熟な記事もそのままにしている方のほうが多いように思います。ブロガーはそれで良いのでしょう。

 

アフィリエイターはきちんとした設計図にそって形を作っていくイメージで、
ブロガーはゼロからスタートしてどんどん広げていくというイメージです。

 

ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるか?のまとめ

 

ブロガーとアフィリエイター、似ているようなことをやっているように見えて、じつは作業の仕方が真逆だということ、お分かりいただけたでしょうか。

 

先ほども少しお話ししたように僕の知っているアフィリエイターさんでめちゃくちゃ儲けている方は、自分のことをまったく前に出していません。SNSもやっていますが、純粋にアフィリエイトのためにやっているので自分のキャラを売ったり名前を売ったりということがまったくないです。

一方、ブロガーさんで儲けている方はみなさんがご存知ですよね。
割と自分で「いくらいくら儲かっている」と言う方が多いからです。

 

ということで、ブロガーとアフィリエイター、どちらが儲かるか?というよりもどちらが自分に向いているか?という問題かもしれません。

そのあたりを考えて、向き不向きということもあるでしょう。

ただ、あとからいくらでも修正可能、という意味ではブロガーのほうが気楽に始められるかもしれませんね!

 

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

 

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!