サラリーマンだからこそ給料3倍にできるワケ

Pocket

あなたはサラリーマンですか?

おめでとうございます。では、あなたは給料を3倍にできるでしょう!

……なんて言ったら

「なにふざけたこと言ってんだ? あ?」

って思うでしょうか。

 

いやいやマジメな話です。少しのあいだおつきあいください。

 

収入を上げようとして失敗する人をたくさん見ている

僕は広告会社に勤めていて、仕事柄マーケティングやWebマーケティングを研究しているのですが、

そこから派生して個人の方の起業支援をサポートする機会が多いです。

 

僕がお手伝いしなくても、セミナーや交流会で出会った人たちとLINEでつながったりしていますが……

当然のことながら失敗した人の話もよく耳にします

 

収入を上げようとして失敗する人の『失敗』とは?

副業、起業、独立……

手段はなんであれ、誰だって「今よりもっと収入をあげられないかな」と思うものです。

余談ですが、この気持って年収が何千万円になっても変わらないそうです。

 

で、サラリーマンだったらまず「なにか良い副業ないかな」と思うんでしょうけど、

ここで「会社勤めがイヤ」と思っている人は勢いあまって会社辞めてしまう人がけっこういます

まあ、本当は会社がイヤなんですけど、それを「収入をあげる」という大義名分にすりかえてしまっているのかもしれません。

 

で、とにかく収入の道がまったく途絶えた状態で新しい環境に飛び込んでいきます。

本人、テンションがめっちゃあがってるんでなんとなく大丈夫そうな気がしちゃうんですね。

 

しかし、やってみると全然大丈夫じゃない

 

そりゃそうです。新しい環境ですから、よく知らないことばかりです。手探りです。うまく行かないことのほうが多くて当然です。

 

で、一番困るのは生活費がなくなること

そしてここからは、人によってさまざまなドラマが展開するのですが(笑)

結局どうなるかというと、また雇われの身に戻る。

この、雇われの身に戻ることを僕は『失敗』と言わざるを得ないと考えます

 

『失敗』がなぜいけないのか

「人生に失敗なんてない」

「失敗したって、それを次の行動の糧にすればいいじゃないか」

 

たしかにその通りです。僕自身いろいろな仕事をしてきた人間なので、人生に失敗などないと思っています。

 

でも、この『再び雇われの身に戻る』というのがなぜイケナイのか。

それは、再び雇われの身に戻った人にはこんな傾向があるからです。

以前より収入額が下がった

それじゃ、なんのために会社を辞めたのか分からないですよね。でも、日本の社会ではありがちなことです。

以前より労働条件が悪くなった

以前はちゃんと正社員だったのに派遣にしかなれない。なんでだよ?と思いますが、日本の社会ではありがちなことです。

上司や同僚が年下で居心地が悪い

中途採用ですから、ありえます。本来べつに気にすることじゃないのかもしれないけれど、日本人は年齢にこだわるので。

自己イメージが下がる

会社で居心地が悪かったら、「オレ、なにやってんだ?」って感じになって毎日元気に出勤なんてムリ!ですよね。

 

大金を費やしてへんなビジネスに首突っ込まずに、はやめに気づいて安定収入に戻っただけマシじゃん、という考え方もあります。

たしかにその通りですが、一度「これはイヤだ」と飛び出していった世界に、またすごすごと戻っていくのはなかなかツラいものです。

 

とくに自己イメージが下がってしまった場合、残りの人生にずっと悪影響をもたらしかねません。

なので、『再び雇われの身に戻る』ことにはならないように気をつけていただきたいのです。

 

では、どうすればいいのか?

現在サラリーマンの方々に僕が言いたいことは、

会社を辞めずに、会社を最大限に利用して収入を3倍にしよう!

ということです。

 

月収100万にしたいとき、すでに会社の給料で30万もらえていればあとは70万なんとかすればいい。

会社辞めたら100万円をゼロから作らなくちゃいけない。単純な論理です。

 

「いや、ウチの会社はブラックだから、これ以上はムリ」

と、思っている人も多いでしょう。あるいは

「会社の人間関係にはもうウンザリ! 一日もはやく辞めたい」

という方もいるかもしれません。

 

しかし!

慌ててはいけません。

何事もタイミングは重要ですよね。

 

今すぐ会社を辞めないことをお勧めする理由1(僕の体験から)

僕はかつてブラック企業で働いていました。

で、心身ともに健康を崩して、いよいよもうだめだと思ったときに辞表を出して辞めました。

 

そのとき思ったことがあります。

辞表を出してみると、「あと◯日」と期限が区切られたせいか、会社勤めがラクになったんです。

朝の満員電車も仕事場のイヤな雰囲気も前と同じです。でも僕の気持ちだけが違った。

 

一同引き継ぎの関係から、『あとひと月で退職』としていたのですが、

「あと3ヶ月くらいイケるかも……」

と思ったんです。我ながらいい加減なヤツや笑

 

だからあなたにも言いたいんです。

会社に「辞めます」と告げるに、自分の中で『◯月◯日に辞めるぞ』と決めてみて欲しいんです。それだけで気持ちがラクになります。

そこで冷静になって戦略を練ります。もちろん収入を3倍にする戦略ですね。

目標額の3分の1(今の給料)はとりあえず死守です。残りの3分の2をどうやって稼ぐか。

 

イヤな上司がいる人はぜひ想像してみて

イヤな上司がいるために会社を辞めたいと考えているあなた、

もしあなたの収入が3倍になったとしたら、それってそのイヤな上司の給料よりだんぜん多くないですか?

 

もし、あなたが収入を3倍にしたら、キーキーわめく上司を見て「なんとあわれなやつよのぅ」という気持ちになれます!

上司に怒鳴られても全然凹みません笑 自分でも不思議なほどです。

会社を辞めるタイミングはあなたの心ひとつで決められます。

しかも、辞めたあとになんの心配もありません。すでにかつての給料の2倍は稼いでいますからね。

『失敗』もないし、雇われの身に戻ることもある(知人の紹介で)けれど自己イメージが下がることもありません。

 

今すぐ会社を辞めないことをお勧めする理由2(たくさんの人を見てきて)

僕はこの数年間、広告会社に勤めていました。

そこで、Webマーケティングなどを担当していたために、個人の方の起業支援などにも首を突っ込んできました。

さらには株式投資関連の会社のマーケティングのお手伝いを数年して来た経験があります。

 

その経験上、数百人もの人たちを見て知ったことは、

経済的にひっぱくしている人は成功しにくい

ということです。

 

起業でも投資でも「これで一発当てたい」と思っている人は、まずその通りにできません。

むしろどんどん悪い方へ寄っていってしまいます。

 

起業なら、自分のレベルに合わない高額塾に入ってしまったり、

投資なら、ひとつの銘柄に集中投資してしまったり、

焦りすぎなんです。

 

理由は、お尻に火がついているから。平たく言えば、カネがない。

『◯月までに月収100万にならないとまずい!』って、え!それあとふた月しかないじゃん!

みたいな人が多いです。

 

そんな状況や精神状態でビジネスを成功させられるほうが不思議。

何度も経験しているならともかく、初めてトライするのにね。

 

よって僕は人にアドバイスするとき、計画を立てること、戦略を練ることをめっちゃ重要視してもらいます。

いきあたりばったりは絶対良くないですよ。

 

あなたも収入をあげることを考えているなら、そこを慎重に考えてみてくださいね!