時間が足りない!時間の使い方がヘタ!?そんなあなたにどうしても伝えたい5つの解決法!

Pocket

あっという間に時間が過ぎてしまう……
何もしないうちに今日も終わってしまった……

そんなふうに思うこと、最近多くないですか?

 

こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

僕のところに相談に見える方でも圧倒的にみなさんが困っていることが時間がないということです。

みなさん、なにかと忙しいんですねー。

この記事を読んで分かること「時間があっという間に過ぎてしまう」という問題を解決する方法

 

時間は取り戻せない

誰でも知っていることですが、誰にとっても1日は24時間です。

そして時間は貯めておくことができません。買い戻すこともできません。

ですから人によっては「時間はお金より大事。お金持ちより時間持ちになろう!」という方がいらっしゃいますよね。

僕は決められた時間に、意味なく決められたことをするのがとっても苦痛です。

代表的なものが、会社に定時に出勤する、ですね笑

朝から電車で大口開けて居眠りしているスーツ姿の男性を見ると「だらしねーなー」と思う反面、「ツラい人生だね」と同情してしまいます笑

そんなふうに家畜のように過ごしてしまった時間は取り戻せないのです。

ネット上に見られる意見、アイデア、提案

ネットでちょっと調べてみると、やはり時間の使い方の3大解決策は以下のとおりでした。

  1. 優先順位
  2. スケジュール管理
  3. スキマ時間

ほかにもありましたので、詳しく説明していきますね。

優先順位をつける

やらなければいけない物事に優先順位をつけましょう。

そして重要なことから片付けていきます。

些末なことは今日できなくても大丈夫。あるいは明日には、やらなくてもいいことになっているかもしれません。

スケジュール管理

『億万長者メーカー』と異名をとるアメリカの超有名コンサルタント、ダン・ケネディ氏は朝起きたらまず数時間かけてその日にやることのスケジュールを組むそうです。

僕がこの話を聞いたのは数年前ですから、今もそうかどうかは分からないのですが、超有名企業のCEOみたいな方は、早起きの方が多いです。

何かで読んだのですが、人は起床後3時間目くらいがもっとも頭が働くそうです。

なので、早起きしてスケジュールを組む方はそのタイミングで頭を使うようにしているんじゃないでしょうか。

スキマ時間活用

『人は起床後3時間目くらいがもっとも頭が働く』という話を知人にしたら、長距離通勤をしている彼は
「起床後3時間目って僕はまだ電車のなかじゃん、仕事に活かせてないじゃん、終わってるじゃん」
と言っていましたが、3時間目に意欲的にその日の活動計画を練るようにすればいいんじゃない?と提案したところ、通勤電車のなかでその日のスケジュールを組むようにしたそうです。

企業のCEOだのコンサルタントだのは自分で自分の仕事を決めなくてはいけないので、毎朝何時間もかけてスケジュールの組み立てをしてもいいかもしれませんが、サラリーマンは出勤すれば仕事が待っているので、そこまで時間をかけなくてもいいかな、と思います笑

時間の使い方の棚卸し

これはなかなか実行が難しいのですが、やってしまうと超便利だったりします。

つまり、自分が毎日どのような仕事に何時間(何分)かけているかをすべて洗い出します。

たとえば出勤のための身支度に何分、朝食に何分、夕食に何分、風呂に何分、ブログ1記事書くのに何分……といった感じです。ほかにも自炊している方は料理に何分、食べるのに何分、皿洗いに何分ととにかく細かく計測していきます。

Excelかスプレッドシートに何かを始めたら始めた時間、終了したら終了した時間を記録していくといいかもしれません。

これをやると何が良いかというと、新しい仕事に取り掛かるときもどれくらいの時間で完了するか見通しが立つことです。

タスクシュート

時間を計測したらタスクシュートを使うといいですね。詳細は上記のリンクからいろいろと読んでいただくのがいいかと思います。

熱狂的に推薦している方が多いタスク管理です。

パターン化する

パターン化して行動を効率化すれば良い、というアイデアがありました。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、説明としては、バイトの新人は何をするにでも時間がかかるけど、慣れている人は短時間でできる。行動をパターン化して時間短縮をはかろう!というものでした。

ピンとくる方は試してみてください。

情報は溢れているのにできない

じつは『時間 使い方』で検索したが5億8百万件もヒットしました笑

なんという膨大な数。

それだけ時間の使い方に問題を抱えている人が多いということですね。需要がなければウェブページは作られませんので。

世に出ているアイデアは似たり寄ったり

しかも上位のサイトをいくつか見てみましがた、書いていることはほぼ似通っています。

3大解決策はこれなんです。

  1. 優先順位
  2. スケジュール管理
  3. スキマ時間

 

それでもできない理由がある

しかしですね、優先順位ってとても決めにくいのです。

そもそも『やりたいことをやるのか、やるべきことをやるのか』というのって人生の重大問題ですが、それがここにも出てきます。

やりたいことを優先していいのか、やるべきことを優先すべきなのか、誰もが日々その葛藤のなかで生きているといっても過言ではないんでしょう。

『成功するのって簡単だよ。成功するような行動をすればいいんだ』

というような、無責任なアドバイスにもとれます。「たしかにそれはそうなんだけどでも……」ってなりますよね。そこの実行が難しいわけです。

スケジュール管理も似たようなもので自分の自由時間の使い方にしても、やはりいろいろなしがらみで思ったように行動できない方も多いようです。

 

サラリーマンには酷?

さらにスキマ時間ですが、少なくとも僕の知り合いでスキマ時間を活用できている方って案外自分の自由になる時間が多い方だったりします。そういう方は車で移動中に勉強のテープを聞いたり、風呂に入るときはかならず語学の勉強をしたり、とかなり意欲的に使っている方が多い気がします。

ところが、普通のサラリーマンではそもそも毎日忙しくて時間に追いまくられて疲れています。通勤時間や仕事で待つことを余儀なくされたようなスキマ時間でサッと気分を切り替えてほかのことをできる人は少ないように思うのです。

だからサラリーマンは疲れているので朝から大口開けて通勤電車で爆睡してしまうような人が多いんです。その時間にビジネスだの英会話だのを勉強しろと言うほうが酷というものです。

情報は溢れているのにできない

時間の使い方の3大解決策は分かりました。

  1. 優先順位
  2. スケジュール管理
  3. スキマ時間

が、同時に「それって前から知ってるよ」という感じもありますよね。僕も前から知っていたことばかりでした。

……なんて言ってる僕はじつは、現在はかなり自分の時間をうまく使えているという実感があります。

僕の解決策は上記の3大解決策とはまったく別ものです。3つの方法を試してみて、うまくいかなかった先に見つけた方法です。

もしかしたらあなたの役に立てるかもしれませんので、次の記事では僕がやっている方法について書いてみますね!

あ、僕は『あなたの時間を盗むタイムスティーラー』についても記事を書いています^_^

忙しい人はゼッタイに関わってはダメ!あなたの時間を奪うのは職場の◯◯!