会社員のまま副業で稼ぎたい:これからの副業選びに重要なポイント

会社員のまま副業? 副業選びのポイント

Pocket

ブロガーさん

会社員のまま副業で稼ぎたい! でも、ネットで調べると、情報がたくさんありすぎてどれを信じればいいのか分からないよ
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

ゆーいちろう

確かに副業の情報って多いですよね。

『会社員にオススメの副業』として、儲からないものから大きなリスクがあるものまで網羅しているだけのサイトがありますが、

このサイトでは僕の経験に基づいて、はっきりした解決策を示していきますよ!

この記事を読むと…
● 会社員の副業について重要なことが分かります

● 会社員のまま副業するためにもっとも適している方法が分かります

 

 

一般的に勧められている副業は

 

あなたはきっとこの記事にたどり着くまでに、他にもたくさんのサイトで色々な情報を見てきたことかと思います。

まずそれを整理してみましょう。

大きく分けると3つ

会社員の副業として紹介されているものは、大きく分けると以下の3種類でしょう。

・リアル = 週末バイト、夜間バイトなど

・オンライン = インターネットを活用した仕事全般

・投資 = 投資(株式投資、FX、不動産投資など)

リアルな副業とはつまり第二の雇用先を作ることです。

これはみなさんご存知の『会社にバレるパターン』になりやすいケースですね(最近は副業容認の企業も増えているようですが)。

2ヶ所で雇用されることの一番のデメリットは体がシンドイことです^^;

 

投資は会社員の副業としてよく紹介されていますが、投資は非常にリスクが高いです。副業どころか財産を失う、大きな借金を作るなどの可能性があります。

 

まずは大きな分類3つの中では以下のようになります。

会社員の副業はオンラインのビジネスが望ましい

 

会社員の副業 オンラインビジネスの種類は?

さて、そのオンラインビジネス(パソコンひとつでできるビジネス)にはどのようなものがあるでしょうか。

全体を把握していただくために、非常にざっくり分類します。

 

◆(1)ポイント系

ポイントサイト、アンケートサイトなどでポイントを貯めます。これを利用してショッピングなどができます。

◆(2)転売系

転売、せどり、個人輸入/輸出など物品を販売します。

◆(3)物品販売系

不用品やオリジナル商品をネットショップやフリマサイトで販売します。

◆(4)スキル販売系

ライティングや動画作成・編集、イラスト、作曲などのスキルをクラウドソーシングで販売します。

◆(5)サイト運営

アフィリエイト、独自コンテンツ販売など自分のブログを拠点としてビジネスをします。

 

もっともオススメなのはサイト運用

これら、(1)から(5)をさらに細分化して多数紹介しているサイトも多いようです。

実際、(2)(3)の商品を販売する副業は商品をどこから仕入れてくるかによっていくつものパターンに分かれます。

この記事ではあなたに全体像を把握してもらいたいので大まかに分けました

 

じつは、僕は(4)以外すべて経験しているんですが^^;

僕のざっくりした印象をお話しますと(1)は儲からなさすぎ。

(2)(3)は利益の割に労働が多すぎ。

(4)は僕は会社の仕事で発注側にいるわけですがクラウドソーシングを『安い外注先』と認識しています。

 

会社員ができる副業として、儲からないものから大きなリスクがあるものまで網羅しているだけのサイトがありますが、

僕のこの記事では単に情報を羅列するだけでお終いにはしません。

 

僕の経験から導き出した結論を言いますと、

会社員の副業でベストな選択はサイト運営である
となります。

 

その理由について詳しく解説します。

 

会社員の特徴

 

が、オススメの副業について詳細に解説する前に、把握していなければならないことがあります。

今回のお話は『会社員のまま』取り掛かる副業です。つきましては会社員の属性を理解していないといけません。

そこで、会社員の特徴についてまとめてみます。

時間がない

会社員は時間がありません。時間を切り売りするのが会社員だからです。

僕が会社に一番時間を取られていた時は、労働時間8時間+昼食休憩1時間+通勤往復3時間=12時間でした。

1日の半分は会社のために使っています

当然、平日は帰宅して翌日のために体を休めること(夕食、風呂、睡眠)しかできません。

 

