うまいブログ記事とはどんな記事か、クソ記事を調べてみたら分かりました

うまいブログ記事とはどんな記事か知りたくてクソ記事調べてみました

Pocket

初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!

新人ブロガーさん

うまい記事を書きたいです。でも、何をどう書いたらうまい記事なんですか?
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

うまい記事の書き方ですか? うーん……

ゆーいちろう

それって簡単に語れることじゃないですよね。何をもって『うまい』とするか、があいまいだし……。

あ、そうだ! 

逆にダメダメなクソ記事を調べてみたら、うまい記事がどんな文章か分かるかもしれませんね!

ちょっと調べてみましょう(^^)

この記事を読むと…
● うまいブログ記事を知るために、クソ記事を調べた結果が分かります

ヘタではないけれど……

 

たとえば見出しもなくて、空行もなくて、文字がびっしり書いてある記事。

たとえば500文字くらいでほぼ内容がない記事。

そんな記事は見た瞬間に「ブログ記事としてヘタだなぁ」というのは誰が見ても分かると思います。

 

しかし、かなりの文章ボリュームもあり、体裁も整っているのに実際に読むと「なんだこれ……(怒)」となるクソ記事もかなりあるものです。

 

1 読者を理解していない

 

最近はターゲティング(ペルソナ設定)が重要であるということがブロガーさんのあいだにも広まってきていて非常にいいことだと感じています。

何かを発信するときには相手を決めること、そしてその相手のことを理解することが必要です。

が、発信だけに気を取られている場合は、相手の理解がおろそかになってしまいがちです。

その結果、伝わらないクソ記事になるわけです。

 

読者の脳内を理解していない

『研究によると◯◯であることが報告されているために、△△と呼ばれています。それによって……』

え、ちょとまってちょとまって、なんで◯◯だと△△って呼ばれるの?という読者の疑問はまったくスルーで文章がどんどん先に進んでいくーー。

このようなブログ文章をたまに目にします。

昨日も話題にした読者目線を忘れたブログですね。

 

一般的な常識をもってしてもそこは納得いかないだろう思われることなのに、

それを説明することもなく、文章はどんどんと先へ進んでいきます。

これは執筆者さんに想像力がないのか、はたまたどこかからコピペしてきたのか……などと考えてしまいます。

 

読者のリアルを理解していない

ターゲットが忙しい会社員なのに、ブログの書き方も教えずに
「いいからとにかく毎日ブログ書け」。

ターゲットが子育てや家族の介護をしている女性なのに
「いいからとにかく毎日ブログ書け」。

こういう主張は読者のリアルな環境を理解していないと僕は感じてしまいます。

 

ややこしいのは、いっときモチベーションがあがって大量行動ができる人たちがいるということ。

なので「いいからとにかくやれ」という記事が一部の方に受け入れられてしまうのです。

 

が、ビジネスは5年10年20年と稼ぎ続けなければいけないこと。

戦略に基づいた大量行動は有効かもしれませんが、原理を理解せずに、やみくもに行動するのはムダでしかありません。

失敗しても成功しても、その原因が分からないから再現性がない、次に活かせないんです。

 

「オレもやったんだから、いいからとにかくオマエもやれ」という主張は、

「オレも苦労したんだからオマエも苦労しろ」というおっさん上司の押しつけと同じ臭いがすると思うのは僕だけでしょうか。

 

2 吹き出しだらけ

 

記事の冒頭や、要所要所で吹き出しを使った会話を活用している記事は多いです。

小学校のとき先生に

「作文は会話から書くと文全体が活き活きとした印象になりますよ」

と勧められたので、僕もやっています(^^)

 

見出しや話題ごとに、いつもの登場人物AとBが出てくるという形式の記事もありますね。

1往復の会話くらいなら全然気になりません。

 

が、吹き出しを使っているがためにクソ記事になっている記事があります。

 

吹き出し会話の分量が異常に多い

吹き出しの会話が異常に多くて、話の展開が会話になっている。

しかし、これは読んでいてかなり苦痛。

話の展開が会話になっているとはいえ、聞いているのとも違うし、マンガとも違うわけです。

なにが苦痛かといえば以下のような理由でしょう。

・ナナメ読みしにくい

・どこに要点があるのか分からない

・話の道筋(論理)がつかみにくい

・たいていの場合、話の展開がまだるっこしい

まだるっこしいい記事なんて離脱ですよね。

 

ひとつの会話文が長い

吹き出しのなかの文章は、読みやすいようにレイアウトされていないものが多いようです。

なので、長い文章は非常に読みにくいです。

しかしそれは執筆者さんが熱く語りたいところだったりして、もったいないなーと思うこともよくあります。

自分の主張だから自分のキャラに吹き出しで語らせているんでしょうが、読者の目から見るとインパクトがないので効果が半減してしまいます。

 

