「好きなことで食べていく」はできるのか?:会社員こそ好きなことで食べていこう

Pocket

「好きなことで食べていく」
「好きを仕事に」
「好きなことだけやる」

そんなことをモットーに掲げたり、その方法を教えたりしている人は非常に多いです。

あなたは「好きなことで食べていく」のに、ちょっとあこがれているサラリーマンですか?

そうであれば、ぜひこの記事を読んでおいてください。

働いている人の8割は雇用されている

総務省統計局の調査によれば、日本の有業者(働いている人)の8割は雇用されているそうです。

雇用されている、とはつまり、他人がやっているビジネスのお手伝いをしているわけです。それでお金をもらっているので、その仕事自体が好きかどうかはまた別問題。

 

というか、就活のときのことを考えれば分かりますが、就活生は「サラリーマンが好きだからサラリーマンになる」というのとは違いますよね。「みんなサラリーマンになっているから自分もサラリーマンを選んでいる」というのが事実です。

 

では雇用されていない2割の人はどうでしょうか。

その人だちは『好きなことで食べている』?

細かく見ていくと、まず稼業を継いでいる人は、そうとは言えないでしょう。

僕は小学校の同級生に、お父さんが能楽師ってやつがいましたがなかなか大変そうでした(めっちゃ極端な例ですが笑)。

そうでない人も、働き方としてはサラリーマンとあまり変わらなかったりするかもしれません。

つまり僕が苦手な、決まった時間に決まった場所にいなくてはいけない、という働き方です。

 

みんな『働き方』を選んでいるわけではない

なにが言いたいかというと

みんな最初は『働き方』を選んでいるわけではない、ということです。

就活のときは、狙いたい企業の業界とかを選びましたが、『サラリーマン』という働き方一択でした。

わりとフリーランスの人が多いグラフィックデザイナーとかWebデザイナーなど(すいません僕の周囲にいる人たちなので)も、最初はどこかに雇われたいと思うものではないでしょうか。

 

そして、雇われているうちに「自分はこの仕事に向いていないかもしれない」と思ったりするわけです。

『この仕事』と思っていますが、実際は『この仕事の働き方』かもしれないことに気づいている人ってどれくらいいるでしょうか。

『この仕事の働き方』が合わない場合、転職しても問題は解決しません。

 

「好きなことで食べていく」生活へのあこがれ

僕自身、サラリーマンも経験があるので分かりますが、サラリーマンってストレスたまります。

「好きでこんなことしてるんじゃねーよ」

って思うことがたくさんあるんです。
しかも毎日。

でも、生きていくためには仕方ない、生活費払うためには仕方ない、と思って仕事しているわけです。

 

ちょっと話がそれるようですが、
あなたは『会社』とか『仕事』という言葉を一日に何度くらい使いますか?

口に出さなくても、頭の中で『会社』とか『仕事』という言葉を日に何度も使っているのではありませんか?

さて、そこでさらに、『会社』とか『仕事』という言葉にどんなイメージがついていますか? どんな言葉を連想しますか?

もしかしたら
『いやなもの』『やらなくてはならないもの』『つらい』『おっくう』『つまらない』なんていうイメージがついていませんか?

場合によっては『ストレス』『辞めたい』『転職したい』などという言葉をつねに連想したり……。

 

僕のブラック企業時代のお話をすれば、僕は毎週日曜日、夜になると

「あぁ、明日は仕事だ」

と思っていました。

これ、元気ハツラツで同じセリフを思い浮かべることもできるんですよね。

 

しかし僕は『この世はもう終わりだ』みたいな気持ちで毎週この言葉を思っていました。

仕事=地獄
だったんです。

 

当時の僕は口には出しませんでしたが「好きなことで食べていけたらいいのになぁ」と思っていました。

あなたも今、そうではありませんか?

だからこのブログに来てくださったんですよね。

 

本当に、好きなことで食べていくのは可能なのか?

ひとつだけ警告したいことがあります。

世の中には、今あなたが想像している『好きなこと』だけで食べていく職業はありません。

つまり、『好きなこと=自分の趣味』『好きなこと=ラクなこと』みたいな職業ってことです。

 

どんな仕事でもめんどくさい作業や難しい手続きがついてきます。

フリーランスになったら税金の申告を自分でやらなければいけないことを考えれば、ここは容易に想像してもらえると思います。

 

現代は「好きなことで食べていく」ことができる時代

サラリーマンの多くが「好きなことで食べていければいいなぁ。でもそんなことは無理か」と思っている。

でも、事実は違います。
僕自身の経験と、周囲の方たちを見ても、「好きなことで食べていく」ことは可能です。

『好きなこと』の解釈が違うんですね。働き方を選ぶなら、いくらでも自分に合った働き方をすることができます。

 

そして、現代は非常にそれがやりやすい時代です。

「好きなことで食べていければいいなぁ。でもそんなことは無理か」と考えている人は、ひと昔前の常識で判断している人です。

いまはさまざまなことが変わっています。そして日々、変わっていっています。

「好きなことで食べていく」ことは誰にとっても可能なのです。