完璧主義なサラリーマンは早死にする?!会社で消耗しないための心得。

Pocket


もしかしてあなたは『完璧主義者』ですか?

もしそうだったら……すぐにやめたほうがいいと思います。

 

 

「何言ってるんだ? 完璧主義のどこが悪い?」

 

 

別に完璧主義を全否定するつもりはありません。
でも、ほんの数分おつきあいください。

ぜひ、あなたに認識していただきたい情報があります。会社員の方ならかならず知っておいていただきたい事柄です。

 

この記事を読んで分かることサラリーマンの『完璧主義』は百害あって一利なし、ということについて

 

完璧主義とは?

「オレって完璧主義だからさ」
「◯◯さんって完璧主義だよねー」

なんて、日常的によく使いますね。

でも、使っている人や状況によってかなりの差があるような印象です。

そもそも『完璧主義』という言葉ってどのように定義されているんでしょう。

完璧主義って病気?

さっそくWikipedia先生に訊いてみました。

心理学においては、万全を期すために努力し、過度に高い目標基準を設定し、自分に厳しい自己評価を課し、他人からの評価を気にする性格を特徴とする人のこと 。定められた時間、限られた時間の内にて完璧な状態を目指す考え方や、精神状態のことである。

あれ? なんか思っていたのと違いますね。思っていたのより、なんだか病的なイメージです。

多くの正の面と負の面があるとして心理学者らに理解されている。その程度(時間に対する気配りや周囲への迷惑を顧みない状態等)によっては、精神医学では精神疾患のひとつともされることも多い。

おっと、これは完全に病気扱いですね。たしかに周囲の迷惑もかえりみず、というのであればこれは病気のレベルかもしれません。

サラリーマンは完璧主義になりがち?

全員が全員ではないのですが、一部の会社員は完璧主義に傾きがちだと思います。

というのも、仕事の成果が数値で出ることが多いからです。

たとえば営業マンはまさにそうですよね。営業成績をつねに数値化してオフィス内の目立つところに貼り出されている会社などは、『目標達成』という完璧を目指そうとする社員が増えそうです。総務や人事などのバックオフィスの従業員でも、仕事量が数値化されていたり可視化されていたりすると、それを期限までに完成させなくてはいけないという完璧主義に走りそうです。

でも、これってよく考えると会社側からの押し付けともいえそうです。
「これだけのノルマを果たせよ!」
みたいな感じじゃないですか?

実際のところどうなんでしょう?

完璧会社員の実例

じつは僕の知り合いに完璧主義の方がいます。仮にHさんとしましょう。

超有名一流企業の正社員ですから、かなり優秀なことは確かです。すでにアラフォーなので課長補佐という肩書もあります。

この課長補佐という肩書がやっかいで(僕から見ると笑)、要するに課内の面倒なことはすべてHさんに集まってきます。

課長は課内のごたごたはすべて「Hくん、頼むよ」でHさんに任せ、課内の従業員は課長に話してもラチがあかないのを知っているからすべてHさんに相談し、みたいな感じなんですよね。

するとHさんの仕事がどうなるかというと、まるで家事と同じように終わりのない作業となります。今日の仕事はここからここまで、という区切りができないそうです。Hさんは自分の仕事を消化しつつ、課内のトラブルをすべて解決するというスーパーマンみたいなことをやっています。

課内のトラブルといっても業務だけでなく、それこそ冷蔵庫内の清掃や女性職員のケンカの仲裁まで相談をもちかけられていて、話を聞いていて気の毒になるくらいです。でもHさんは「課内のトラブルはすべて自分が解決すべき」と考えているんですよね……

最近、Hさんが勤める会社の業績が思わしくなく、回り回って社内の不満も高まっているので、僕はHさんのことがちょっと心配です……。

 

完璧主義で消耗しないために

完璧主義は昔はそれほど悪い言葉ではなかったと思います。

が、最近になって悪い印象を持つ人が増えてきた、というのが実情ではないでしょうか。

完璧主義は優秀者を消耗させる

完璧主義のデメリットはいくらでもあげられますが、現代ではそれだけでは済みません。

というのも、仕事がパソコンやインターネットを使うようになって、かなり便利になってしまっているからなんです。

つまり、昔は『できないものはできない』という言い訳がたったのに、現代では『なんとかしろ』と言われてがんばるとなんとかなってしまう。

昔は営業マンが外に出ると営業マンのほうから社に連絡しない限り、連絡はとれませんでしたが、いまではなんとかして連絡がとれちゃいますよね。電話、メール、LINEなどの方法があります。

この便利さが完璧主義者を追い詰めているんです。

僕が知っている有能な社員はみんな完璧主義にならざるを得ないという感じですし、完璧主義であるからこそ病んでしまっている、という印象です。

会社で消耗しないために

完璧主義な方はこのような状況に陥り安いです。

  • ストレスを溜め込みやすい
  • 充実感を感じにくい
  • 新しいことに挑戦しにくい
  • 自己嫌悪に陥りやすい
  • 罪悪感を抱きやすい
  • 仕事が遅れる、または時間超過になる

仕事を完璧にこなそうと誠実に仕事に向き合うあまり、このような弊害を引き起こしてしまうのです。

完璧主義を脱出する方法

完璧主義は『考え方の癖』でもありますから、「自分、消耗してるな」と思ったら、

意識してがんばって完璧主義から脱出する必要があります。

完璧主義から脱出する方法
  • 仕事の計画は余裕をもってたてる
  • つねに80%のチカラしか出さない
  • 仕事をひとりで抱え込まない(作業、責任ともに)
  • はやめの時点で仕事を人にふる
  • プロジェクトの最中でも休みはとる
  • 仕事の成果と自分の人格は別物と考える

最後の『仕事の成果と自分の人格は別物と考える』というのが案外重要です。仕事がうまくいくいかないは自分だけの責任ではない、ということですが、そんな当たり前のことが完璧主義の人には感覚的に分かっていません。

プロジェクトがうまく行かなかったときに必要以上に自分を責めてしまうことがあるので要注意です。

 

最後に

この記事を読んで、

「やばい、自分、完璧主義あるかも」

と思ったあなたは、さっそく明日から完璧主義を脱出する努力をしてくださいね。

そして、あなたの素晴らしい能力は、会社のためではなく自分のために使ってください。

あなたが自分の能力を自分のために使い始めたとき、消耗せずにあなたの完璧主義を満足させることができるのです。