吹き出しの内容に共感できない

各見出しの最後で記事内容にツッコミを入れてるような吹き出しもあります。

これに共感できないと、読んでいる気持ちが記事からスーッと離れてしまいます。

 

これは、読まれるブログの書き方の記事で、読者が疑問に思いそうなこと反論しそうなことをわざと書くというセールスライティングのテクニックをご披露しましたが、それとは違います。

セールスライティングのテクニックでは、読者の疑問を明確に書き出して、それを解消します。

読者の気持ちになんとなくモヤモヤとした疑問が残って購入しないということを回避するためのテクニックなんです。

 

しかし、ツッコミが書かれていて、それが解消されていなければどうでしょう。

まず共感できなければ僕が感じるように、記事から読者の心が離れてしまいます。

共感できたとしても、それを解消しなければ記事の信頼性を失います。

目を引くというだけで吹き出しを使うのは避けたいものです。

 

登場人物多すぎ

にぎわい感の演出?

登場人物のキャラが分からないので、「どういう立場での発言なの?」という、記事内容にあまり関係のないことが気になってしまいます。

記事内容から少しでも読者の意識を離れさせてしまったら逆効果です。

 

たとえば師匠と弟子1、弟子2、弟子3などと、絵柄で分かるような設定をしているケースもありますが、

よほどストーリーテリングが上手でないと逆効果です。

読者は情報が欲しいのであって、エンターテインメントが欲しいわけではないからです。

 

3 執筆者に共感できない

 

読者は情報を求めてブログ記事にやってきます。

しかし、情報だけポンと書いておけばいいわけではありません。執筆者のフィルターを通した解説を、読者は読みたいのです。

なので、ブログ記事では自分の主張を語るべきだと僕は考えますが、その思考・主張に共感できないケースがあります。

 

テンション高過ぎ

これは非常によくあるパターンです。

「自分にはこの記事向いてないわ」
「なんとなく違和感」

読者はこんなふうに感じるのではないでしょうか。

ハイテンションは身内には受けたりするものですからファンがいるように見えるんですよね。

 

テンションが高いのがテンポの良い文章につながっていればいいんですけどね……。

 

いいかげん

これは執筆者の性格なんでしょうか。

たとえば、何かを提唱しているのに、その根拠を書いてない。

例をあげると、ブログ記事は2000文字くらいは書いたほうがいい、という記事で、こんなふうに書いてしまいます。

『理由は分からないけど、みんなやってるからやっておいたほうがいいよ〜』

 

リアルな友人だったら「おまえ、いいかげんなやつだな」って言いたくなりませんか?

 

暗すぎ

これはもう執筆者の性格ですね。

たとえば『仕事でミスをすると1週間は立ち直れないですよね』みたいな文章。

『ですよね』と言われても、あまりに暗すぎて共感できません、というケース。

ミスの種類にもよるでしょうが、ミスを犯した本人が1週間も落ち込んでいたら、むしろ周囲が大迷惑でしょう。

 

自分の本当の感じ方はともかくとして

一般読者を導く論理を展開するには、一般読者と同じ感覚を知識としてもっている必要があると思います。

 

結局、うまいブログ記事とは?

 

うーん、こうやってみるとダメダメな記事ってかなりあります笑 

めちゃくちゃ大雑把ですがまとめてみると結局は

読者理解が足りない

と言えるのではないでしょうか。

吹き出しなども、読者を理解していれば効果的な活用は可能です。

 

ということで『うまいブログ記事とは?』という質問に対する解答は、

読者をよく理解している記事

ということになります!

 

うまいブログ記事を知るためにクソ記事調べてみた結果のまとめ

 

うまいブログ記事の定義は非常にむずかしいです。

そのために反面教師としてダメなクソ記事を集めてみました。

あなたのブログはそもそも当てはまらないと思います(^^)

 

そしてクソ記事の逆を行けば、うまいブログに限りなく近づけるかと思います。

あなたのブログが読者理解を深めるためのお役に立てれば幸いです。

 

この記事のまとめ

 

【ダメダメ記事とは】

◎読者を理解していない
・読者の脳内を理解していない
・読者のリアルを理解していない

 

◎吹き出しだらけ
・吹き出し会話の分量が異常に多い
・ひとつの会話文が長い
・吹き出しの内容に共感できない
・登場人物多すぎ

 

◎執筆者に共感できない
・テンション高過ぎ
・いいかげん
・暗すぎ

 

【うまいブログ記事とは】
◎読者をよく理解している記事

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』noteにて公開中!