サラリーマンの”稼げる副業”とは?実際に試した僕が高収入副業8種の実態を暴露します

サラリーマンの"稼げる副業"とは?

Pocket

新人ブロガーさん

会社を続けながらできる副業ってどんなものがあるんだろ?

体力的にしんどい夜間バイトとかイヤだし、怪しいバイトはもっとイヤだし……

そんな疑問にお答えします。

こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。 僕は現在ブログで月収300万円ほど稼いでいるのですが、以前はあらゆる副業をやりまくっていた時期があります

ゆーいちろう

 

この記事では

● サラリーマンができる高収入な副業を解説します

● 僕が実際に見聞きした情報をお伝えします

こんな方にオススメ!

● 副業をやってみたい会社員の方

● どうせやるなら高収入の副業を希望する方

● 副業選びで失敗したくない会社員の方

先に結論を言うと会社員でもできる高収入の副業はたくさんあります。

しかし、先に多額な資金や、労働力が必要なものもあります。

迂闊に始めて後悔しないように、この記事を読んでおいてくださいね。

ちょっと自己紹介

この記事を書いている僕、ゆーいちろう(@free30303)は、広告会社勤務の会社員、Webマーケッター。さまざまな副業をやりまくってきました。また、Webビジネスに関して多くの方のご相談に乗っています。

高収入の副業とは?

 

まずは『高収入を”得られそうな”副業』という視点でピックアップしてみましょう。

  • 株式投資・FX
  • 不動産投資
  • ブロガー・アフィリエイター
  • YouTuber
  • オークション・フリマ・転売・せどり
  • ネットショップ
  • MLM
  • 専門技能を活かした副業

こんな感じでしょうか。僕は3つをのぞいてすべて経験済みですね……^^

それぞれくわしく見ていきましょう。

 

株式投資・FX

株式投資は昔から会社員の副業としても認められてきました。

本業をじゃましないということが大きな理由でしょうか。

会社の上司が堂々と投資をしているのを見て「自分も!」と思う方は多いのではないでしょうか。

 

資金が必要

僕がやったのは国内株式ですが、そこで思い知ったのは、

まとまった資金がないと投資は意味がない

ということです。

少額で投資できるアプリやシステムがあるようですが、100万円運用して3%の利益なら3万円ですが、

1万円運用したら300円にしかなりません。

同じことをやって利益が少ないのでは、やっていて馬鹿らしくなりますよね。

 

勉強が必要

きちんと投資をするには、ある程度の勉強はどうしても必要です。

生半可な知識で飛び込んで大損をしてしまったら副収入どころではありません。

何年もかけて貯めた数百万円をあっというまに溶かしてしまう、なんてことは普通にあります。

 

投資信託という人に預けっぱなしの投資方法もありますが、そうなるとやはり増える割合は減ります。

さらに投資信託に入れた資金はそこにロックされてしまいます。

「いつでも換金できます」と投信側は言いますが、「時期的に」ということです。「今日売りたいから今日現金で手に入れる」ということはできません。

 

不動産投資

不動産投資も昔から会社員には認められていた副業ではないでしょうか。

これも本業をじゃましないからでしょうか。

というか、親の資産を相続しちゃう場合などもありますよね。

 

アパートなどをもっていたら働かないでも家賃収入が入ってきます。

そんなところから不動産物件を購入して副収入にしたい、と考える方は多いようです。

 

本当に良い情報は一般には出回らない

さすがに僕は不動産投資はやったことがありません。なので、他人から聞いた話です。

 

以前、不動産投資を希望しているという男性にお話を聞いたことがあります。

数年後に駅ができるという地区の物件を探しているとのことでした。

「ところが、良い物件がないんですよね、いくらインターネットで探しても……」

と言うのです。数年後に駅ができるという情報もネットから拾ってきているようなのです。

僕は思いました。
駅ができるという話はどこまで信憑性があるのかな?
仮に事実だと分かった時点でその話はかなり多くの人が知っているのだから、割安物件がネットで見つかるなんてことはないのでは?