事業資金はあまりない

そもそも副業やりたいと考えているんですから、お金が潤沢にあるわけではないんですよね。

当然です。

 

人間関係で疲れている

会社勤めをしていて、人間関係でまったく疲れていないという方は少ないでしょう。

上司や会社に対する感謝がないとかとはまったく別問題です。

 

なんというか、現代のホワイトカラーの仕事が人と繋がり過ぎていると言えばいいんでしょうか。

僕の友人でも、会社の部署のLINEグループに無理矢理入れられている人、多いです^^;

土日もメッセージが飛んでくるそうで「監視されているような気分」と言ってますね。

 

会社員の副業選びで重要なポイント

 

さて、このような特性を持つ会社員ですから、副業であればなんでも良いというわけには行きません

まずはその条件を述べてみます。

 

稼げないものは避ける

会社員は余分な時間がないですよね。その中で副業をやろうとしているわけですから、稼げないものはNG

「コツコツと稼ぐ」と言っても限度があります。

ひと月コツコツとがんばって収益が1000円、なんていうんだったらバイトした方がマシですよね。

 

この点を考慮すると、がんばってもお小遣い程度しか稼げないポイント系副業は却下となります。

 

成長しないものは避ける

今、「稼げないものはNG」と言ったばかりですが、サイト運営は最初は稼げないことが多いです。

「え、それじゃ困る!」

と思うかもしれませんが、安心してください。

それは時給にしたら、という話です。言ってみればサイト運営は時給がどんどん増えて行きます

最初の月には時給50円だったものが次の月には500円、その次には3000円と伸びて行くのがサイト運営です。

 

この点を考慮すると、転売系や物販系、スキル販売系は却下ですね。

売上を大きくするには労働も増やさなくてはならないのです。

外注を雇えば良いという人がいますが、利益率が下がるのはあまり歓迎できません。人を雇うとそれなりの煩わしさも出てきます。

 

僕はこのブログ開始後1年経たないうちに月300万円の利益を作りましたが、1日の労働時間は多くて4時間です。すべて自分で書いています。

時給にすると2万5千円ですね^^ 

 

目標をしっかり立てる

こうやって見て行くと、自然と回答は(5)のサイト運営に行き着くわけです^^

しかし、サイト運営と言っても広い分野ですから、もうひとつのポイントとして、目標をしっかり立てる、ということがあります。

目標は上手に立てるとあなたから強力なパワーを引き出します

 

具体例でお話しすると、例えば

「月3万円何としても稼ぎたい」とだけ考えていると月3万円しか稼げないサイト運営を選んでしまうのです。

せっかく利益が青天井という方法を選んだのに月3万円で終わってしまうのはもったいないですね・

 

もっとも適切な目標の立て方は、サイト運営のような安全で利益の上限がないビジネスを選んで、短期目標と長期目標のバランスをとって行くことです。

例えば

「半年後までに月3万円稼げるようになる。1年後には月15万円」

などと具体的な目標を立てて頻繁に見直しをして行きましょう。

 

会社員のままでの副業選びのポイントまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

会社員のまま副業するなら何が最適か、すでに答えは出ています。

その方法はこのブログの他の記事で詳細にお伝えして行きますので、ぜひ参考にしてくださいね。

会社員のままの副業選びのポイントのまとめ

 

◎会社員の副業として勧められているもの
・大きく分けるとリアルとオンラインと投資の3種類
・会社員の副業はオンラインビジネスが適している
・副業にはポイント、転売、物販、スキル、サイト運営
・オンラインビジネスの中でもサイト運用がベスト

 

◎会社員の特徴は
・時間がない
・資金はあまりない
・人間関係で疲れている

 

◎会社員の副業選びで重要なポイント
・稼げないものは避ける
・成長しないものは避ける
・目標をしっかり立てる

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

 

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!