ブログ副業を成功させた会社員が共通して【やらなかった6つのこと】

ブログ副業成功者がやらなかったこと6つ

Pocket

ブロガー希望の会社員

ブログで起業したいな。 そして起業するならきっちり成功したい。

どのようにやれば失敗しないだろう?

今回はそんな疑問にお答えします。

会社員からブログ起業して成功した方は僕の周囲に何人もいますから、

ブログ起業成功の秘訣をあなたにシェアしましょう。

こんにちは、ゆーいちろうです。

 

僕は収益化するブログを書いて1年半、 最高月収300万円をWord Pressブログで作り出しました。

 

僕も今現在まだ会社員ですし、僕の師匠のひとりも会社員からブログ起業しています

ゆーいちろう

この記事では

● 会社員からブログ起業で成功した人が共通してやらなかったことを解説します

 

こんな人にオススメ!

● 現在会社員でブログでの副業を考えている

● 起業するからにはしっかりとしたビジネスにしたい

● いずれは副業を収入のメインに据えたい

成功者が共通してやらなかったこと。

じつは案外うっかりとやってしまっている方が多いことも含まれています。

やってしまったために困ったことになった話も噂で聞きます。

あとで「もっと早く知っていればよかった……」なんて後悔しないように

この機会にしっかりと認識するため、この記事を最後までお読みくださいね!

 

 

初心者ブログでも初月からアクセスを増やしていく方法

会社員からブログ起業を目指す人は多い

 

ブログで起業したいという人は年々増えています。

Twitterなどを拝見していても、非常に多くの方がブロガーとして活躍しています。

 

そしてみなさん、とても熱心で

「今日は〇〇をやります!」

という告知をTwitterでしたりしています。有言実行は素晴らしいです。

 

会社員からブログ起業を成功させた人が共通してやらなかったこと

しかし、僕はそのようなツイートを見ると

気になってしまうことがあるんです。

 

それは、

「やることはともかく、やらないほうが良いことをやってしまってないだろうか……?」

ということです。

 

僕の周囲にいるブログ起業成功者を観察してみると

明らかにやらないほうが良いことがあります。

それは以下の7つです

1 会社を辞めない 
2 会社に知らせない
3 同僚に話さない
4 コラボしない
5 時間をムダにしない
6 睡眠時間を削らない
7 無理をしてがんばらない

一つひとつ見ていきましょう。

 

1 会社を辞めない

 

僕の知るブログ企業の成功者は、副業・起業を決心したときにすぐには会社を辞めていません

 

インターネットを見ると、

「会社辞めます!」
「会社辞めました〜」

と言っているブロガーさんって結構います。

会社がイヤで辞めたいからブログでの副業を始めたのでしょうから、会社を辞められたのは喜ばしいことなのでしょう。

 

しかし、辞めるタイミングが早すぎると問題です。

僕は、イヤな会社にいる人ほど会社を辞めずに最後の最後まで会社を利用し尽くしたほうが良いと思います^^

 

やってしまうとどうなる?

上司とケンカした勢いで会社を辞めてしまったなんていうのは論外ですから、腹くくってがんばってください、なんですが^^;

わりとありがちなのが

ブログで少し収益が発生したので喜んで会社を辞めてしまうパターン

これってブログに限らずどんな起業でもあるあるなんですよね。

 

しかし、個人ビジネスは安定しません

ずっと右肩上がりなんてこともありません

 

とくにブログなんてGoogle先生次第なところも多いです。先生がいつも贔屓してくれるとは限らないわけですね。

 

そうなると経済的に行き詰ってしまいます。

数ヶ月はがんばれるかもしれませんが、コストは急に削減できません。

なので本当にブログでの収益が戻らなかったら、

再び雇われの身になるしかありません。

 

一般社会人ならみんな知っていますが、そんなふうにして再就職した場合、前職より良い条件の仕事を見つけることは非常に困難です。

 

会社はできるだけ辞めないで続けるべきです。

ブログで月数百万円稼いでいても会社員を続けている方は非常に多いです。

 

 

ネットに頼らず、儲かる記事ネタが芋づる式に出てくる思考法

2 会社に知らせない

 

このところ副業解禁とする企業が続々と増えています。


しかし『事前に上司に申告すべし』という条件を儲けている企業もあるようですね。

 

副業を勧めている人やウェブサイトでも

『事前に上司に報告しておいたほうが理解や共感を得やすいですよ』

とアドバイスしていますが、そうでしょうか? これは信じて大丈夫でしょうか?

