【ブログ初心者向け!】SEOに反応するブログタイトル14個のキーワードポイント!

Pocket

「ブログの記事タイトルってどうやってつければいいの?
キーワードが重要っていうことは分かるんだけど、具体的にkwsk教えて!」

 

 

こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

いやー、分かります。迷いますよね。

今日はブログ記事タイトルの付け方について深掘りしてみましょう。

というのは、あとでまたくわしく解説しますが、これって広告業界では当たり前の知識が多いに関係してるんです。

この記事を読んで分かることブログ記事タイトルの適切な付け方

 

初心者が犯しがちな間違いをおさらい

まず、初心者が犯しがちな間違いについて軽くまとめてみました。

  • 長すぎる
  • 短すぎる
  • 伏せ字が多すぎる
  • 煽りがキツい

昔は『ブログの書き方』みたいなタイトルでもアクセスが来た時代があったようです(シンプルでわかりやすかった)。

しかし、昨今はブログの数が爆発的に増えていますから、これだけでは強豪に埋もれてしまいますし、ほかのブログ記事にくらべて「漠然として分かりにくい」という評価を受けてしまうでしょう。

とはいえ、あまりどうこう言ってもはじまりませんし、うまくはまれば伏せ字も効果がある場合もあります。

だから「何文字からが『多すぎ』なのか?」という疑問はあまり意味がないわけです。

それよりもこれから良い記事タイトル例を出していきますので、そちらに沿って記事タイトルの付け方を考えてみていただければいいかな、と思います。

ブログ記事タイトルは広告のキャッチコピーと同じ

あ、もうひとつ前置きを言わせてください。

 

良いブログの記事タイトルの条件というのは、良い広告キャッチフレーズの条件とじつはほぼ同じです。

良いキャッチフレーズは次の文、あるいは広告本文を読ませるためのものです。

良いブログの記事タイトルは記事本文を読ませるためのものですね。

『次へ』というアクションを、読んだ人にとってもらうという、人を動かす文章になるわけです。

キャッチフレーズ?キャッチコピー?知っていればメリットしかないですよ! 「身に付けないとマズい!」一般会社員ほどコピーライティングを身に付けなきゃヤバい理由!

読まれるブログ記事タイトルの付け方

では早速読まれるブログ記事についてお話ししますね。まずは一覧です。

  • 読者のメリットがひと目で分かる
  • 記事内容を具体的にイメージさせる
  • 記事内容と一致している
  • ひどい釣りはしない
  • 多すぎる伏せ字は逆効果
  • 疑問文をうまく使う
  • 数字を入れる
  • 実践が簡単、と思わせる
  • 読み手が使う言葉で書く
  • 読み手が使う言葉で悩みを指摘する
  • 今スグ読まないと損、と思わせる
  • 記号を駆使する
  • ターゲットを明示する
  • 情報を絞る

では、細かく解説していきます。

記事タイトルに読者のメリットを入れる

読者は自分の役に立つ記事を探しています。

これってじつはつい忘れてしまうんですよね、発信している人って。

自分が言いたいことを言ってしまう傾向があるんですよね。言いたいことがあるだけに。

僕もつねに自問自答しています。「これって読者さんに役立つ記事なのかな」って。

記事タイトルに記事内容を具体的にイメージさせる言葉を入れる

繰り返しますが、読者は自分の役に立つ記事を探しています。

具体的に「あ、これを探していたんだよ」という記事ならクリックして読み進みます。

とくにアフィリエイトをしている場合などは、読者が検索して求めているものをドンピシャで提供しないと嫌われてしまうんじゃないでしょうか……。

記事タイトルと記事内容が一致している

これは読者も見ているし、Google先生も見ていますからね、一致しているように書くことをオススメします。

一致しないときってどういうときかというと、記事を見てもらおうとするあまりに記事内にない言葉を入れてしまうケースじゃないでしょうか。

分かりやすい例が、芸能人に関するブログで

『◯◯◯◯(人気女性アイドルとかの名前)、出身は? 彼氏は? 結婚は?』

みたいな記事書いているブログありますよね。

「え? ◯◯さんって結婚間近なの?」と思って読むと『彼氏もいないみたいなので結婚もしばらくはないでしょうね』とか書いていて「ふざけんな!」と笑

もうそのブログ全体の信頼性が激落ちです(まあ、そういうブログって全体的にそんな記事ばかりなのですが)

