なにかと否定してくる上司を納得させるのが超ムズい理由は一慣性の法則で説明できる

Pocket

こんにちは、引きこもりビジネスマンのゆーいちろう(@free30303)です。今日も、あなたが、組織や国に頼らず生きていくチカラを身に付ける方法について書いていますよ!

ゆーいちろう

先日、友だちと出かけたんですが、こんなことをやりとりがありました。

友「いやもう、あの課長だめだわ。なにかとオレの提案を否定してくる……3日かけて作った企画書、ひとことで突っ返された……」

ゆ「えー、マジで? そんな上司いるんだ……」

なにかと否定してくる上司はとてもうっとうしいものですが、グチを言うだけでは発展性がないので『なにかと否定してくる上司』でビジネスのお勉強をしちゃいました。

その内容をシェアしますね!

この記事を読んで分かることなにかと否定してくる上司を納得させるのは超ムズい理由
 

人間関係は最初に決まる

 

人と人との関係は、最初の印象で決まってしまい、その後にそれを覆すことはなかなかむずかしいといいます。

営業職の方などは、『印象は3秒で決まる』などという言葉を聞いたことがあるのではないかと思います。

 

同じ部署内の人間で立場の上下があっても、同じです。

上司に、最初の印象で「こいつはデキる」と思われたら、その後の仕事のやりとりもスムーズにいく可能性は大ですよね。

 

僕の友人は部署を異動してまだ数ヶ月なんですが、やはり異動直後にすこし評価に響くようなことをやってしまい、最初から課長との折り合いが悪かったとか。

そのため、書類作成でも提案でもなにをやってもいったん課長のところで差し戻されてしまうそうです。

 

慣性の法則って学校で習いましたよね

 

ちょっと話がそれますが……僕みたいに理系じゃなくてもたしか中学で『慣性の法則』って習いましたよね。

外から力が作用しなければ,物体は静止または等速度運動を続けるという法則。

コトバンク

外から力が作用しなければ、静止している物体は動きません。これは当たり前。

しかし、動いている物体も外から力が作用しなければ、そのまま等速度運動を続けるというものです。

 

で、この法則がじつは人間関係や、人の行動にも当てはまるんですね。

 

人の行動における慣性の法則

 

人の行動に関しては『慣性の法則』とは言わず、『一貫性の法則』と言います。

「一貫した態度をとる」などの『一貫』ですね。

 

『一貫性の法則』は物における『慣性の法則』ととってもよく似ています。

最初の態度がずーっと続くというものです。

 

人が行動していないときに腰をあげるのはまあまあめんどくさいことですが笑

行動しているときにも方向転換ができずにそのまま惰性でずーっと行ってしまうという傾向があります。

 

たとえば「会社辞める」とか「転職する」と仲間内には言うけれど、上司にはっきり言わない人ってたまにいますよね。職場を辞めるには大きなエネルギーが必要ですから、なかなか踏ん切りがつかないわけです。

 

また、ビジネスやマーケティングでよく例として出されるのが、

自家用車を購入したときに、デフォルトでついてないナビだのルーフキャリアだのバケットシートだのを、ローンを組む前にじょうずに勧められるとつい付け足しちゃうーーっていう現象ですね。

 

こうやって販売する手法や販売する商品を『アドオン』というのですが、これも購入者が『買う』という一貫した態度をとっていることを利用しています。

 

人に対する態度も急には変えられない

 

これは物に対する行動だけでなく、人に対する行動についても同じことが言えます。

 

僕の友人の上司の課長さんは、僕の友人に対して否定的な態度をとることが通例となってしまっているのでしょう。

ですから、友人がなにを提案しても提出しても、課長さんは無意識のうちに「こいつの提出物は信用ならない」といったような認識があって、

ちょっとでも引っかかるところがあると「やっぱり!!」となるんだと思います。

 

以前のブログにも書きましたが、人は先入観をもって何かを見ると、かならずその要素を探し出します。

あなたはブロガーとして成功できる?できない?自己診断 【簡単自己診断】あなたはブログ副業で成功する?しない?今すぐ分かる方法があります

つまり、課長さんは最初から友人の作成資料の粗を見つけようとしているわけですね。

 

この人間関係を覆すのはけっこうむずかしいです。

 

一貫性の法則はブログビジネスにも応用可能

 

さて、先ほども一貫性の法則はビジネスに活用されているというお話しをしました。

ということは、僕らのブログ運営にも活用できるということです。

まず、第一印象が大事。

ここで「おお、面白いブログだ!」と思ってもらえば、他の記事を次々と読んでもらうことは思った以上に可能性大、ということです^^

 

『一貫性の法則』は一番最初に載っている

 

ジョセフ・シュガーマンという方の『シュガーマンのマーケティング30の法則』という本があります。

ジョセフ・シュガーマンは伝説のコピーライターで、上記の書籍は『お客さんがモノを買ってしまう心理的トリガー』について書かれています。

その一番最初に、今日お話しした『一貫性の法則』が載っていますから、これはまさに『心理トリガー』として強力なものだと思われます^^

この記事を書いた人

ゆーいちろう

広告代理店勤務。引きこもりで副業ざんまいの会社員。
趣味はYouTube動画を見ること(マーケティング、心理学、ゲーム実況)

特技なし・知識なし・経験なしでもOK!
『初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!』