 

やってしまうとどうなる?

いままで副業が禁止されてきた理由は『本業に支障がでるから』でしたね。現在でも『支障が出ない範囲で』という条件つきだと思います。

『支障』ってだいぶあいまいな言葉ですね。 

副業を事前に報告させるというのは、どんな副業をするのか管理したいのでしょうか?

何がどうなったら『支障』と判断するんでしょうか。

どうも信用できないことばかりです。あなたの上司の人柄を見極めないと危険ですね。

 

また、上司の人柄が非常に良かったとしても、インターネットのビジネスの知識がないとやっかいなことになりかねません。


「部下が本業以外の金儲けに勤しんでいる。しかも、怪しいインターネットのブログとかいうもので金稼ぎをやろうとしている」

……みたいな心配をされて余計な詮索をされるのも困りものです。

 

企業が社員の個人ビジネスに関する姿勢というのはどんどん変わっています。

なのでこの点に関してはまったく心配ない方も多いのかもしれません。

しかし、僕の感触では言われるままに会社にペラペラ話さないほうが良いと思います。

会社が情報を知りたがっているのは、やはり管理したいからと考えるからです。

 

3 同僚に話さない

 

とくにブログが調子良く行ってるとき、要注意ですね。

どうしても誰かに話したくなる気持ちは分かります。

そして毎日顔を合わせている人というと同僚になってしまうのも分かります。

しかし、同僚に話してはいけません。同僚に話してもメリットは何もありません

 

やってしまうとどうなる?

あなたの成功を心から喜んでくれる同僚なら、話してもいいでしょう。

しかし、同僚って基本的にライバルですよね。

チームとして働くことはありますが、最終的には会社でも個人戦です。

先輩でも後輩でも同期でも、あなたが給与以外の収入を作っているとなったら、妬みの気持ちが心のなかに湧くのは当然です。

たとえ口では「すごいね! 羨ましいな!」と言っていたとしても、です。

 

給湯室で尾ひれがついた噂になって上司に呼び出された人を知っています^^;

 

まあ、ブログであろうとほかのことであろうと、自分がやっているビジネスを同僚に話して良い結果が出ることはまずないでしょう。

 

 

ツイッターからのブログアクセスを3倍に!誰でもできるツイッターアクセスアップ法

4 コラボしない

 

これは「なんでいけないの?」と思う方は多いでしょう。

交流会やSNSなどで気があった人と仲良くなって

「一緒にイベントやろう」
「一緒にビジネスやろう」

となることってとても多いと思います。

しかし、コラボは非常にむずかしいものです。


インターネットビジネスを独りでもくもくとやるのは孤独なので、なんとなく誰かと組みたいという気持ちになるのはよく分かります。

ふたりでやれば人も集まってくれるのでは?と考えてしまうのも分かります。

しかし、やってみると思ったような結果は得られないものです。

 

唯一の例外は、コラボする人が全員、単独でもそれなりのビジネスを運営している場合ですね。

駆け出しの頃に、単独ではどうもうまく行かないからコラボしよう、というのではビジネスの拡大にはなりません。

 

やってしまうとどうなる?

