会社にバレる?サギに騙される?会社員が副業をしたときの10のリスクを知っておこう

会社員が副業したときの10のリスク

Pocket

副業志望者さん

副業に興味あるけど、バレたら困るよね? 副業サギとかもあるって聞くし心配だ……

今回はそんな心配を解消する記事をお届けします。

こんにちは、ゆーいちろうです。

 

僕は収益化するブログを書いて1年半、 最高月収300万円をWord Pressブログで作り出しました。

 

でも僕自身、高額教材を買ってしまったことなどもあります^^;

そんなことも含めて会社員が副業をするときのリスクをお話ししましょう!

ゆーいちろう

この記事を読むと

● 会社員が副業をするときのリスクが分かります

● 副業で失敗したり、お金や信用を失うことを回避できます

こんな方にオススメ!

● 副業を志望している会社員の方

● 具体的になんの副業をやろうか決めてない方

● 副業を少し始めている方

 

会社員が副業をするときのリスクは10個もあります。

このようなリスクの知識は、前もって知っておけばトラブルを回避できます。

副業に興味ある方はぜひ最後までしっかりと読んで、トラブル回避に役立ててください。

会社員が副業をするときのリスク

 

会社員が副業をするときのリスクにはどのようなものがあるでしょうか。

今までやらないでいたものをムリヤリ生活の中に組み込んでいくわけですから、いろいろなところにしわ寄せがきます。

明確に『リスク』と言えるものだけピックアップしても10個もありました。

1 会社にバレる

2 同僚や友人にバレる

3 本業に支障をきたす

4 詐欺スクールに騙される

5 不良在庫を抱える

6 思ったほど稼げない

7 知識不足が判明

8 長時間労働

9 健康を損なう

10 会社を辞める

ひとつずつくわしく見てみましょう。

 

 

ネットに頼らず、儲かる記事ネタが芋づる式に出てくる思考法

1 会社にバレる

 

一般にもっとも恐れられていのがこれ。会社にバレることです。

しかし、これについてはだいぶ状況が変わってきました。

 

2つの大きな要素があると思います。

・大企業が軒並み『副業解禁』している

・納税方法で会社にバレないという知識が広まった

 

ところが会社によっては『あらかじめ会社に報告すること』みたいな変な社内ルールを設けているところがあるようです。

なので依然として「会社には知られたくない」と思っている方が多いようですね。

 

副業をする権利は誰にでもあると僕は思いますし、満足な給料を払えていないから社員が副業を考えるわけです。会社にも責任はあります。

しかし、副業を巡って会社との関係が悪化すると、明確に何かに違反していなくても、会社が何かと理由をつけて社員にペナルティを課すことはできます。

なので会社にバレることはまだまだ『リスク』と言えると思います。

 

2 同僚や友人にバレる

 

少し前は、『ビジネスをするなら実名顔出しが当たり前だろ!』という風潮がありました。

なので副業すること自体を二の足を踏んでいた人もいたようですね。

今は実名じゃなくても顔出ししなくても稼いでいる方がたくさんいます。実力主義になったと言えるでしょう。

 

こうなると、副業がバレるきっかけとしては

自分で言ってしまう

ことがほとんどと言えるのではないでしょうか^^

 

同僚、友人にバレて良いことはひとつもありません

 

悪いことはいろいろあります。以下のようなことはごくありふれた話です。

・妬み、恨み、中傷を受ける

・思ってもいなかった人から妬み、恨み、中傷を受ける

・SNSでビジネス発信をしているときに妨害される

 

 

 

ツイッターからのブログアクセスを3倍に!誰でもできるツイッターアクセスアップ法

3 本業に支障をきたす

 

そもそも大前提として、本業を妨害するような副業はいけません。

倫理的に、というより本業の定収入を失うリスクを侵してはいけないと思うのです。

 

