【ブロガー、ツイッタラー必読】セルフブランディング戦略とは?

ツイッタラー、ブロガー必読。セルフブランディング戦略

Pocket

 

こんにちは、ひきこもりビジネスマンのゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

今日は、ブロガーにもツイッタラーにとっても非常に重要なセルフブランディングについて掘り下げて解説します。

この記事を読んで分かることブロガー、ツイッタラーに必須のセルフブランディング戦略とは?

ブランディングとは?

 

まず『ブランド』という言葉であれば誰でも知っていると思います。ブランドバッグなどで言うところの『ブランド』です。

これに『高級品』というイメージをもっている方もいるかもしれませんが、それは『ブランド』の意味ではありません。

その本当の意味は表現するのが難しいのですが、『多くの人がその製品の価値を認めている企業』といったところじゃないかと考えます。

たとえばグッチのバッグが買って3ヶ月で壊れたら「えー?!」と思いますよね。Daisoで買ったポーチが買って3ヶ月で壊れたら「まあ、そうだよね……」と残念だけど諦めますよね。

そんな感じがブランドです。

そしてそのブランドを構築するための活動がブランディングです。

 

ブランディング、なぜ必要なの?

 

ビジネスにおいて何より非常に重要なことのひとつに『差別化』があります。

あなたと同じようなビジネスをしている人はたくさんいるはず。

そのなかで、あなただけを選んでもらうためには、競合との差別化ができていないと実現しません。

多くの競合がいるということは市場が大きいということなので良いことなのですが、そのなかでブランディングができてキャラが立っていないと他と区別してもらうことができないーーというわけなのです。

ツイッタラーだったらフォローしてもらえない、ブロガーだったらブログ記事を読んでもらえない……いやですよね^^;

 

「30代会社員」ではダメなの?

 

じゃあ、自分のことを知ってもらおう、ということでプロフィールに

『30代会社員のゆーいちろうです!』

と書いてみました……。

いや、これ全然ブランディングになっていませんね。

 

『30代の会社員』ってイメージぼやけてますよね。同じような人が何百万人もいそうです。

『30代の会社員』にウソはない。ウソはないけど、興味をもつ理由もない……。

 

キャラクターを演じるのは?

 

ブロガー、ツイッタラーとして発信したり情報提供するうえで、少しばかり上から目線の先輩キャラにすることは良い効果を生み出すことが多いです。

自分より能力が下でおどおどしているような人に、何かを学びたいとは思わないでしょう。

また、性格の設定がそんな感じでなくても、たとえば僕のような30代の方が高校生のブログを読んで感心することはあまりないと思います。

なにかにものすごく秀でていない限り、知識も人生経験も30代のほうがありますからね^^

 

なので、兄貴キャラ、リーダーキャラというのはモテます。こういうキャラの人を見ると、ついていきたくなる人は多いと思います。

 

しかし、ここで注意すべき点があります。

兄貴キャラでうまくやっている人にあこがれて、自分も無理矢理そのキャラを演じようとするーーこれはオススメできません。

理由は簡単、いずれ息切れするからです。

 

たとえばコピーライティングで、ものすごく上から目線のオラオラ系文章を書く人はそういう文章を書くときににセルフイメージを意図的に高くするとうまくいくそうです。

プロレスラーが試合前に気合を入れるようなものです^^

つまりパワーが必要なんです。

 

いつもオラオラ系の人ならそれでいいかもしれませんが、僕のような平穏を好む引きこもり系ではそれ、疲れちゃいます。

もしあなたが平和を好む系の普通人であれば、無理してオラオラ系兄貴キャラを演じることはしないほうがいいでしょう^^

 

キャラ設定は削ぎ落とせ!

 

もうひとつ、キャラの設定でオススメできないことは

自分の要素を軒並み列記することです。

 

人間の側面は多岐に渡るから、自分の興味関心事、得意分野、資格などを挙げていったらかなりの数の項目が出てくると思います。

これを列記することによって、何か引っかかりのある方に関わってもらいたい、という意図なのでしょう。

 

ツイッターでもよく『こんな人とつながりたい!』と言って、自分に関するありとあらゆる要素を列記している方がいますが、

ツイッターをお友だち作りで利用しているならいいですが、発信するツールとして利用しているなら、そこは注意すべきところです。

 

ありのままを全部見せてしまったほうがラクという考え方もありますが、

ビジネスの一環として活動しているなら戦略的に行くべきでしょう。

ツイッターやブロガーとしてのつながりは友人同士とのつながりとは違います。

 

見せるのは戦略的な側面のみ、です。

むしろ余分な要素を削ぎ落としましょう。

ターゲットとなる方たちが見たい要素だけ抽出します。

 

もちろん、著名人と『キャラがかぶる』のも避けなければいけないです笑

 

ブランディング(キャラ設定)の3ステップ

 

では、具体的にどうやってブランディング(キャラ設定)をしたらいいのでしょうか?

競合からの差別化をはかる、といっても突飛なキャラはむしろNG。

 

キャラ設定の3ステップは以下のとおりです。

1 あこがれのキャラを見つける
2 そのキャラからひとつズラす。
3 そしてネガティブな要素を付け加える。

 

『理想像のキャラからひとつズラす』で、どれくらいズラすか、というと市場がニッチになるくらい。同じカテゴリのあいているポジションを狙うーーといった感じです。

そして『ネガティブな要素を付け加える』ですが、ネガティブといってもあまり悪いではもちろん良くありません。『前科あり』とか『人格障害』とかそんなのはNGですね。

具体的には『憎めない短所』みたいなのがいいです。

 

組み合わせによって差別化する

 

「自分には人と違ったキャラなんてないよぉ……」

なんていう声が聞こえてきそうなんですが、

そう思い込むのはちょっと待ってください^^

 

そもそもブログを書いている時点であなたはめっちゃ少数派ですよ?

まあ、東大に行けば東大生ばっかりなようにブロガー界隈ではブロガーがごまんといます。でも、そのなかでもあなたはかならず『オンリーワン』になる要素があります。

つまり組み合わせなんですね。

ブロガーさんであれば『複合キーワード』と同じ、と説明すれば分かっていただけるのではないでしょうか^^

 

以前は、『△△といえば◯◯さん』といったイメージをアピールするのがブランディングーーと言われていたのですが、これは現代にはあまり合っていません。

少なくとも発信する人のセルフブランディングには使えません。というのも、『△△といえば』だけではビッグキーワードすぎて、そこを狙うのは非常に難しいからです。

 

そこで、『△△』の要素を3つ、4つ組み合わせることによって、あなたのオリジナリティが際立ってブランディングができるというわけです。

 

ツイッタラー、ブロガー必須のセルフブランディング戦略のまとめ

 

はい、発信する人としてあなたもぜひセルフブランディングを意識してみてください。

 

ツイッタラー、ブロガーのセルフブランディング戦略

◎競合からの差別化のためにブランディング(キャラ設定)は重要。

◎ありのままのすべてを出すのではなく、ターゲットが見たい要素だけ抽出すべし。

◎要素を組み合わせることでオリジナリティが出せる。

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)