サラリーマンの給料とはストレスに耐えている対価?

Pocket

サラリーマンのあなた! 仕事は楽しいですか? あなたにとって仕事とはどんな意味をもっていますか?僕の昔のバイトの後輩でものすごくがんばり屋の女の子がいます。

バイトを辞めたあと、ある一流企業の派遣社員になることができ、すごく頑張っていました。

 

がんばって正社員になったら、そこに待っていたものは……

ご存知の方も多いと思いますが、派遣社員は数か月で契約が打ち切りになるものです。

彼女も3か月ごとの契約更新を非常に意識して、契約を続けてもらえるように働いていました。

幸い周囲の方に恵まれて通算2年以上も契約を継続してもらうことができ、正社員登用のお話をもうらうことができました。

そして厳しい試験を受けた結果、先日晴れて正社員として雇用されることが決まりました。

めでたい! よくがんばったね!

と言っていたのですが、

 

 

ところが……

まあ、よくある話だと言ってしまえばそれまでなんですが、

まず正社員になったら派遣のときより給料が少なくなりました。そして正社員になったら派遣のときよりサービス残業が増えました

 

頑張って頑張って頑張った結果がこれ。

正社員になると給料が下がるとは聞いていましたが、身近な知人がそうなると、改めて憤りを感じます。

 

手取り給料以外の労働条件(保険など)が違うというのはもちろん理解していますが、「なんか変」ってなぜみんな言わないんでしょう。

時代がどんどん変わってきているなかで、いろいろなことが歪んでしまっているように感じます。

たしかに労働組合もあって、彼女は派遣のときのように3か月ごとにクビになる不安からは解放されました。しかし、組合費を給与から天引きされています^^;

さらに、正社員になったらほかのストレスが襲いかかってきて、ほんと

サラリーマンの給料はストレスに耐えている対価なのかな

と思わざるを得ません。

 

解決策ってあるんでしょうか?

それともみなさん、「こんなもんだ」でスルーしている?

 

マイナビの調査によると、サラリーマンの8割近くが現在の給料に満足していないそうです。

満足していると答えた2割の人も
「なんとか貯蓄ができているから」
「生活するには困らないから」
というのが「満足している」と答えた主な理由。

貯蓄の額も不明ですから「今大丈夫」「今生活できている」、というだけのことと思われます。

 

つまり、同じ額の給与をもらっていても、「これでは将来ヤバイ」と考える人もいれば、「いまは満足しているから大丈夫」と答えた人もいるーー単純に主観の問題になっていませんか?

 

こういうサラリーマンの厳しい状況を改善するために闘っている人はさまざまな分野にいらっしゃると思いますが、

その方たちが世の中を変えてくれるのを待つとか、自分もその闘いのなかに身を投じたりとかして、サラリーマンのほとんどが満足のいく収入をもらうようになるまでには気の遠くなるような時間が必要です。

 

どう考えたって、社会が変わるより自分が変わったほうがはやいです。

サラリーマンとして安定した収入があるうちに、次の戦略を考えておくべきです。

 

次の戦略?

もちろん複数の収入の柱を作る、ということです。