副業ブロガー必見:やること多すぎて何からやっていいか分からない時の作業整理術

やること多すぎて何からやっていいか分からない時の作業整理術

Pocket

新人ブロガーさん

ブログ始めたんですが、会社の仕事も忙しいし、やること多すぎてもう何からどう手をつけていいのか分からないですっ!

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

あー、それ『副業あるある』ですね。

ゆーいちろう

忙しい会社員が副業しようというのだから、やること増えるのは当然なんですが、

その対処法を知らずにいると大変なことになりかねません。

何年も忙しくしながら結果が出ない……なんてこともありますので要注意です!

この記事を読むと…

● 忙しくてやることが多すぎ、何から手をつけて良いか分からないときの対処法が分かります

● 兼業ブロガーの賢い時間の使い方が分かります

社会人ブロガーは忙しい

 

会社員は忙しいです。

こういう言い方をするとなんですが、会社員は自分の時間を売っているビジネスです。なので平日は一日の大半を会社のために拘束されます。

そこに副業なんて新たな作業を持ち込んだら……

 

脳がパンクするのは目に見えています^^;

 

誰でも通る道

僕自身の経験や、僕がご相談を受けたりすることから考えても

『やること多すぎて何からどう手をつけていいのか分からない』

というのは誰でも一度は通る道のように見えます。

 

その状態になったとき、対処法を知っているかいないかで、その後の成長に大きく差が出るのです。

なぜかと言えば、

「やること多すぎて……」

と言いながら何年も同じ場所でぐるぐると忙しく動き回り

しかし側から見るとあまり成長していない

って結構いるからです。

 

副業、起業の目的は収益なのに、この落とし穴にハマってしまったら悲劇です。

 

人の脳はあまり大量のデータを扱えない

 

これは脳の専門家の方が言っていることなのですが、

脳は僕らが考えているほど大量のデータを扱えない

ということをまず認識しましょう。

 

つまり、最近よく言われる『ワーキングメモリ』に近いでしょうか。

ワーキングメモリ (working memory)とは、一時的に情報を脳に保持し、処理する能力です。(中略)

ワーキングメモリは、短期記憶よりもさらに短いあいだに情報を記憶する能力を指し、ワーキングメモリは脳の前頭前野が担っています。

STUDY HACKER

 

上記に引用したサイトでは、非常に短い時間だけ情報を記憶する力のことと書いてあります。

冷蔵庫を開けたあとに「えーと何を探していたんだっけ?」みたいな^^

 

ブロガーが悩むのは、もう少し長い期間の記憶ですね。

例えば「さて、今日やらなくちゃいけないことはなんだったっけ?」と思った時に頭の中に浮かぶこと……といった感じでしょうか。

ここ一週間くらいの情報といった感じです。

 

脳内のデータを取り出して整理する

これもほんとに多くの成功者が言っていることなので本当だと思いますが、

脳内のごちゃごちゃデータを脳の外に出す

ことが有効です。

この手法を『第二の脳を作る』と言う人もいます。

 

ここで言う『成功者』とは、多方面に渡って精力的に仕事をしているような方です。

会社を経営しながら本を書いたり講演をしたり作曲をしたり……といった活躍をしている方は脳内に多種多様のデータがあると思います。

それを整理整頓する手法を知らなかったら、頭の中がごちゃごちゃになってしまいますよね。

 

結局、すべてを頭の中にしまっておいて、その場所で整理整頓することはムリがあるということなんですね。

 

やること多すぎなときにすべきこと

 

では、『脳内のことを外に出す』というのは具体的には何をするんでしょうか。

端的に言ってしまえば、

どこかに書き出す

ということです。

 

これは『ブレインダンプ』とも言って、今回のように何をして良いか分からないという困ったときだけでなく、アイデアを得るために定期的にやっている方も多いです。

 

「やらなくちゃいけない」と思っていることを、バラバラにでもいいのですべて書き出します

 

脳内にしまっておいたときには同じことを何度も引っ張り出して考えるので、非常に時間とエネルギーを消費しますが

書いてしまえば、すでにそこに書かれていることが目に入りますから

同じことは繰り返して書きませんよね。

なので同じことをぐるぐると考える無限ループにはなりません。

 

紙に書く

まずシンプルに、紙に書く、です。

 

ここで考えられる書き方として以下の2つがあります。

1 大きな紙にリストアップし、足したり削除したりしていく

2 その都度、脳内にあることを書き出していく

 

1は『やることリスト』っぽくなりますね。

優先順位がひと目で分かりにくいかもしれません。

 

2は僕がたまにやることなんですが

僕は『ゼロ秒思考』に書かれている方法に従って書くことが多いです。

 

『ゼロ秒思考』のやり方はインターネット上でも詳細に解説されていますが、

1つのお題に対して1分間、頭の中に浮かぶことをぜんぶ書き出します。これを10個のお題に対して行ないます。

使うのは裏紙なのでバンバン大量に書きます。

紙に書くことのデメリットは順序の入れ替えができないことです。

なので、『ゼロ秒思考』のように毎回毎回バージョンアップさせていくのが良いように思います。

 

付箋紙に書く

この方法は、すでに日頃使っている方は多いかと思います。

僕も会社にいるときにはこれでやっていました。

パソコンのモニターの縁にずらりと貼ったりしてました^^

ただ、落ちて失くしてしまうと大変なので、そこは注意が必要です。

 

マインドマップに書く

マインドマップも多くのファンがいますね。

僕は断然オンライン派です。手描きだと書いてしまったものは変更できない(当たり前ですが)ところがちょっと難点です。

僕が使っているマインドマップは完全無料でおそらく誰でも使えるものです。

参考記事>>ブロガーさんへイチオシ!無料マインドマップのツールはこれ!

