稼げるネットビジネス、オススメのネットビジネス10選!会社員はどれを選ぶべき?

Pocket

ネットビジネスって何がベストなの? 一番稼げるネットビジネスを知りたい!

 

というあなたにこっそり真実をお話しします。

「一番オススメなネットビジネスって何?」

「一番稼げるインターネットビジネスって何?

「ネットビジネス、興味はあるけど何をどうやったらいいの?」

 

そんなお悩みを抱えたあなたに朗報です。

今日は、あなた、つまりサラリーマンにとってベストなネットビジネスについてお話ししましょう!

そもそもネットビジネスとは?

ネットビジネスとはインターネットビジネスのことです。

つまりインターネットを使ったビジネスはなんでもネットビジネスなんでしょうか?

 

いいえ、そうではありませんね。

もし、そうであれば〇〇〇ペッパーグルメのようなウェブサイトで主に集客しているという飲食店はネットビジネスをしていると言えてしまいますが、常識的にそうは言いませんよね。

 

とはいえ、店舗もあるけれど楽天からの注文がほとんどというようなアクセサリー屋さんはどうなの?と細かいことを言い出したらきりがありません。今時なんらかの形でインターネットを使っていないビジネスのほうが不思議な存在です。ですから、実際ははっきりとした境目があるとは言えないように思います。

 

が、一般的にネットビジネスと呼ばれているビジネスは以下のようなものです。

  • ポイントサイト・アンケートサイト
  • オークション・不用品販売
  • せどり・転売
  • クラウドソーシング
  • ネットショップ
  • アフィリエイトブログ
  • Adsenseブログ
  • Youtuber
  • 独自コンテンツ販売
  • オンラインサロン

 

それぞれ簡単に解説しましょう。

ポイントサイト・アンケートサイト

アンケートに答えたり、メールを読んだりするとポイントがたまってお小遣い稼ぎになる、というものですね。通勤電車内などのスキマ時間にできるのが利点ですが、本当にお小遣いくらいにしかならないのが難点。

 

オークション・不用品販売

代表的なオークションサイトはヤフオク、不用品販売はメルカリやラクマですね。

自分の家にあるものをまず売ることができますので、失敗がありません。

ヤフオクは僕もさんざん売り買いしました。あと、Amazonのマーケットプレイスでも読んだ本をかなり大量に売ってるはずです笑

メルカリなんかは誰でも売りやすいようにアプリが工夫されていますし、マーケットプレイスも複雑なルールとかないのでビジネス経験が浅い人でも取り組み安いですね。

 

せどり・転売

物品を安いところで仕入れて、高く売れるところで売る。基本的にはこれだけです。

せどりは本の転売のことを意味することが多いようです。転売となるとあらゆる商品の転売があります。斬新なものでは、日本の100均で仕入れたものを海外で売る転売をしている方もいます。

何気なくブックオフで貴重な専門書が安く売られていることがあったりするそうで、それを上手に見つけられるとかなり儲けることができるようですね。

しかし、どこにお宝が埋もれているか、相場価格はいくらか、などの専門知識が必要とされます。

僕が転売をやっていたときはツールを活用していました。

 

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは不特定多数の人に呼びかけて外注を依頼すること。

昔は、フリーランスの方が外注仕事をとるには企業とのコネクションが大事でしたが、クラウドソーシングのサイトに登録すればお仕事を発注したい方がわんさかいるので、そこで仕事を受注できる、ということですね。

クラウドソーシングを、雇用されるのではない新しい働き方ととらえて活用している方も多いようです。

ただ、発注側も受注側もいわゆる『あ・うんの呼吸』での仕事ではなくなるわけで、そのためどうしても仕事の質や報酬があがりにくいという実情があるようです。

 

以下の3つのクラウドソーシングサイトが有名です。登録はどれも無料です。

ランサーズ
日本最大の仕事発注サイト。スキルレベルが高い方が登録しているイメージです。

クラウドワークス

仕事カテゴリーは200種以上』とサイトにあります^^。ハイスキルなエンジニアやデザイナーに特化したクラウドテックというサービスもあるようです。

ココナラ

『スキルのフリーマーケット』と謳っているように、3つのうちでもっとも登録のハードルが低いかもしれません。占いや恋の悩み相談というカテゴリーがあるのが特徴的です。

 

ネットショップ

ネットショップは最近はサクッと作れるところが多くなってきました。無料で作れるところもあります。

ただ、実情としてはリアルな店舗と同じで広告の必要があったり、人通りの多い商店街に出ていったり(楽天やYahoo!ショッピングなど)する必要があり、個人ビジネスには向いていません

個人で物販をしたい場合は、ヤフオクやメルカリを利用するか、自分で集客するほうがコスパが良いでしょう。

 

アフィリエイトブログ

アフィリエイトというのは『成功報酬型のインターネット広告』のこと。その広告を出す場所を提供するわけですが、それが自分が運営しているブログやメールマガジンなどのインターネット上のメディアだということになります。

メルマガアフィリエイトというのは最近あまり聞きませんが、ブログのアフィリエイトはまだまだ健在のようですね。

月に何百万円も稼いでいる方がたくさんいます

 

Adsenseブログ

自分のブログにGoogleが発行するAdsenseのタグというものを書き加えておくと、訪問者にとって最近検索した商品などが自動的に表示されます。よって、その広告リンクをクリックしたり、購入したり、ということで報酬が発生する仕組みです。

アドセンスブログは、広告内容はGoogleが自動的に最適なものを出してくれますので、ただただブログのアクセスを集めていけば報酬になる、というわけです。

ですから逆に、たくさんのアクセスを集めないとまとまった報酬にならない、という側面もあります。

 

