モチベーションが下がる……維持できずに困る……そこに大きな勘違いがありました

Pocket

こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

昨日、またモチベーションについてご相談を受けました。

「モチベーションを維持するにはどうすればいいですか?」

今回はこのご質問についてお答えします。

この記事を読んで分かることモチベーションの維持について

みんなモチベーションで悩んでいる

 

ちょっと調べてみたら、今までにもモチベーションについては記事を書いていました。

 

モチベーションについて感情面からアプローチしてみました。

こちらは行動面からのアプローチです。

モチベーションが続かない?モチベーションで二度と困らない解決策をお教えします

 

ただ、昨日ご相談を受けた方と話していて、ハッと気づいたことがありました。

 

モチベーションが下がる瞬間

 

こちらの記事では、人間の感情は長続きしないから、放っておけばモチベーションは下がるのが当たり前、というお話しをしました。

モチベーションが続かない原因を検証したら驚くべき結果が!:続かせる方法はコレ!|モチベーションが続かない原因を検証したら驚くべき結果が!:続かせる方法はコレ!

ところがそれにもまして

モチベーションがドッと下がる瞬間がある

ということが分かりました。

 

それが

「自分、何やってんだろ? こんなことしてていいのかな?」

と思ったときですね。

 

昨日のご相談者さんがまさにその状況でした。

努力の先に結果が見えない

 

たとえばブログを毎日更新しているとします。しかしアフィリエイトリンクがまったくクリックされないのであれば、売上的にたいした額にならない。

 

また、Twitterを一生懸命にやっている場合でも、なぜかフォロワー数が伸びない。下手すりゃ減ったりしている……。

 

これって日々の努力の先に結果が見えないですよね。

そういうときって、あるときふと「こんなことでいいのかな……」と気が付き、モチベーションがどーっと下がりますよね。

 

目的は収入なのに

 

モチベーションがどーっと下がる理由。それは、すべての活動は収入のためにやっているのに、収入という結果で出てこないからです。

 

まあ、Adsenseタグを貼っているブログを運営している方はアクセスが増えればそれなりに増えていくでしょうけれど、

ブログに費やしている時間を考えて「これならコンビニでバイトしたほうがよっぽど稼げる!」と思ってしまったりすると……むなしくなりますよね。

 

現状は急には変えられない

 

昨日のご相談者さんはやはりブログを書いて副業にしようと考えている方だったのですが、

・会社の残業などで思うように時間がとれずにブログ更新がままならない

・よってブログのアクセスも増えたり減ったりの繰り返し

Adsenseもなかなか合格しないのでマネタイズがまったくできない。

 

などで、なんだかどちらを向いても希望が見えない感じでした^^;

すでにブログをスタートして4か月目に入っているのですが、むしろここへきて息切れしてしまったと言っていましたね。

 

しかしながら、会社の残業が多いことやAdsenseに合格しないことは、自分の意向ですぐに変えられることでもありません。ですから、何かをすることによって現状が一変する、ということは難しいでしょう。

 

よくある方法は……

 

モチベーションを回復させる方法というのはインターネットでちょっと調べればたくさん出てきます。

が、たいてい考え方や視点を変える、といったものが多いようです。

 

そもそもモチベーションが気持ちの問題ですから、それも当然のような気がしますが、本当にモチベーションが下がっているときには、気持ちを切り替える事自体がとてもむずかしいですよね。

 

マーケティングの常識から考えれば……

 

そこで、視点をガラリと変えることを提案しました。

 

つまり、マーケティングの一般常識からすると、何かをして成功することってほんとに確率が低いんです。

たとえばいろいろなプロジェクトをがんがん打ち出しているような会社でも、ひとつのプロジェクト成功の陰には99の失敗プロジェクトがあるーーなんてことは当たり前だったりします。

 

1%のプロジェクトが成功したらもう群を抜いてすばらしいんです。

じゃあ、その99のプロジェクトはムダなのかというと、そうではありません。失敗は『うまくいかないデータ』としてしっかりと蓄積されます。

エジソンのフィラメントの実験を例に出すまでもなく、『うまくいかないデータ』は貴重です。うまくいかないデータをきちんと蓄積すれば、最終的には『うまくいく』方法に近づいていきます。

 

そして……結果が出ないと嘆いているあなたの行動をよく観察してみてください。

たとえば昨日の相談者さんでも、ブログの記事数は少しずつですが増えています。それは方向性としては間違っていません

マーケティングの常識である1%の成功率から考えると、ぜんぜん失敗例ではないんですね。

 

改良改良また改良

 

たしか斎藤一人さんだったと思いますが、こんなことをおっしゃっています。

一回やってうまく行かなかったら改良する。しかも、最初から5回も6回もやるつもりで取かかること。

方向性が間違っていないと確信がもてたら、とりあえず何度も何度も改良してやり直してみろってことですよね。

「改良するのが社長の仕事」みたいなこともおっしゃっていたと思います。

 

つまり、モチベーション下げてる場合じゃなくて、改良したやり方を5つも6つも考えて、それを試してみろってことです。

 

昨日のご相談者さんの具体例でいえば、こんな感じでしょうか。

・残業が多いなら短時間でブログを書く方法を考える。

・Adsenseに合格しないならAdsenseについて徹底研究する。

・Adsenseに合格しないなら他のマネタイズ法を考える。
 

無理なことはそれほどないと思われます。

作業に感情は要らない

 

こういう言い方をしては元も子もないかもしれませんが、モチベーションを高めないとできない作業はそもそも継続がむずかしいでしょう。

 

モチベーション関係なくやる。あるいはやれることをやる。これが成功の秘訣のような気もします。

 

そのためには、ムダにモチベーションを上げることもしないほうがいいと僕は思います。

 

とくにインターネットビジネスは勢いでドーンと何かをやるよりも、細く長く継続したほうが結果が出やすいものです。

スタート時点から地味に長期間継続できるという見込みのうえで始めるのが吉だと思います。

 

まとめ

この記事のPOINT

◎ モチベーションがドーッと下がるときには「データを蓄積している」と考えること。

◎ 作業に感情は挟まない。

◎ ムダにモチベーションをあげない。