 

表計算ソフト(Excel、Googleスプレッドシート)に書く

僕は無類の表計算ソフト好きですから、Googleスプレッドシートを使わない日はありません。

マインドマップと併用すると、とくに便利ですね。

参考記事>>ブログ記事をスプレッドシートで管理する

 

書き出したあとは5つに分類

 

さて、脳内にあることをすべて書き出しました。

ここからが重要です。

書き出した項目を分類していきます。

 

分類するカテゴリーは以下の5つです。

・自分ではどうしようもないこと

・人に頼めること

・じつはやらなくて良いこと

・今は取り掛からないこと

・本当に自分がやるべきこと

ひとつずつくわしく解説します。

 

自分ではどうしようもないこと

これ結構悩んでいること多いんです。

今、自分がここにいてそれを悩んでも仕方ないじゃん

ということですね。

例えば、自分は退社してしまったが残っている同僚は大丈夫だろうか?みたいな。

『気にする』レベルならいいかもしれませんが、帰ってきて良かったんだろうか?などと悩んだりしても、もう帰ってきてしまったんだから仕方ないですよね。

 

人に頼めること

人に頼めることなのに自分で抱え込んでめっちゃ忙しくなっている人って、よくいますよね。

これ、やめましょう。

というか、早めにこの性格(というか考え方)を変えておかないと大変です。

社長になったとしても土日も出勤して毎日働きづめで人生終わります。そういう社長さんを結構知っています^^;

 

「自分でやっちゃったほうが早い」

という考え方も、周囲の人を育てないのでよくありません

 

じつはやらなくて良いこと

これも結構あるんですよね。

大抵『人のため』みたいなタグ付きです^^;

やらなくても誰も困らないのに「自分がやらないと!」と思って抱え込んで自分が辛くなっている。

人のためになることならば、すぐにできることだけやるのが良いでしょう。

 

今は取り掛からないこと

これもよくあります。

そしてこれはあなたのビジネスを大きく阻害します。

要するに、次から次へと新しいことに目移りして、今手がけていることで結果が出ていないうちに取り掛かるために、

いつになっても何も結果を出すことができない

という無限ループです。

 

自分で「飽きっぽいんだよね」とか「すぐに目移りしちゃうんだよね」と自覚している人も多いです。

今は取り掛からないこと、取り掛かるべきではないこと

これ、しっかりと分類しておかないとやばいです。

 

本当に自分がやるべきこと

はい、これですね。

今までのことを除外していくと、本当に自分がやるべきことが残ります

あとは簡単です。

優先順位を決めて、やる順番を決めるだけです。

そうしたらスケジュールに落とし込んで、毎日淡々とこなしていくだけです。

 

ちなみに『7つの習慣』では、緊急性がない重要なことを優先してやるように教えています。

これは一見むずかしそうに感じますが、今回ご説明したことを実践していけば、コヴィー博士の教えにそった行動ができるでしょう。

書き出すメリット

 

書き出してみることは誰にでもできる簡単なことですが、

効果は抜群です。

書き出してみて分かること

書き出しみると本当に実感するのですが

頭の中であれほど大量に渦巻いていて頭から溢れるほどだと思っていたことが、

書き出してみるとそれほど多くない、ということです^^;

 

なんでしょうか。パニクっていただけですかね。

そうであれば、時間や行動のキャパではなく感情の問題だったのかもしれません。

 

短期目標が設定できる

これは思ってもみなかった副産物ですが、よく考えてみたら当然です。

直近でやることのスケジュールが決まるので

短期目標が明確になります

目標設定が自動的にできるわけですね。

これは非常に便利です^^

 

やること多すぎて何からやっていいか分からない時の作業整理術のまとめ

 

僕らは豊かな人生を自分の手で始めようとしているわけですから、

初期にやること多いのはある意味仕方ないことです。

しかしそれを上手にさばかないと、その沼にハマって無限ループになりかねません。

一刻も早くそこから抜け出してくださいね!^^

この記事のまとめ

 

◎やること多すぎなときにすべきこと
・紙に書く
・付箋紙に書く
・マインドマップに書く
・表計算ソフトに書く

 

◎書き出したら5つに分類
・自分ではどうしようもないこと
・人に頼めること
・じつはやらなくて良いこと
・今は取り掛からないこと
・本当に自分がやるべきこと

 

◎『本当に自分がやるべきこと』だけ、やる順番に並べて実行

 

◎書き出してみると分かること
・じつはそれほど多くない
・短期目標が明確に

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!