 

良い情報を簡単に入手している人がいる

もう一例は、僕の知り合いの方でインターネットビジネスで成功した方の話です。

マレーシアと日本にそれぞれ家を持っている方なのですが、マレーシアの超優良物件を紹介されたので購入したとか……。

その話は知人から人を介してやってきた、と言ってました。

そこで僕は思いました。
本当に優良な情報はインターネットなんかに出回らないんだなぁ。
自分がそれにふさわしい財力をもてば良い話は向こうからやってくるんだなぁ。

これが僕が現在、自分から不動産投資で収入を作ろうとしない理由です^^;

 

ブロガー・アフィリエイター

『ブロガー』という名前は本来は『ブログを書く人』という意味でしかありません。

そして、もともと有名人でもない限り、なんの経済的メリットを起こさないブログを書く意味はありません。

一方、『アフィリエイター』という言葉は『アフィリエイトをする人』という意味です。

本来は、メルマガでアフィリエイトする人、SNSでアフィリエイトする人、などさまざまあったのですが、最近ではブログでアフィリエイトする人を指すことが多いようです。

というわけで、現在では『ブロガー』と『アフィリエイター』の意味が、かなり重なっているように思います。

 

ブロガーの収入は青天井

ブロガー(アフィリエイター)の収入は、多い方はかなり多いです。月100万円以上という方はざらにいますし、500万円、1000万円という方もいます。

これをひとりで回している方もいますし、

外注を依頼して自分の時間を確保し、悠々とビジネスしている方もいます。

 

Webマーケティングの勉強ができる

ブログで副収入を得る方法は、正直時間がかかります。

しかしそれだからこそ良いところがあります。

それはWebマーケティングの勉強ができることです。

これからの時代、会社の仕事だろうが個人のビジネスだろうがWebマーケティングの知識は重要です。

しかも知識だけでなく実践も必要です。

ブログ運営は、読者からの反応が直に受けられますので実践のフィードバックも得やすいのです。

 

YouTuber

少し前に『小学生が一番なりたい職業はYouTuber』と言われていましたが、今でもそうなんでしょうか?^^

しかし2019年から芸能人や著名人が続々とYouTubeに参入してきて、なかなかのレッドオーシャンぶりを見せています。

 

YouTubeがルールブック

もともと有名な人がYouTubeに参入してくるだけでなく、

YouTubeにはもともと致命的なデメリットがあります。

それは、YouTubeがルールブックで、しかも突然ルールが変わることがある、ということです。

動画が削除されたり、広告が剥がされたりします。

チャンネル登録者が何十万人いようとも、アカウントに何百個も動画があろうとも、一瞬で広告が剥がされたら収益はゼロになります。

 

ビジネスで最悪の数字は『1』

『億万長者メーカー』と言われたビジネスコンサルタントのダン・ケネディは「ビジネスで最悪の数字は『1』」と言いました。

1社から仕事をもらっている下請け会社をイメージすると、その言葉の意味が分かりますね。その会社から仕事が来なくなったら途端に経営危機です。

しかし、サラリーマンはそれと同じことをやっています。仕事の出どころが一箇所です。

また、YouTuberだけをやっていても、先ほどのようなルール変更で収入がゼロになる可能性もあります。

 

オークション・フリマ・転売・せどり

『オークション・フリマ・転売・せどり』は『Webで商品を売る』ということでひとまとめにしていますが、じつはかなり違います。

『オークション・フリマ』『転売・せどり』とに分けられます

 

初心者には向いている

まず『オークション・フリマ』ですが、

モノがあってそれを売るわけなので素人に向いている、といわれます。いつまでたっても収入がゼロ円ということはまずないですね。

僕も一番最初にWebでお金を稼いだのは、学生時代にヤフオクで不用品を売ったことです。

 

ただ、『オークション・フリマ』で稼ぐことが不用品販売と言われているのはそのとおりで、

難点は、不用品がなくなると売るものがなくなる、ということです。

そこで、売るものを積極的に求めると『転売・せどり』になります。

 

作業が多すぎ

じつは僕も学生時代にかなり転売をやっていました。

転売目的でやっていたというより、遊び終わったゲームソフトが邪魔になって、ネットに上げたら売れちゃった、という感じのスタートです。

大学の3年間、かなりやりましたが、今同じことができるかと言えば NO です。

というのも梱包・発送作業がかなりの手間だからです。あれは学生だからできるものであって社会人だと時間が取られすぎて死にます^^

気を使って梱包して、発送しても儲けは1件あたり数百円だと、ちょっと悲しいですよね^^

 

