<ツイッター(Twitter)初心者向け>目を引くツイートの作り方6選

初心者向け 目を引くツイートの作り方

Pocket

ブロガーさん

ブログにアクセスを呼ぶためにツイッターの反応を上げたい! 目を引くツイートの作り方を知りたいです!
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。
ああ、たしかにたしかに

ゆーいちろう

ツイッターは上手に使えばブログのアクセスアップに繋がりますよね。

だから、ブロガーさんは全員ツイッターをやるべき、とよく言われます。

とはいえ、インターネットでは誤解されるようなことも言われています

それを鵜呑みにしてしまって心が折れてしまったようなアカウントもときどき見かけるんですよね……

今日は、初心者が目指すべきツイートの作り方を6つ、ご紹介しましょう。

この記事を読むと…

● ブロガーはどのようにツイッターを使えば良いか分かります

● 一部の方が誤解しているツイッター法が分かります

● 目を引くツイートの作り方が6つ分かります

初心者は「価値あるツイート」を目指すな

 

よくツイッターでも「このようなツイートをすべき」といったツイートをよく見かけます。

しかし、たまに「それはちょっと誤解を招くのでは?」と思うようなものもあります。

というのも、

初心者とインフルエンサーではやるべきことが違う

からです。

 

フォロワーがかなり多い人がやっていることを初心者が真似しても同じ効果が得られないことが多いでしょう。

つまり、フォロワーが増えたり、いいね!リツイートが、あまり期待できません。

インフルエンサーのツイート

インフルエンサーに求められるツイートはズバリ

価値あるツイート

です。

これは誰も異論のないところだと思います。

 

何を持って『価値』と呼ぶかは人それぞれですが、それなりにフォロワーに何かを与えている方が多くのフォロワーを集めています。

 

初心者のツイート

一方、初心者のツイートですが、

ここで「自分も価値のあるツイートをしよう」と考えると

ツイートしてもツイートしてもなんの反応もない

という事態になってしまう可能性が高いです。

 

たまに見かけませんか? かなり良いことを頻繁にツイートしているのに、いいね!やリツイートがほとんどされていないアカウント

あれはやり方を間違えてしまっているんですね。

それで数ヶ月でツイッターをやめてしまっていたとしたら……超もったいないです。

 

初心者のツイートに求められるものは……

 

それを解説する前に、初心者が目指してはいけないツイートをご紹介しましょう。

 

 

初心者ブログでも初月からアクセスを増やしていく方法

初心者が目指してはいけないツイート

価値のあるツイート

初心者は価値のあるツイートを目指してはいけません。

理由は

『まだ見られていないから』

です。

 

分かりにくい路地の奥にあるラーメン店。お客さんがまったく来てくれないというときに、「スープをもっと美味しくしよう!」と考えるでしょうか?

まずは宣伝をしてお客さんに来てもらい、食べてもらわなければ、味の改良のしようもありませんよね。

 

ツイッターでも同じことです。

ツイートのレベルを上げることよりも他にやるべきことがあります。

 

140文字びっちり書く

『140文字いっぱいに書く』

『140文字びっちり書く』

上記2つは意味が違います。

 

前者は正しいです。

文字数制限のあるツイッターですから文字数を最大限に使いましょう、という意味ですね。

 

しかし、これを『140文字びっちり書くことだ』と理解しているように見える方がいます。

『140文字びっちり』が良くないのは読みにくいからです。

 

あなたが尊敬している方、興味を持っている方が、今度の日曜日、近くで無料セミナー(1時間)を開いてくれるそうです。

あなたは行きますか? 都合がつけば行きますよね。その方の話を1時間でも聞きたいと思いますよね。

 

では、あなたがまったく知らない、何をしているかも分からない人が、同じように無料セミナーを開くそうです。

あなたは行きますか? 行かないですよね。聞いたあとで 「1時間ムダだった」となったらヤダな、と思いますよね。

 

ツイッターでは

フォロワー数少ない=まだ知られていない

です。

そのような人が140文字びっちりと読みにくいツイートを書いていても、わざわざ時間をかけて読もうとする人は少ないのです。

 

インフルエンサーであれば、たとえ140文字びっちりと書いていたとしても、価値あることが書かれていると分かっているために、人は時間を割いてツイートを読みます。

 

初心者が目指すべきツイートの作り方

 

では、初心者はどのようなツイートを目指すべきなのでしょうか?

それが

目を引くツイート

です。

まだラーメン店として界隈の人たちにあまり知られていないなら、まず知られることが重要です。

スープをいくら美味しくしても、お客さんが来ないことには始まりません。

 

目を引くツイートを作る方法は大まかに言って以下の6つ

1 空行を上手に使う

2 タテ長のツイートにする

3 記号を使う

4 絵文字を使う

5 箇条書きにする

6 呼びかける

くわしく解説します。

 

1 空行を上手に使う

ブログと同じですね。

空行を上手に使うことによって逆に目を引くことができます。

空行を上手に使うとは

目立たせたいところを本当に目立たせる

ということです。

 

2 タテ長のツイートにする

スマホで見ているときに、見ている時間がほんの少しだけですが長いからです。

『一瞬』だけ見られるよりも、『一瞬X2回』見られたほうが印象に残る確率が高い、ということです。

 

3 記号を使う

これは僕のツイートですが、


(記事の主旨)

これ↑↑は企業アカウントでもよく使われていますよね。

また

・隅付き括弧【 】
・色文字

なども目立つと思います。

 

4 絵文字を使う

絵文字を使うと目を引く、ということは誰でも簡単に想像していただけると思います。

ただ、使いすぎに注意です。

どれくらいを『使いすぎ』と呼ぶか、はそれぞれのアカウントのブランディング戦略によるかと思います。

 

インフルエンサーでは逆に『絵文字を使わない』ことをブランディングにしている方もいるようです。

しかし、絵文字が物理的に目立つものである以上、初心者は自分のイメージを壊さない程度に上手に使って目を引くツイートをするべきでしょう。

 

5 箇条書きにする

インフルエンサーでも箇条書きのツイートを多くする方もいます。

僕らは

箇条書き=分かりやすい

と小学校の頃からインプットされているので、これは大いに活用しましょう^^

 

6 呼びかける

人の脳は、指令を受けるとそれについて回答を得るまでずっと検索し続けます。

昼間、友だちと話していて思い出せなかった映画の名前を、夜お風呂に入っているときに急に思い出すのはそのためです^^

 

ですからツイートでも見ている方に呼びかけると相手の記憶に残りやすいです。

もっとも強力なのは質問文です。

『答えたくなる質問』

をツイートするとリプライをもらえる確率が高まるでしょう。

 

<初心者向け>目を引くツイートのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

「自分、ちょっと思い違いしてた」という方もいるかもしれません。

大丈夫、ツイッターは今日から突然違うことを始めても全然OKです。

そこからフォロワーが急激に伸びるかもしれません!^^

ツイッターは僕みたいな人見知りがスマホでぽちぽちやってるだけでフォロワーさん1万人作れます。がんばるだけの成果がきっと得られますよ!

この記事のまとめ

 

◎初心者はインフルエンサーと同じことをしてはいけない
・初心者はまだ見られていないから

 

◎初心者が目指してはいけないツイート
・価値のあるツイート
・140文字びっちり書く

 

◎初心者が目指すのは目を引くツイートの作り方
1 空行を上手に使う
2 タテ長のツイートにする
3 記号を使う
4 絵文字を使う
5 箇条書きにする
6 呼びかける

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
<初心者でも良質記事が書ける!>どんどんあふれる記事ネタ作成法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

 

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。