会社でやっている仕事と同じことを個人で請け負うというのは、利益相反(つまり会社のライバル)になると会社が判断したら「それはダメ」と言われる可能性があります。

しかし、会社でデザインなどのスキルを生かした仕事をしている方は、知らずにやってしまいがちですよね。

 

また、単純に自己コントロールが足りずに睡眠不足になったり風邪を引いたりして本業の仕事がおろそかになる、ということもあります。

1回や2回では職場に気づかれることはないでしょうが、勤務態度が以前と違う状態が長期に渡ると上司などに勘ぐられる場合があります。

 

4 詐欺スクールに騙される

 

これを恐れる人は非常に多いです。

しかし、実際にビジネススクールになん十万円も支払った経験があり、なん十万円もするビジネススクール経営者さんと交流がある僕に言わせると、

詐欺スクールってほぼほぼありません

 

なぜなら詐欺ってそもそも被害者が詐欺師のことをよく観察できていない状態で成立しやすいです。

恋愛とか不安とか経済的困窮とかで被害者は詐欺師の実態をよく見ないで言われるままにお金を出すーーこれで詐欺が成立します。

なのでネットで申し込みをするビジネススクールでは詐欺を働きにくいです。詐欺師ならば他のやり方をしたほうが断然良いです。

 

しかし、高額詐欺スクールに騙された!と訴える方は多いです。

誤解を恐れず端的に言えば、そうなってしまった一番の理由は

自分に合っていないスクールに入ってしまった

からでしょう。

 

ではなぜ自分に合っていないスクールに入ってしまうのかというと

これも端的に言えば

結果が出ないために焦ったから

です。

結果を焦ったり、誰かになんとかして欲しいと考えるとお金を失う可能性があります

 

冒頭で、僕自身も高額教材を買ってしまったことがあるとお話ししました。

当時はいろいろなことに手を出して、それでもうまく行かなかったので、サイトアフィリエイトならうまく行くんじゃないかと思ったんですね。他力本願です。

しかし買ったあとはやはり「サイトでアフィリエイトなんて自分にはムリ! できない!」と考えて放り出しました。

そのときの教材知識は、現在ブログをやるうえで非常に役に立っています^^

 

5 不良在庫を抱える

 

これはアフィリエイトをしている方には心配のないことでしょう。

しかし、転売系のビジネスをしている人にはありがちです。

 

不良在庫なんていうと倉庫に売れない商品がどーんとあるところを想像するかもしれませんが、

個人のビジネスなら5000円で仕入れたCD1枚が売れないだけでもヘコみます(体験談^^;)

なん十万円もかけて仕入れてしまったとしたら、夜眠れません。

そういうメンタルのときは何をやってもうまくいかなかったりして非常によくありません。

 

 

初心者ブログでも初月からアクセスを増やしていく方法

6 思ったほど稼げない

 

これは『思ったほど』を何円としているかによります。

アドセンスで30円稼げても喜べる方には無縁のリスクでしょう。

しかし大抵の方はバイトした場合の時給と比べるのではないでしょうか。

 

バイトで稼げる金額を1000円前後だとすると、ブログでそれだけの時給を稼げるようになるのは大方の場合、開始して数ヶ月後です。

 

「これが実情だ」と頭では理解している人がほとんどです。

しかし、気持ち的に焦ってしまう、あるいは実際に経済的に行き詰まってしまう、そういう人は多いです。

そうなってしまう可能性があるならば対策が必要です。

 

7 知識不足が判明

 

・やってみたら記事を書けなかった
・やってみたらWord Pressをまったく使えなかった
・やってみたら記事更新を継続できなかった

こんなふうになる可能性もあります。

今までやったことがないのですから当然です。

 

とくに大人になると何かと忙しいので、できないことを時間をかけてできるようにする、というのが非常にむずかしいです。

知識不足が分かったあとの行動によって、このリスクの捉え方は変わってきます。

 

