2019年ブログはもう稼げない?という噂について

2019年ブログはもう稼げない?

Pocket

ブログ初心者さん

「なんかTwitterで『ブログはもう稼げない』と言っている有名な人がいたんですよ! ほんとですか?」
こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

そうなんですか?

ブログにもいろいろな形態がありますから。では、2019年以降、ブログで稼ぐことはできないのか?という疑問について解説します。

この記事を読んで分かること2019年ブログはもう稼げない?という噂についての解説
 

まず、ブログって何?

 

まずはブログの定義から行きたいと思うのですが、

つい『ブログ』と僕らブログ運営者は言ってしまいますが、

これってつまりは『ウェブサイト(HTMLサイト)』ですよね。

 

HTMLサイトというのはタグというものを使って書かれています。ブログも基本的にはそうなのですが、ユーザーはあまり気にしなくても大丈夫な仕組みになっています。

 

ほんの10年くらい前までは個人の方でもプロの業者に大金を支払ってウェブサイト(HTMLサイト)を作成してもらう方がけっこういました。

それが無料ブログというものが流行りだして、そのうちWordPress というものが出回りだしました。

 

僕が個人の方の起業コンサルをしていた5年ほど前は、「ホームページを作ろうと思うんですけど……」と相談してくる方が結構多くいました。

そんな方たちに僕は片っ端から「そんな必要ありません。WordPress充分」と言ってWordPressのインストールの仕方を教えました。

タッチの差で僕のところに相談に来る前に業者に100万円支払ってしまったという方は、毎月8万円の支払いに泣いてましたよね(お気の毒に)。

 

話がそれてしまいました……^^;

要するに、以前はウェブサイトだったものが、個人ならブログが扱いやすくて良いよ!となって普及したわけです。

 

さらに、ブログがすばらしいのは更新することによってアクセスを集めてくることができる、という点です。

 

ウェブサイトを作ってネットに置いておいても何もアクセスが来ない、ということをご存知ですよね。

ウェブサイトであれば、広告をかけるのが一般的です。企業はみなそうやっています。

ウェブサイトでも毎日ページを増やしたり、コンテンツを増やしたりすれば自然のアクセスを呼べるのですが、これがむずい! めんどくさい!

僕もじつはトライしたことがあるんですが、途中で何か変更したりすると、めちゃくちゃめんどくさくて挫折しました。

 

つまり、

ウェブサイト + 広告 + 面倒くささ = ブログ + 更新 + 簡単

 

というわけです。

つまり、ブログはウェブサイトなんです。
ウェブサイトがなくなるということは……考えにくいですよね。

 

稼げるかどうか?

 

さて、「ブログがなくならないのは分かった。一番の問題は『稼げるかどうか?』だ」ですよね。

これについての僕の回答は

YESであり、NOでもあります。

くわしくご説明しましょう。

「ブログはもう稼げない」と言う理由

 

まず『NO』『ブログはもう稼げない』という理由からです。

 

染谷昌利さんが有名な『ブログ飯』を書かれてからもう6年経ちます。

未だに売れ続けているようですし(現在、Amazonの売れ筋ランキング14位)、個人的にも『ブログをやるなら今からでも読んでおいたほうがいい本』だと考えます。

この本の冒頭の部分で染谷さんはこんなふうに書いています。

私の最初の成功パターンは「新しい商品/サービスがリリースされたら誰よりも早く、誰よりも詳しく、誰よりも多くの情報を提供する」という単純な原理でした。(中略)当時のインターネット上では意外とこんな単純なことをやっている人が少なかったのです。

ブログ飯

まあ、本が売れて、この成功パターンを真似する人が爆発的に出現しましたよね^^

染谷さんは『単純な原理』と書いていますが、『誰よりも早く、誰よりも詳しく、誰よりも多くの情報を提供する』なんて生半可な知識や心構えでできるものではありません。

 

ですから、それなりの戦略もなくブログを始めた場合、アクセスを集めるのは難しい……すなわち稼ぐのは難しい、となるでしょう。

 

「ブログはまだ稼げる」と言う理由

 

では『YES』『ブログはまだ稼げる』という理由についてお話しします。

これも染谷さんの言葉にヒントがあります。

 

染谷さんはつまり、

『「新しい商品/サービスがリリースされたら誰よりも早く、誰よりも詳しく、誰よりも多くの情報を提供する」という単純な原理をがんばったら成功できた』

と言っているわけですね。

 

ということは、何らかの戦略をもってブログを運営し、それを継続していけば成功できる余地はまだいくらでもある、と言えるのではないでしょうか。

 

先行者利益が……と考える方もいるかもしれませんが、染谷さんの時代はブログで情報を得て商品を買う人が今に比べると絶対に少なかったはずです。

つまり市場そのものがものすごく拡大しているわけですから、後発者でも成功する余地はあるわけです。

 

実際、現在僕らが『成功者』として憧れているブログーの方たちで、ほんの2、3年前からがんばりはじめたという方もけっこういますよね。

 

繁栄と衰退は繰り返す。が……

 

僕自身、以前はFacebook集客のコンサルをして、爆発的に良かったときもあるけどその後下火になりました。メールのアフィリエイトやLINEのアフィリエイトもやっていますが、5年後10年後も同じことをやって同じ収益が得られるとは思えません

 

ただ、ブログだけはやっておいて損になることはひとつもありません

僕が6、7年前に作ったアメブロにいまだにアクセスが来ているみたいです。これをWord Pressでやっておけばなぁと悔やまれます笑

 

「メールというシステムはなくならないからリスト(読者のメールアドレス)は財産だ」と言われていたし、メールアドレスが高額で販売されていた時代もあるようですが、

今は誰でもメールを日に数十通受け取るのが当たり前になってしまってメールアフィリ全盛期はとっくに終わりました。

でも、まだメールで稼いでいる方はたくさんいます。要は『やり方』です。

 

2019年ブログはもう稼げない?のまとめ

 

「もうブログは稼げない」というのは、たびたびあるGoogleアルゴリズムの変動が続いたからかもしれません。

今年になってから、大きな変動がいくつもありました。

インターネットビジネスをする僕らは、Google先生のやることには逆らえませんよね^^;

Google検索エンジンは年間3200この変更を行なっている Google検索エンジンは1年で3200個もの変更が行われている。で、ブロガーはどうすればいい?

世界的に有名なマーケッターですら、

「NASAからヘッドハントされた数学の天才に対抗しよっての? ムリムリ!」

と言ってます笑 ですから、僕らは先生の作ったルールに従わなくちゃいけないのですが、これがべつに難しいことはひとつもありません。

 

Google先生は『先生』と呼ばれるだけあって公正です。ズルをしているドメインがどんどんビジネスができなくなっているようすを僕はけっこう見ています。

ですから、僕自身はまっとうに正しくやっていきたいなと思っています。

 

2019年ブログはもう稼げないのか?という疑問については

『価値提供をしているブログは稼げる』

というのが僕の結論です。

 

また、広告業界の人間として、
広告出稿が公共メディアから個人メディアに移行しているという記事も書いています。

  ブログって何?広告的に見てヤバいです ワードプレスって、ブログって一体何?広告屋の僕の答えを聞いたらあなたの行動は加速します。

まあ、ブログ更新していて損は無いってことですね!^^

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

広告代理店勤務。引きこもりで副業ざんまいの会社員。
趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

特技なし・知識なし・経験なしでもOK!
『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』