ブログ記事の離脱を防ぐ6つのポイント(離脱率改善の方法)

ブログ記事の離脱を防ぐ(離脱率改善)の6つのポイント

Pocket

ブロガーさん

なんかアフィリエイトリンクが全然クリックされない! なぜ? どうして?

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

それはお困りですね……

ゆーいちろう

検索結果でそこそこ上位にいてもクリックされない、という訴えはよく聞きます。

これは記事の途中で読者が離脱している可能性が高いですね。

僕はよく初心者の方のブログ相談を受けますが、ブログを拝見すると記事の途中で離脱されているらしきブログは多いです。

今回は、離脱を防ぐための6つのポイントについて解説しましょう。

この記事を読むと…

● アフィリエイトリンクがクリックされるようになります

● 読者が記事の途中で離脱しにくくなります

こんな方にオススメ!

● 読者の滞在時間が短くて悩んでいる

● PVはそこそこあるのに収益に繋がらなくて悩んでいる 

最後まで読んで、離脱率をぜひ改善してくださいね!^^

離脱とは?

 

読んで字のごとく、離脱とは記事ページから読者が離脱することです。

記事の最後まで読んでくれなくて、途中でページを閉じてしまうことですね。

アフィリエイトリンクは大抵記事の後半以下にありますので、それまでに離脱されてしまったら……

アフィリエイトリンクのクリックどころじゃありません。

 

読者は離脱するもの

 

とはいえ、ブログを訪問してくれた読者はいつかどこかでブログから離脱します。

なので読者は離脱するものです。

しかし、どこでどのように離脱するか?には注意が必要です。

 

アフィリエイトリンクを目にする前に離脱されてしまうのでは、これは重大問題。

そのような離脱を回避する方法を考えてみましょう。

 

離脱する6つの理由

 

読者が記事に途中で離脱してしまうのは以下の6つのことが理由になると考えられます。

・ファーストビューの印象が悪い

・記事タイトルと内容が違う

・読者が求める解答がどこに書いてあるのか分かりにくい

・解答が分かりやす過ぎる

・アドセンスが目立ち過ぎる

・文章が読みにくい

ひとつずつ解説しましょう

 

1 ファーストビューの印象が悪い

 

検索結果から記事タイトルをクリックした。でも最初に目に入った画面を見て

「あ、なんか違う」
「いや、こういうサイトは無理」

と感じて元の検索画面に戻ったーー

そんな経験はありませんか?

僕はあります^^;

 

例えば分かりやすい説明を求めているのに、ガッチガチの硬い文章でびっしり書いてあるブログだったとか、

バックがグレー、文字も濃いめのグレー、そしてめっちゃ小さいーーつまりめちゃくちゃ読みにくい、とか。

パッと見た感じのデザインの印象が悪いです。

読者は情報を求めてやってきます。そこを忘れると良い記事と思ってもらえません。

 

改善方法

完全にブログの見た目の問題です。デザインというほどでもないかもしれません。

 

近視眼的になっていると見逃してしまうかもしれませんが、一歩引いて自分のブログを眺めてみると

「ちょっと漢字(カタカナ言葉)が多過ぎるかも」とか
「この色は文字を目立たなくしちゃうかも」とか

改めて気づくことがあります。

そしてスマホでの確認を忘れないようにしましょう。昨今ではむしろスマホでの利便性が決めてです。

 

2 記事タイトルと内容が違う

 

求めているキーワードが記事タイトルにあるから、クリックして記事を読みにいったのに

記事の内容は微妙に違う……

こんなサギ記事はさっさと離脱したくなりますよね。

 

僕が出会った一番ひどいサギ記事は3行目くらいに『そんなことはできません』と書いてありました。

記事タイトルが『初心者でも10分で5記事書く方法』となっていて、記事を見たら

『初心者でも10分で5記事書く方法。そんな方法はありません。地道に努力しましょー』

などと書いてあったら即離脱!(怒)ですよね。

 

改善方法

当たり前のことですが、記事タイトルにウソはいけません。

かといって少しの煽り要素はあった方が記事タイトルをクリックしてもらいやすいのは事実です。

記事タイトルは以下のようなものが望ましいですね。

・ウソは書かない

・しかし、興味を引く書き方で

・なおかつキーワードを入れる

 

3 読者が求める解答が書いてある場所が分かりにくい

 

読者はそもそもナナメ読みです。

ブロガー側もこれを踏まえて記事を書くべきだと僕は考えます。

例えば『AというツールでBということを調べたい』と思って検索したとき、

『Aというツールの〇〇をクリック、次に▲▲をクリック、そこの◆◆を見るとBが分かります』

という説明を期待します。

 

ところが記事は、

『Aというツールはそもそも……』とか『Aというツールでできることはこれとあれとそれと……』

なんていうことがずらずらと書かれていたらどうでしょう。

記事の最後までずーっとスクロールしてみても見つからない。

2往復くらいしたら離脱ですね、僕の場合^^;

 

改善方法

Word Pressには文字を強調するいろいろな機能があります。

色を変えたりマーカー引いたり枠で囲ったり……。

これらを駆使して、分かりやすいうえにも分かりやすさを強調しましょう。

 

自分が人のブログ記事を読んでいるときの様子を観察すれば分かりますが、

見出し、強調された文、枠に囲まれた文、図やグラフ

あなたもこのような者を拾って読んでいませんか?