Youtuber

最近の『小学生の将来なりたい職業ランキング』に上位に食い込んでいるというYoutuber。

しかし、岡田斗司夫さんが『ユーチューバーが消滅する未来』という本を書かれていらっしゃいますし、

さらにこの本が出版された数ヶ月後には藤田ニコルさんがYouTuberデビューをしたら一週間でチャンネル登録者が33万人を突破、ということがありました。(これには岡田さんも「書籍の内容がこんなにはやく実現していくとは」とびっくりされていました)

何を言いたいかというと、これから一般人がYoutuberとして成功していくにはかなりの戦略がないとムリでしょう、という話ですね。UUUMに転職するほうが良いように思いますが、それも難しいのかな^^

 

独自コンテンツ販売

昔は『情報商材販売』と呼ばれて、うさんくさいと思われていました。実際いまでもうさんくさい情報商材は多いです。

しかしnoteの出現によって、また違ったフェーズが展開していると思います。

うさんくさい商材を販売している人たちは必ず『◯月◯日まで』と短期で煽りながら販売してきます。繰り返し販売している人も名称を変えたりします。下品な言葉で恐縮ですが要するに『やり逃げ』です。

noteで独自のコンテンツを販売している方は良質な情報を提供してロングセラーを目指している方が多いですね。また、SNSやブログと連携させている方がほとんどなので人となりを知ることができ、その点においても信用できます。

 

オンラインサロン

堀江貴文さんイケダハヤトさんがやっていらっしゃいますよね。

月額◯◯円として会員を集める方法です。この月額課金システムはインターネットビジネスでは数年前から広まっていたのですが、ここへきて課金のプラットフォームがどっと増えたためか話題になることが多いような気がします。

じつはこれって「ホリエモンみたいな有名人がやってるから、もうだめだよね」と諦める必要はまったくなくて、一般人にも充分に参入できる分野だとおもます。

 

結局のところサラリーマンにオススメのネットビジネスは?

基本的にサラリーマンにはインターネットビジネスが向いています
これは間違いありません。

理由は、パソコンひとつで稼げるからです。

 

しかしながら先程ご覧いただいたように、一口にネットビジネスといっても様々な種類があります。

かなり目移りしてしまうのも事実

まさに僕は自分自身のビジネス立ち上げ初期の頃、あのノウハウ、このメソッドと目移りしていろいろやってしまいました。

 

あなたがもし平日は一日8時間労働のサラリーマンだったら、お勧めのネットビジネスはほぼ絞られるんです。

 

それをご紹介する前に、お勧めポイントに着目してネットビジネスを検討してみましょう。

サラリーマンお勧めポイントその1 時間の融通がきく

会社員は忙しいです。ただでさえ会社勤めで、平日は拘束時間9時間プラス通勤で往復2時間以上、費やさなくてはいけません。

ですからまとまって何時間も特定の場所に行かなくてはならない副業は、かなりシンドいです。

その点、ネットビジネスなら極端な話、真夜中にやってもいいわけです。自分の好きな時間にできます。

平日は会社勤めに専念して週末だけネットビジネスをするということも可能です。

 

サラリーマンお勧めポイントその2 お金がかからない

これも大きなメリットです。というか銀行から借り入れをしてビジネスを興す時代はもう終わったと思います。

僕は会社の経理を担当しているのでよく知っているんですが、銀行って普通に利用している場合、何年利用していても顧客とはみなしてくれなくて借り入れをしてはじめて『お付き合い』が始まるって感じなんですよね笑

今の時代、銀行からの借り入れでビジネススタートなんてあぶなくてしょうがないです。

 

サラリーマンお勧めポイントその3 マイペースでできる

僕のように人見知りの人間にはとくにありがたいメリットです。

人間ですから、その日によって調子が良いときも悪いときもあります。めっちゃ気分が乗っているときに、パートナーのOKが出ないと先に進めないというのはちょっとツライ笑

さらに、「この方法を試してみたいな」と思うときに、それをパートナーに説明して理解してもらって承認してもらってから行動する、というのもなかなかシンドい笑

自分ひとりで思うままにできて、方針転換も自由な、インターネットビジネスのスピード感は非常に大きなメリットです。

 

結論

いかがでしょうか。

こうやって見てくると、サラリーマンにお勧めのネットビジネスは

初期投資がかからず、マイペースに自分の自由な時間でできるもの

に絞られてくると思います。

 

そして欲を言えば、儲かる仕事がいいですよね。

 

そうであれば、今回ご紹介した職種のなかでは

Adsenseブログ → アフィリエイトブログ → 独自コンテンツ販売(オンラインサロン含む)

こんな感じが最強かと思います。

 

ネットビジネスもビジネスです。素人の方がパッとはじめてすぐに何十万円も儲かるか?と言われると、正攻法でやっている場合はなかなか難しいと思われます(その代わり、その後何年も続けられます)。

しっかり稼げるまでのあいだにマーケティングやビジネスの知識を確実に積み重ねていけるのが上記の3ステップ。

これは現在の僕の中では鉄板です。

今後もこの3ステップについて、くわしい記事をアップしていきますね!

 

POINT

◎ そもそもネットビジネスとは?

・ポイントサイト・アンケートサイト
・オークション・不用品販売
・せどり・転売
・クラウドソーシング
・ネットショップ
・アフィリエイトブログ
・Adsenseブログ
・Youtuber
・独自コンテンツ販売
・オンラインサロン

 

◎ 結局のところサラリーマンにオススメのネットビジネスは?

・サラリーマンお勧めポイントその1 時間の融通がきく
・サラリーマンお勧めポイントその2 お金がかからない
・サラリーマンお勧めポイントその3 マイペースでできる

 

◎ 結論

Adsenseブログ → アフィリエイトブログ → 独自コンテンツ販売(オンラインサロン含む)