記事タイトルでひどい釣りはしない

はい、これも同じですね。釣りや思わせぶりな記事タイトルは「ふざけんな!」と思われるだけです笑

記事タイトルで多すぎる伏せ字は逆効果

これは案外悪意がなくてもナゾナゾを出す感覚でやってしまう方がいるんです。

しかし、人の心理として、興味もないし答える気もないことでナゾナゾ出してくるやつってうっとうしいだけです。

伏せ字は適度に使いましょう^_^

記事タイトルに疑問文をうまく使う

自分の例で恐縮ですが、僕はこの記事で疑問文を使っています。

12個ある 会社員のまま副業するメリットえっ!12個もあるの!?サラリーマンのまま副業するメリット!

『サラリーマンのまま副業するメリット12』ではなく『えっ!12個もあるの!?サラリーマンのまま副業するメリット!』としたからでしょうか、多くの方にご興味をもっていただけているようです^_^

記事タイトルに数字を入れる

こちらのブログでも数字を入れる効果について書きました。なんとお釈迦さまの昔からされているとか笑

ブログタイトルの重要ポイントは◯個と決まってる!その意外な理由とは?

記事タイトルで「実践が簡単」と思わせる

先ほど、具体的な内容をイメージさせるように、とお話ししましたが、さらに一歩進んで「実践が簡単そう」と思って貰えると確実に読んでもらえると思います。

たとえば僕は祖母の家(戸建て)の簡単なリフォームとかするんですが、【図解入り】とか【画像入り】とか【動画あり】と書かれていると見ちゃいます笑

記事タイトルを読み手が使う言葉で書く

これは僕のマーケティングの師匠が強く言っていることなんですが、誰でも勉強をするに従って専門用語を当たり前に使うようになっていきます。
そして、たいていの場合、自分が勉強をした分野の初心者に向けてビジネスをすることが多いですよね。

いったい誰に向けて発信しているの?ブログにおける【ターゲティング】の重要性

ところが初心者だった頃のことを忘れて一部の人しか使わない専門用語で話たりすると嫌味な感じがしますし、そもそもその言葉では検索されない、という問題があるわけです笑

記事タイトルで読み手が使う言葉で悩みを指摘する

これも、僕のマーケティング師匠に言われたこと。
お客さんの悩みを明確に的確に指摘できたら、一発で信頼してもらえる

コピーライティングの師匠からも似たようなことを言われました。

1サイトで2億円稼ぐコピーライターから教えてもらった「人を動かす文章の書き方」を教えるよ

記事タイトルに「今スグ読まないと損」と思わせる

マーケティング、コピーライティングでは『いますぐ行動してもらう』ということをとても重視します。

なぜなら、人は忘れてしまうからです。

どんなに「このブログ、すげー!」と思われたとしても、「残りの記事はまた今度ゆっくり読もう」と思われたら、その『また今度』は永遠にやってこないか、半年後くらいか……です。

記事タイトルに記号を駆使する

単純に目を引くためです。Twitterでも同じ効果があります。

【 】とか★や◆で囲むとか、ですね。

記事タイトルにターゲットを明示する

『初心者必見!』とか『ブログで稼ぎたい方へ』とか書いちゃう方式です。

不思議と『初心者』と書いても初心者じゃない人がくるケースもあります。ただ、そこで販売している商品が初心者向けだったら記事アクセスはあっても売れない可能性は残ります。

記事タイトルの情報を絞る

記事タイトルは30文字前後が適切と言われています(どこで表示されるのを重視するかによって微妙に違う)。

それくらいしか文字数ないのに、関連のないワードがいくつも入っていたらちょっと手を出す気になりません。
これは記事内容にも通じるのですが、ひとつの記事でひとつのサブジェクトが良いようです。

さいごに

さて、

僕はすべてのサラリーマンがブログ副業で自由な働き方とお金を手に入れることを提唱しています。

ブログ記事タイトルの付け方をまとめてみましたが、

ブログは読者のために書いている

という視点をもてば、全部当たり前のこと、ちょっと考えれば分かることばかりです。

ブログでの副業は安心、安全、確実にスキルアップ・収入アップにつながります。

その方法をロードマップとしてこちらの記事でご紹介しています。

好きなこと書きたいことを書いてアクセスを集める方法好きなこと書きたいことを書いてアクセスを集める方法:検索上位に表示させる書き方