ネットショップ運営

ネットショップを開くこと自体は無料でできます。

楽天のように毎月何万円とかかるようなものではなく、個人が手芸品やオリジナルグッズを販売する”箱”としてのネットショップは

売れたときに商品価格の◯%が手数料

というシステムのところが多いので、安心してネットショップを開くことができますね。

 

仕入れ資金が必要

しかし、ネットショップの一番の短所は、仕入れにお金が必要だ、ということです。

ビジネスとして考えれば当たり前なんですが、副業として考えるとかなりの短所です。

コンビニバイトに行くときに初期投資なんて要りませんよね。

 

集客は自分でする

ショップの集客は自分でしなければなりません。

なのでSNSも活用して自分のショップにお客さんを誘導する工夫が必要です。

あるいはショップのアプリやモールであれば、その中で検索してもらえるかもしれませんが、それはそれで他ショップをしのぐ工夫が必要になります。

 

また、転売のところで「作業が大変」と言いましたがネットショップも同様です。

梱包と配送を業者さんに任せるという選択肢もありますが、それは利益が薄くなることを意味します。

 

大規模運営のライバル

利益が薄くなっても、大規模にやればそれなりに大きなビジネスになります。

つまり大規模に仕入れて、大規模に売っているという競合(ライバル)がいる可能性があるということです。

楽天やYahoo!ショッピングのようなモールじゃなくても、個人でも気合い入れてショップを運営している方はいます。

 

MLM

 

会社員でMLMをやる方は多いかもしれません。

あるMLMの幹部の方が「MLMは人材ビジネス」と言ってましたが、

そのために会社員や学生など、横の繋がりが多い方が上手にできる印象です。

 

時間と費用がかかる

対面で人をリクルートしていく場合、MLMは時間とコストがかなりかかります。

食事、飲み代、交通費、宿泊費というコストが毎月の支払いにプラスしてかかってきます。

 

Webでリクルート

そういうデメリットと対人のめんどくささを嫌う人を考慮してか、最近はWebで人を集めることが流行っているようです。

しかしそうなるとWebやITの知識が必要となります。

SNSで集めている場合はSNS集客のスキルが必要となります。

 

専門技能を活かした副業

これは、専門的な技能をもっている人だけができる、というものです。

なので、そういう方はすでにその副業をやっている可能性が高いと思いますのでここに書くのもどうかな、とも思います^^

しかし、同じような専門技能をもっている方が「そうか、副収入になるのか!」と気がつくヒントになるかもしれない、ということで書いてみます。

 

クラウドソーシングに登録

クラウドソーシングに登録して副業を得ることができます。

例をあげると以下のようなものですね。

  • 翻訳
  • 通訳
  • 司会者
  • イラスト
  • 作曲
  • 編曲
  • ミキシング
  • 動画編集

人脈から獲得

クラウドソーシングで売り込むのはちょっと難しいかも、という副業があります。

  • 週末だけのシンガー
  • 週末だけのピアニスト
  • カルチャーセンター講師(教養系、体操系など)
  • お教室の先生(手芸、洋裁など)

これらは人を介しているだけに、高額にできる場合とまったくならない場合があるので要注意ですね。

単なるボランティアにならないようにしましょう。

本業で忙しい僕らは、そもそも余分な時間なんてないんです^^

 

サラリーマンの高額副業

こうやってみると高額副業って結構あります。

ただ、自分の状況によって選ぶべきでしょう。

短期で稼げるもの、ハイリスク・ハイリターンなもの、

いろいろですので、しっかりと属性を把握して始めると良いですね。

会社員の高収入副業

 

◎ 株式投資・FX
◎ 不動産投資
◎ ブロガー・アフィリエイター
◎ YouTuber
◎ オークション・フリマ・転売・せどり
◎ ネットショップ
◎ MLM
◎ 専門技能を活かした副業

 

上記のなかでも比較的お金がかかってしまうのは以下の4つ。

経済的なリスクが高いもの

◎ 株式投資・FX
◎ 不動産投資
◎ MLM
◎ (大規模にやる)ネットショップ

 

時間をかけても儲からない場合もある、というのがこちら。

時間的なリスクが高いもの

◎ ブロガー・アフィリエイター
◎ YouTuber
◎ 転売・せどり
◎ ネットショップ

もちろん、一番のオススメはブログ運営です。

誰でもコツコツがんばれる人なら成功できるという再現性の高さが特徴です。

ブログで稼ぐ方法はこのブログの多くの記事でくわしく解説していますので、探してみてください^^