【やってみた編】コンビニバイト(週末居酒屋・ドンキ店員)

コンビニバイトの実態

Pocket

こんにちは、ひきこもりビジネスマンのゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

僕はつねづね、会社員の副業はブログがベスト!

と言っていますが、 一般的に副業と考えたときに、一番先に思いつくのは週末バイトではないでしょうか? 

「コンビニバイトってどうなの?」 「ほんとは稼げるんじゃないの?」 という疑問をお持ちの方のために、僕の経験談をお話しします^^

この記事を読んで分かること会社員にとってコンビニバイトは良い副業か?

  今回はコンビニバイトについてお話ししますが、週末や夜間に居酒屋やドンキでバイトするのも、だいたい同じ感じだったなーと思っています。 (僕、じつはバイトやりまくっていた時期がるので笑)

メリット1 すぐに職を得られる

  ちょっと気をつけて街を歩けば『スタッフ募集』の貼り紙はすぐに見つかるでしょう。コンビニ多いですから。

なので、すぐに職を得ることができます。  

 

メリット2 すぐお金になる

  お給料というのはたいていそうですが、翌月くらいからはお給料が入ってくるわけで、すぐにおカネになります。  

僕が最初にコンビニバイトをしたときも、 結構差し迫っていたために、ほかに選択肢がない感じでした。

とりあえずもっと収入ないとやばい!って事態ですね。

で、すぐに収入を得ることができました。  

もし仮に、最初に採用された店で希望する日数働かせてもらえないとしても(シフトの関係で)、他のコンビニ店はごまんとあります。 僕の知り合いにも2店舗のコンビニをかけもちバイトしている人は結構いました。  

このように、経済的に緊急事態の人にとっては手っ取り早くお金になるということでとてもありがたい存在です。  

 

デメリット1 収入が増えていかない

これは、今僕がインターネットビジネスをやっているから、そんなふうに言うのかもしれません。

実際、コンビニバイトをしているときには考えていませんでした。  

何を言いたいかと言うと、 コンビニバイトでは、たとえば時給1200円で働いていたらずっと1200円なんです。かなり長期に働いたら1260円になるかな……みたいなそんな感じ。  

「あたりまえだろ!」 という声が聞こえてきそうですが、今の僕の常識からするとありえないです笑 僕の仕事のスキルが上がってもあまり時給には反映されないんですよね。  

 

デメリット2 仕事がむずい

  スキルが上がって……で思い出しましたが、コンビニの仕事って覚えることが非常に多いです。 

案外、コンビニバイトできない、という方もいるようです。 新人だからといってずっと棚に商品を並べているなんてことさせてくれません。 いきなりレジを使いこなせなければいけない。 研修期間は形ばかりあるようですが、実際のお客さんを相手にしてるからやはり重大なミスは許されません。  

加えて、かなり慣れてきてからも結構大変なのが、新しいサービスがどんどんコンビニに導入されること。  

宅配便・ゆうパックの発送 ネット通販商品の支払い・受け取り コンサートチケットの予約・購入・発券・払い戻し ケーキ、お中元、お歳暮など季節もの食品の予約・受け取り 公共料金の支払い 宝くじ、totoの購入 などなど…… ちょっと考えるだけでもこれくらい多種多様なサービスがコンビニで受けられます。  

受ける側ならうれしいけど、提供する側は必要書類や手順を覚えるのがめちゃ大変です。  

仕事をひとつひとつ覚えて、できるようになることは正直なところ最初はうれしかったものです。  

しかし、あるとき気付きました。

このスキル、ほかに活かせるところはあるのか?   一生コンビニで働くなら、再就職のときも他社のコンビニでも採用されやすい、などのメリットがあるかもしれませんが……笑  

 

気付かないデメリット

  コンビニバイトでスキルアップしても、一生という視点のなかではどれだけ役に立つのか? ということに気付いてしまった僕ですが、  

その頃からコンビニバイトを客観視するようになったためか、もっとよろしくないことに気付いてしまったのでした。  

それは、 メンタルがやられる ということでした。  

ちょっと郊外の都市部のコンビニで働いたことがある方はご存知かもしれませんが、 コンビニには憂さ晴らしをしにくる老害客がいます。老人じゃない場合もありますが。  

そういう客はちょっとしたことでどなったりごねたりするわけです。  

そういう人たちの正しい対応方法を知らないと自分のメンタルがやられます。

そして正直なところ、そういう人たちの正しい対応をコンビニ経営者側は知りません。当然かもしれませんが……。  

なので、老害客の攻撃をまともに受けていると知らないうちに自分のメンタルに害を受けてしまう可能性があるのです。  

少し専門的な表現で言うと、『自尊心が低下する』という状態になります。つまり、自分が悪いというよりもコンビニバイトという立場であるために、人から怒鳴られたりするのですが、「自分がつまらない人間だから、とるに足らない人間だから」と思ってしまうんですね。無意識のうちにそうなるケースもあります。  

僕は「なんで僕はこのおじいさんにガミガミ言われてるんだ? そうか、コンビニでバイトしてるからだ!」と気づいて、コンビニバイト辞めました^^  

 

一番明確なデメリット

  これは実際やってみればすぐに分かります。 疲れる、ということです。  

たとえばざっくりと時給1,000円で土日8時間働いたとします。 月に8時間 x 8日間で64,000円 手取りにしたら5万円ちょっとでしょう。  

この5万円に満足するか安すぎると思うか、です。  

僕は毎日決まった時間に決まった場所に『行かなくてはいけない』とされるのがとても苦痛なので、コンビニバイト辞められてよかったです。  

 

会社員が副業でやるコンビニバイトのメリットとデメリット

  というわけでコンビニバイトのまとめです。 夜間に居酒屋やドンキでバイトするのも、僕のなかではだいたい同じ感じです。    

コンビニバイトのメリットとデメリット

メリット ◎すぐに仕事をゲットできる ◎すぐに収入が入ってくる   デメリット ◎長年働いても収入はあまり増えない ◎仕事がむずい ◎疲れる ◎店の環境が悪いとメンタルやられる

というわけでコンビニバイトは カネに困って追い詰められたときだけにやるべし、ですね。   僕ら会社員は、まずは会社から安定的生活費をゲットしているのですから、 もっと大きな収入のために仕掛けていきたいですね!  

この記事を書いた人

ゆーいちろう
引きこもりで広告会社に勤務してます。メール、LINE@、ブログのアフィリで副業ざんまい。趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』noteにて公開中!