「寝不足は貧乏の元!?」睡眠不足があなたに与える重大な4つの悪影響

寝不足は貧乏の元?!

Pocket

初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!

ブロガーさん

昨日は突然の残業でブログ書けなかった……。今日は寝る時間を削ってでも書かないと

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

おっと、ちょっと待ってくださいね

ゆーいちろう

このブログではめっちゃ頻繁に言ってることなのであなたには耳タコかもしれませんが……

睡眠時間を削っちゃダメです!

そりゃ、寝不足だったら能力がきちんと発揮できないから、睡眠時間を削るのは良くないですよね。

しかし今回、寝不足は貧乏の元だとかいう話を聞きましたので、

あなたにシェアします!

お金儲けるために副業やってるのに、それで寝不足で貧乏になったら目も当てられません^^;

この記事を読んで分かること睡眠不足があなたに与える重大な4つの悪影響

日本のサラリーマン寝なさすぎ!

 

たまに朝の通勤時間帯に電車に乗ったりすると、ホント痛感します。

朝から通勤電車で正体もないほどに爆睡している会社員が多すぎです。

 

日本のサラリーマンはほぼ全員、朝から疲れてるんじゃないでしょうか。

 

朝から爆睡している会社員がどんな理由で睡眠不足なのか分かりませんが、

もしかして毎日帰宅後にブログを書いている方だったら……

じつは睡眠不足にはこんな害が4つもあるそうなんです。

1 パフォーマンスが下がる

2 被害妄想から孤立する

3 10年後「おまえはもう死んでいる」かも

4 周囲の人も孤独にさせる病原菌になる

1はともかく他は「え? え?」という内容ですよね。

くわしく解説します。

 

1 パフォーマンスが下がる

 

睡眠が不充分だとパフォーマンスが下がる。これは昔から言われていることですよね。

 

 

全米で650万冊売れたと言われている話題の書

『SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術』

には、こんなことが書かれていました。

24時間眠らないでいると頭頂葉と前頭前皮質のグルコースは12~14パーセント失われる。

 

えーと……つまり?^^; 

ウィキペディア先生に聞いて見ましょう。

頭頂葉の機能はウィキペディア先生によるとこう説明されています。

頭頂葉は身体の様々な部位からの感覚情報の統合や、数字とそれらの関係に関する知識、対象の操作などに関する機能に重要な役割を持つ。

 

また、前頭前皮質はこんな感じ。

この脳領域は複雑な認知行動の計画、人格の発現、適切な社会的行動の調節に関わっているとされている。

 

要するに『頭いい』『分別がある』などとされるときに働いているところですね。ここがエネルギー不足になっている身体はかなり深刻な状態。

 

『グルコースは12~14パーセント』などと数値があると、なんとなく説得力があるような感じがしますが、

そんな数値を見るまでもなく、

寝不足で出勤した日は、うっかりとパソコン・モニターをじっと見つめていたりすると、瞬間居眠りしてしまって突然首が前に『がくん!』となる……

なんていうことは誰でも経験済みですよね。

 

2 被害妄想から孤立する

 

睡眠不足になると被害妄想になって周囲の人たちが全員敵に見えたり、孤立したりするという研究結果があります。

マジか!と思いますが、

カリフォルニア大学バークレー校による研究チームによって実際に実験されました。

 

学生ボランティア18名を、普通に睡眠をとっているチームと故意に睡眠不足な状態にしたチームに分けます。

すると、睡眠不足チームの学生に関して以下のことが分かったというのです。

・より多くのパーソナルスペースを必要とした(他人に近寄られただけでイラッとした、ということですね)。

 

・普通に睡眠をとっていたチームと比べて、孤独を感じる傾向が強かった

 

脳内スキャンをとってみた

これだけだと、「そう感じた」という主観で終わってしまっているようです。

そこで実験チームは被験者たちの脳内スキャンをとってみたそうです。

すると、

睡眠不足状態の学生たちの脳では『脅威を感じる部位』の神経活動が高まり

『他人の行動や気持を理解する部位』の神経活動が低下していたーー

というのです。

つまり、

睡眠不足になると被害妄想になって、周囲の人たちの行動や気持ちを理解することができなくなり『みんなが敵に見える』という心理に陥ってしまう。

というわけなんですね。これについてはメンタリストDaiGoさんも同じような内容の動画を挙げていました。

 

