ブログの収益を最大にする、とても分かりやすいマーケティング理論を教えるよ!

ブログ収益最大化 分かりやすいリアルマーケティング理論

Pocket

ブログ執筆者さん

ブログのPV、なかなか上がらなくてヘコむ〜
こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

うーん、たしかにブログのPVが上がらないとモチベーション下がりますよね。

そもそもPVをあまり気にし過ぎることはよくないんですけどね……

では、PVとは違うところでブログの収益を最大化するマーケティング理論をご紹介しましょう。

この記事を読んで分かることブログ収益を最大にする、とても分かりやすくてイメージしやすいマーケティング理論
 

Word PressではPVはなかなか上がらない

 

独自ドメイン&ワードプレスでサイトを立ち上げたら……
大海原にぽつんとある離島と同じこと。誰もその存在を知りません^^;

 

ワードプレスをスタートする時点で分かっていたことですから、

今さら文句は言うまい……

と思いながらも「何コレ、マジで何かの陰謀?」と思ってしまうくらいアクセスが来ない、という方も多いかと思います。

昨日は、PVでブロガーのレベルをはかるのはどうなんだ?みたいなお話をしましたが、昨今は企業のブログがものすごい勢いでPV伸ばしますから

個人運営のブログのシェアが少なくなるのは当然なのかもしれません。

 

PV少ないと心が折れる

 

まだ生まれたばかりのサイトですから、人が気づかないのは当たり前と言えば当たり前なんですが、

記事書いている方としては、

「こんなに毎日がんばって更新してるのになー」

と思ってしまうんですよね。

 

しかも、PVはネットをうろうろしていても目につきやすい情報なので、つい自分のブログと比較してしまいます。

「こんなに記事数あるのにPV少ない」とか
「こんなに長い期間継続してるのにPV少ない」とか

同じ条件で比較できるブログってそうそう見つからないはずなのですが、なんとなく比較してしまって焦ったりしてしまいます^^;

 

CVRとかCTRとかEPCとか

 

A8などのASPに登録しだすと今度はCVRとかCTRとかEPCも気になってきますよね。

「え? まだそんなの分からない!」

という方はざっくりと、アフィリ報酬が出るところまで進んでくれた人の割合、と理解してくれれば大丈夫です^^

アフィリ報酬が出るには、購入だったり申し込みだったりさまざまですが、そこに至るまで進んでくれる人の割合は重要と考えられます。

 

しかし、これがなかなかどうして高いハードルです。

というのもアルファベットの羅列ばかりで意味をすぐに忘れてしまうし、◯◯率というのがどうも身近じゃないし……

「じゃあ具体的にどうすればいいの?」といった解決策がイメージしにくいという要因がありそうです。

 

広告業界で言われていること

 

ただここで、少し目先を変えて、広告業界で売上を上げる施策についてお話してみます。

僕は世界No.1マーケッターと言われたジェイ・エイブラハム氏の理論を勉強していました。彼によるとビジネスを拡大する、つまり売上を大きくする要素は以下の3つ。

顧客数 X 平均単価 X 購入頻度

これはマーケティングを勉強した方なら誰でも知っている、というくらい有名な理論です。これにちょっとしたひねりを加えて、独自の理論を打ち出している方も多いです。

とはいえ、数式で見せるだけではイメージしにくいので、くわしく解説しましょう。

ジェイ・エイブラハム氏は実店舗および通販での販売ですごい業績を出した方なので、言葉がインターネットビジネスと多少違いますが、重なる概念はあります。

顧客数

顧客数とは購入してくれるお客さんの数です。リアルビジネスでは実際にお金を支払ったお客さんだけを勘定に入れます。

店舗にふらりと入ってきた人は数のうちに入らないということですね。

インターネットビジネスは検索流入がメインと考えられますが、『ふらりと入ってきたお客さん』もPVに含まれるのではないでしょうか。

なのでPVというよりUUがカウントする、と考えるほうがいいようですね。

平均単価

『客単価』とも言われます。お客さんひとりあたりにつき、いくら支払うのか、の平均値です。

飲食店で言えば、高級レストランは高いですし、ファストフードは低いです。

ブログで言ったらEPCに当たるのがこれでしょうか。

購入頻度

月や年を単位として、どれくらいひんぱんにお客さんがお金を支払っているか、という数値です。

たとえば美容院1回行くごとに5000円使っている男性がいるとして、2か月に1回通っていました。

これを営業努力によって毎月通ってくるようにすることができたら売上が2倍になりますよね。

リアルビジネスはイメージしやすい?

 

さて、以上の『売上を拡大する要素』ですが、要するに、たとえば飲食店なら

『お客さんが友人と一緒に来て料理をたくさん頼むと楽しくなるよう営業努力をする。そして、毎月1回より週に1回、週に1回より3日に1回来店してくれるようにサービスする』

これが売上拡大の秘訣です^^

これって中学生でも聞いた瞬間分かりますよね。

 

そしてこれはインターネットビジネスにも当てはまります。

「CVRってなんだっけ?」
「EPCってどうやったら分かるの?」

と新しい概念をもてあましている方は、

むしろ自分が利用している美容院や毎月購入しているサプリメント販売会社、お気に入りのショップなどの経営者に自分がなったと想定して

「売上をあげるにはどうしたらいいかな」

と考えると、新しい収益化の方法が見えてくると思います。

 

ジェイ・エイブラハム氏のセミナーに出席したとき、この2000円そこそこの本を読んで2000万円の売上をあげましたとお礼を言っていたサプリメント販売の個人商店さんがいました^^

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』noteにて公開中!