やってみたらできなかった、知識がない、思ったほど稼げない、焦る、誰かになんとかして欲しい、「素人でも稼げるようになる」というスクール発見、入る、自分に合わないと分かる、「これって詐欺でしょ!」

……となってインターネットビジネスなんてやるもんじゃない、と考えるようになる。

もしこうなってしまったら、一生の損失ですね。

 

「あのときやってたブログを続けていればよかった」
「あのときやってたビジネスを続けていればよかった」

そんな声も実際に聞きます。

 

8 長時間労働

 

最初のうちは副業の作業に慣れていないので時間がかかります。

サビ残まみれのブラックな今の会社の仕事から脱出したいのに、セルフブラックになっているとしたら本末転倒です。

 

しかし、副業をやろうとしているんだから長時間労働は当たり前、という感覚の方は非常に多いです。

最初の数ヶ月はなんとか辻褄を合わせることができても、そのうち少しずついろいろなところにムリが出てきます。

 

自分の時間はなんとか調整できても、家族や恋人との関係に不調和が発生する、なんていうことはよくあることです。

 

これは正しい目標設定、しっかりとしたスケジュール管理、作業の効率化で回避することができます。

長時間労働を当たり前と考えないことです。

 

 

『PV月3000でも初月から5万円稼ぐ【21日間で作るブログ仕組み化の設計図】』

9 健康を損なう

 

セルフブラックを放置すると、健康を損なうところまで行ってしまうので要注意です。

しかしこんなこと、ここで僕に指摘されなくても、誰でもご存知ですよね。

ところが案外、やってしまうんです。

 

とくに副業を始めたばかりの頃はテンションが高いので、会社勤めで疲れている平日もがんばったりしちゃうんですよね。

がんばちゃうんです。ここが危ないです。

 

風邪を引く、目が疲れやすくなる、腰痛、腱鞘炎など健康を損なうことももちろんありますが、

そこまで行かなくても『燃え尽きて脱力する

というのもあります。

とくにブロガーだと100記事書いたあとにそうなる方が多いようなので注意してください^^;

 

10 会社を辞める

 

「会社を辞めることのどこがリスクなの?」
「会社を辞めたくて副業始めたんだよ?」

というツッコミが聞こえそうです。

しかし僕は、副業をしたために、かつてはもっていた給与という既得権益を手放してしまいたくなるのならリスクだと考えます。

 

『憧れのフリーランスになれた』

なんていう書き込みを見ると、いやいやフリーランスはただの個人事業主ですよ、憧れるほどのものじゃないですよと言いたくなります。

 

僕は満員電車が嫌いです。あの、家畜のように狭いところに押し込められるのが、人間じゃなくなったような気分になるからです。

しかし、満員電車が嫌いなだけなら近くの会社に転職すればいいし、毎朝出勤するのが嫌なら働き方を替えればいいだけです。

 

ずっと会社員をしてきた方は

「この年齢で今さら転職とかできないだろう」
「特技のない私を正社員で雇う会社はないだろう」

とか思ってしまうようですが、ちゃんと調べてみたんでしょうか。

世の中にはいろんな会社があります。

僕の知っている方は57歳で会社に入って正社員にしてもらってました^^

 

会社員が副業をしたときの10のリスクのまとめ

 

リスクをあらかじめ認識して、そのリスクを回避するーー

これ自体は有益なことだと思いますが、リスクの話ばかりしているとなんだか気持ちが暗くなってしまいますね。

 

「そうだよ、落ち込むわ!」

という方はお口直しに、気分が明るくなる記事をどうぞ!

ブロガーに向いている人の特徴とは?:ブログに向き・不向きはあるのか大調査!

この記事のまとめ

◎会社員が副業をしたときの10のリスク
1 会社にバレる
2 同僚や友人にバレる
3 本業に支障をきたす
4 詐欺スクールに騙される
5 不良在庫を抱える
6 思ったほど稼げない
7 知識不足が判明
8 長時間労働
9 健康を損なう
10 会社を辞める

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!