3 10年後「おまえはもう死んでいる」かも

適切な睡眠時間は7時間です

名古屋大学の研究で、40歳から79歳の男女約10万人について10年間の追跡調査をしたものがあります。

 

まず、平均睡眠時間は男性7.5時間、女性7.1時間だったそうです。

で、10年後の死亡率がいちばん低かったのは

睡眠時間が7時間という人たち。

正確には6.5時間から7.5時間未満の人たちだったそうです。

 

つまり、睡眠不足もいけないけれど寝すぎも良くない、という調査結果なわけです。

 

しかし、この10万人の方たちの平均睡眠時間、ずいぶん長くないでしょうか。

40代、50代で会社員で働いている方って7時間寝られているんでしょうか……。

満員電車で朝から爆睡しているのってやっぱり40代、50代のおじさんのような気がします……^^;

 

7時間を下回ったらアウトです

さらに、ペンシルベニア大学とワシントン州立大学で行われた少々ショッキングな実験結果もあります。

実験では健康な男女48名を4つのグループに分け、

1つのグループには3日間徹夜
ほかのグループにはそれぞれ1日4時間、6時間、8時間睡眠をとる

ということを2週間続けてもらい、心身の状態を記録してもらいました。

 

すると8時間睡眠チームは認知機能、注意力、運動神経にまったく低下はなかったのに、

4時間チームと6時間チームには日を追うごとに身体機能の低下が見られたそうなのです。

あれ? ということは睡眠時間が6時間になったらアウト!ということでしょうか^^;

 

4 周囲の人も孤独にさせる病原菌になる

 

先ほどのカリフォルニア大学バークレー校の研究で、もうひとつ分かったことがあるそうです。 それは、

睡眠不足の人は相手にも孤独を感じさせる

ということ。

 

「周りはみんな敵だ」なんて思っているわけですから、フレンドリーな態度で接するわけがないです。

よって、交流した相手は「なんか自分、嫌われた?」「なんにも悪いことしてないのに」となって、孤独感が伝染してしまうというのです。

 

うーん、そうか……そうかな?笑

睡眠不足でそこまで言われるとはちょっとびっくりですが^^;

 

睡眠不足があなたに与える4つの悪影響のまとめ

 

さあ、いかがだったでしょうか?

要するに睡眠時間は7時間を死守しないといけないということですね。

そうしないと、能力を発揮できないだけでなく、

被害妄想になって人に嫌われて早死にする

という未来が待っているのです。そんな生活をしていたら貧乏まっしぐらです。

睡眠不足があなたに与える重大な4つの影響

◎ パフォーマンスを下げる
◎ 被害妄想から孤立する
◎ 10年後の死亡率が高まる
◎ 周囲の人も孤独にする病原菌になる

毎日7時間しっかり眠れる生活に移行しよう

 

睡眠は7時間が適切と知って

「え? 自分、7時間寝てないし、7時間寝るなんてムリ!」

と思った方も多いでしょう。

 

でも、7時間寝る生活ができないというのはあなたの『今の状態』でしかありません。これからいくらでも変えていくことができます

僕もかつては睡眠時間を削ってがんばっていたサラリーマンでしたが、心身を壊してしまったことをきっかけに退職して出直しました。

そして結局は寝不足サラリーマン時代より稼げています!^^

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

この記事を書いた人

ゆーいちろう

引きこもりがちの広告会社社員。メール、LINE@、ブログのアフィリやってます。ビジネスを仕組み化するのが得意。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

ツイッターではマーケティング、ライティングの有益情報をツイートしています。無言でもフォロー大歓迎!ゆーいちろうTwitterアカウント

 

ツイッターからのアクセスを強化してパワーブログを作る方法 noteにて公開中!