実際、僕は一時期ある方とふたりでやっていたことがありました。

教材コンテンツも2倍になるし、いろんなことが2倍の速度でできるし「これはいいぞ!」と最初のうちは思ったのですが、

 

そのうち致命的な欠点に気が付きました。以下のようなものです。

・意思決定や方針転換が遅くなる

・責任の所在が曖昧になる

・不公平感は否めない

とくに最初の意思決定が遅くなるのは非常にストレスでした。

ツイッターで何をどう発信するか、みたいなこともいちいち同意・確認しないと動けないのでは、仕事になりません。

また、ふたりですべてのことについて同じ責任を負うというのもむずかしいです。〇〇に関してはそれが専門のAさんが責任を負い、△△についてはBさん、というほうが合理的です。

しかし、そうすると不公平感が出てしまう可能性が生じます。

 

このあたり、とくに副業を大きくしていずれ会社を作りたいという方はやってしまいがちなので要注意です。

 

会社員はチームで働くことが多いので、誰かと仲良く仕事をすることが良い、と考えがちです。

しかし初心者がコラボしてビジネスが大きくなったケースを僕は見たことがありません

自分にある程度のチカラが付くまで、コラボはしないことです。

 

5 時間をムダにしない

 

時間をムダにすると言っても、テレビ、マンガ、ゲームで時間をムダにする話ではありません。

ブログの執筆時間です。

しかし、会社に最低でも週50時間ほど(通勤時間を含め)とられている僕らは、本当に時間がありません。

なので、時間は一番大事なもの、くらいの認識がないとどんどん困ったことになっていきます。

 

やってしまうとどうなる?

ブログ書き始めの頃はテンションも上がっているので

ものすごく気合いを入れて記事を書くんですね。

 

なので、書くのに3時間かかってしまっても平気だったりするんですね。

マジメで熱心な方ほどその傾向があります。覚えがある方は多いと思います。

これくらいのことができなくて副業なんてムリだぞ!と自分を叱咤激励してしまうんです。

 

しかし、そんなことが長く続くはずはありません。

ところがブログは長く続けなければなりません。

ブログ執筆をする前には別のことをやっていた3時間が犠牲になっていますから、ムリがあるんです。

その結果、大抵の場合、ブログ執筆をやめる、ということになってしまいます。

 

僕はとにかくつねに『手を抜く方法』を考えるようにしています。

「がんばればなんとかなる」という考え方は危険だと思ったほうがいいですね。

 

 

『PV月3000でも初月から5万円稼ぐ【21日間で作るブログ仕組み化の設計図】』

6 睡眠時間を削らない

 

これも案外やってしまいがちです。

というか、「副業を開始してから睡眠時間を減らしたことない」なんて方、いるでしょうか?


僕も昔は散々やりました。

とくに、残業などが入って自宅作業の時間が奪われたりしたら、予定を消化するためには何かの時間を削るしかありません。

そして削るのは睡眠時間しかありませんよね。

 

やってしまうとどうなる?

しかし、これこそ『本業に支障』をきたします。

パフォーマンスの低下を招きます

そして、会社での仕事がうまくいかなければ、その日の自宅での副業もうまくいきません。

 

ブログは毎日淡々と継続していくことがもっとも効果を最大にします。

二足のわらじをはき続けなくてはいけないのに、どちらもうまくいかないという状況は非常に危険です。

 

これを避けるには、漠然と「睡眠時間を確保しよう」と思っていても、ついやってしまうことなので効果がありません。

つい、寝る時間を削ってしまう方は短期目標の設定の仕方に気をつけて見ましょう。

毎日の予定を成果単位ではなく時間単位にします。

つまり、『1日1記事書く』というような成果を毎日の目標にするのではなく、『1日1時間ブログ書く』といったものにします。

 

ブログの執筆って自分でもびっくりするくらいメキメキ上達するので、最初はゆるいくらいの目標設定で大丈夫です。

 

ブログ起業で成功した人がやらなかったことのまとめ

 

僕の知る限り、ブログの副業を上手に起動に乗せた方は全員、上記の6つの事柄をやっていませんでした。

まとめてみるとちょっとしたことばかりですね。

しかし、これがブログの長期継続、ひいてはそこからの個人ビジネスの芽を潰してしまうんです。

やらないこと6つ。

あなたのブログ副業を成功させるために、意識してみていただけると幸いです。 

ブログ副業成功者が共通してやらなかったことのまとめ

 

◎ブログ起業成功者が共通してやらなかったこと

1 会社を辞めない 
2 会社に知らせない
3 同僚に話さない
4 コラボしない
5 時間をムダにしない
6 睡眠時間を削らない

 

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、

下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!