 

強調された部分だけ拾って読んでいけば記事内容が把握できる

これが理想だと僕は考えています。

 

4 解答が分かりやす過ぎる

 

今、分かりやすいのが良いと書きましたが、分かりやす過ぎるのもよくありません。

どういうことかというと

導入部で記事の結論が分かってしまう記事はその先を読まれない

ということです。

考えれば当たり前のことなんです。

 

何かの購入を考えている人は検索した結果出てくるサイトを片っ端から読むと思います。

検索結果1位のサイトだけ読んでそこでクリックして買うということはあまりないのでは?と思います。

 

例えば記事タイトルが『オンライン英会話スクール3選』とあって、

記事の最初に『オンライン英会話スクールで、オススメはA、B、C』と書いてあったら、

読者は求めている情報が得られたと考えて別のブログに行ってしまう可能性があります。

 

改善方法

『導入部に結論を書け』

とよく言われます。

僕も他の記事でそのように書いています。PREPに沿って書くのが分かりやすいということですね。

参考記事>>伝わる、説得力のあるブログ記事を書く:文章フォーマットPREP(プレップ)法

 

しかししょっぱなで手の内を明かしすぎてはいけません。その先を読む必要がない、と読者に思われてしまうからです。

導入部は本文を読ませるためにあります。読者の心をガッチリと掴んで、本文を読ませる工夫をしましょう。

 

記事導入部の書き方については▼こちら▼の記事に書いています。

参考記事>>引き込まれるブログの書き出し文とは?:導入部分このまま書くだけ5要素7ステップ

まんま同じように書けば効果的な導入部が書けるテンプレート付きです!^^

 

5 アドセンスが目立ち過ぎる

 

アドセンスが目立ては、アドセンスの方に意識が行ってクリックしてしまい、結果的に記事から離脱……

読者の行動を想像してみれば推測できることですね。

アドセンス、とくにスマホのアドセンスは非常に大きく目立つので要注意です。

 

アフィリエイト記事をがんばって書いたのに、結果はアドセンスの利益ばかり……というのではがっかりしてしまいますよね。

 

改善方法

「いや、自分はアフィリエイトではなくアドセンス一本で稼ぐ」

というのならアドセンスが目立っても構いません。

つまり、あなたのブログの戦略次第です。

 

アフィリエイト記事をたくさん書いていくなら、アドセンスとのバランスを考えてみる必要がありそうです。

とくにスマホでどう見えるか、観察してください。

 

6 文章が読みにくい

 

文章が読みにくいブログはアウトですね。

まずファン読者、リピーターになってもらえません。

先ほどはファーストビューの印象について話しました。あれはデザインについてですが、こちらは文章の書き方です。

「このブログの文章、なんか読みにくいな……」

と思われたら離脱されてしまいますよね。

 

改善方法

『文章が読みにくい」というのはだいぶ抽象的、主観的ですが、以下の2つのケースなら自分ですぐに改善できます。

1 文章が長い

2 論理が強引、あるいは飛躍している

1は明白ですね。トップブロガーさんの記事を読みに行って、自分の記事文の長さと比べてみるとすぐに分かるでしょう。

トップブロガーさんはだらだらと長い文章を書く人は皆無だと思います。

 

2は『自論を書いたときに例や根拠を一緒に書く』ということを心がけると良いでしょう。

『〇〇は▲▲です』と書いたときに、例や根拠を示せなかったら、読者に強引な論理と思われる可能性があります。

 

ブログ記事の離脱を防ぐ6つの方法のまとめ

 

ASPで時間をかけて広告案件を探し、記事タイトルをあれこれ一生懸命考えて記事を書いたのに、

記事を訪問してから2秒で離脱されたら悲しいですよね。

少しでも多く記事を読んでもらえるように工夫しましょう!

ブログ記事の離脱を防ぐ方法のまとめ

 

◎ブログ記事は離脱されて当然

 

◎ブログ記事が途中で離脱される6つの理由

1 ファーストビューの印象が悪い
 →ブログを一歩離れて客観的に見てみる

 

 2 記事タイトルと内容が違う
→記事タイトルと内容はしっかり合わせること

 

 3 読者が求める解答がどこに書いてあるのか分かりにくい
→見出し、強調文字、枠などで分かりやすいうえにも分かりやすい工夫を

 

 4 解答が分かりやす過ぎる
→必ず本文を読ませるような導入部の工夫は重要

 

 5 アドセンスが目立ち過ぎる
→自分のブログを客観的に観察。とくにスマホでの見え方。

 

6 文章が読みにくい
→文章は短く。自論を述べたら例か根拠を書く。

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!