後悔する前にチェック!収入が安定している会社員が副業をやらなくちゃいけない5つのワケ。

Pocket

[word_balloon id=”9″ position=”L” size=”M” balloon=”line” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true” avatar_hide=”false” box_center=”false”]とりあえず今は生活できてるし、会社も潰れなさそうだし、副業副業って必死にならなくてもよさそうなんだけど……?[/word_balloon]

たしかにそう思ってしまう気持ちはわかります!
僕の周囲にも数年前までそう言ってた人、かなりいましたから。

こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。
僕は、いま生活が安定しているサラリーマンほど副業を始めたほうがいい、と常々言っているのですが、「なんで?」と思う方も多いかもしれません。

今日はそれについてしっかりご説明しましょう。

この記事を読んで分かること収入が安定している会社員が、それでも副業を始めたほうが良い理由

会社員が副業をやるべき理由1 定年まで会社は面倒みてくれない

まずはやや暗い理由から始めます。このあとどんどん明るくなりますから、少々おつきあいくださいね。

終身雇用、年功序列という制度が崩れました!とブログに書いたのはたしか2年ほど前だったと思いますが、今はさらに状態が悪くなっています。

45歳になったら『早期希望退職』というリストラにさらされるという記事を先日書きました。

就活でがんばって一流企業に入ったとしても20年くらいで会社から放り出される可能性は大きいのです。しかもこのとき人生はあと半分残っています。

さらに別の観点からお話します。先日、「最近は人間より会社の寿命のほうが短くなってしまった」というコメントを見つけて、本当にそうだなとしみじみ思いました。

昔は、父が勤めていた企業に息子も就職ーーなんて話は普通にあったと思いますが、今はどうでしょうか?

いま、GAFAと呼ばれている企業は一世代(30年前)はなかったと思います。では、企業が入れ替わっただけでGAFAは僕らの子どもの代まで存続するのでしょうか?

数年前、設立して5年継続する企業は全体の5%以下、などという統計結果がよく引き合いに出されました。

今安定して収入を得ている会社があなたの定年のときまで同じように存続している保証はどれくらいあるでしょうか。

 

会社員が副業をやるべき理由2 いつでも今の会社を辞められるから

これは今の職場に満足していない方の話だけではありません。いつ会社から理不尽な異動などを押し付けられるか分かりませんからね。

そうなってしまったときに「ここを辞めたらほかに行き場がない」「生活できなくなる」と思っていると心身ともに病んでしまうことになります。

僕はブラック企業にいて心も体も疲れ切ってしまいましたが、「辞めます」と社長に伝えたときから8割方ラクになりました。その後、引き継ぎのためなどに2か月半ほど通勤していましたが気持ちのもちようがまったく違いました。

今少しガマンしている方でも「いつでも辞めようと思えば辞められる」と思えば、ものすごく気がラクになります。

※そうやって今のツライ職場をガマンすべきという話ではありません!^^

 

会社員が副業をやるべき理由3 スキルが高まる

自分でインターネットを活用して副業する場合、必要となるスキルがあります。

それはSEOやコンテンツ制作、ライティングなどのスキルです。

これらのスキルは非常に将来性が高く、逆説的ですが企業でも必要とされるスキルです。

ところがこれらのスキルは企業に勤めている場合、専門にそれらを扱う部署にいない限り、身につけることができません。

僕の知り合いがかなり有名なIT企業に勤めていますが、営業マンは客先を回ることが多くパソコン苦手が人が多いとか。笑い話のようです。

パソコン苦手ということは自社商品にも詳しくないということですから、当然営業成績もそれなりです。

今現在、SEO、コンテンツ制作、ライティングと言われて「は? なにそれ?」という方でも大丈夫。

自分で副業をやるなかで知識と経験が積み重なっていきます。

だいぶ前、「日本では成果主義や能力主義は根付かないですよ。結局は日本人の思想に合わないですよ」という発言を見たことがあるのですが、成果主義、能力主義は経営者の思想次第でいくらでも変わります。雇用される側の日本人の思想は関係ないですね。

上司が年下、なんて昔の日本の会社ではありえなかったことなんでしょうが、今では普通です。

 

会社員が副業をやるべき理由4 副業をがんばったほうが収入の総額は増える

副業で収入を得たことがない人にはあまりイメージできないかもしれませんが、僕がよく言うのは

あなたのお給料を5万円上げるにはどれくらいの時間と労力が必要ですか?

ということです。

一般サラリーマンだったら5年から8年くらいはかかるのではないでしょうか。残業時間で稼ぐという方もいるようですが、残業時間は自分で調節しにくいですよね。逆に、仕事がないのに残業時間を水増ししているのだとしたら、「そんな人生でいいのか?」と僕なら思ってしまいます。

これが副業なら、最初の5万円はサクッと数時間で稼ぐことができます。

要するに物販ですね。

長期的に稼ぐなら僕はだんぜんブログをオススメしますが、最初は稼げないブログでさえ半年から一年で月5万円くらいには到達します。しかも、インターネットビジネスがすごいのは月5万円は単なる通過点でしかないということです。月5万円まで行ったらそこでキープ!なんてむしろできません。そのあともどんどん増えていきます。

月◯◯円で働くーーという契約をしている会社員には少しイメージしにくいかもしれませんね。

 

会社員が副業をやるべき理由5 自動化が可能

これは僕もまだまだ満足いくところまで到達していない領域ですが、インターネットビジネスは自分の手間をどんどん省くことができるのです。

会社の収入は、どうがんばっても自分が出勤しないことには入ってきません。

しかしインターネットビジネスは自分が関わらないようにしていくことが可能なのです。

僕の知り合いでオンラインサロンをやっている方がいらっしゃいますが、会員の集客をしてくれる人と自分の利益を折半にしているそうですが、月に180万円ほどの利益を得ているそうです。彼はオンラインサロンのコンテンツを作っているのですが、そのために使う時間は日に1時間ほど。もちろん1日にまとめて働いてしまって、あとは一週間遊んでいるときもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もっと掘り下げていけばインターネットで副業をするメリットはたくさんあるのですが、インターネットで副業を考えていない方にご理解いただくために5つに絞ってみました。

少し前までは
会社員=安定
という認識があったのですが、今はそれももう怪しくなってきました。

長年会社員だったためにスキルを身につけることを怠ってしまい、リストラされてあわてている方のコメントはネット上を探せばごまんと出てきますよね。

あなたはそのようなことになって後悔しないように今のうちから備えておいてくださいね。