サラリーマンの昇給の平均額を調べてみてびっくりしたこと【会社員のヤバイ話】

Pocket

会社員のお給料の昇給ってどれくらい? 誰かが統計を出しているだろうと思って調べてみたところ……ちょっとびっくりする数値が出てきました。

会社員の昇給平均額を調べてみた

リクナビNEXTさんのウェブサイトに日本経済団体連合会(経団連)が調査した数値(2015年)が書かれていました。それによると……

大企業の場合

大企業の昇給率は2.59%。仮にお給料が25万円だとすると具体的な昇給額は約6,500円ほど。

中小企業の場合

中小企業の場合は、1.45%。仮にお給料が25万円だとすると具体的な昇給額は約3,500円ほど。

 

……って、え? いくらなんでもこれって差がありすぎません?

最新の調査ではおそらく金額的には増えていると思われますが、なんでこんなに差があるんでしょう。

 

大企業か中小企業か、ってたしか資本金の額と従業員数で決まると思ったんですよね。

であれば、バリバリITで儲けている会社は中小企業に入る可能性もあると思うんですが……中小企業はなんともひどい数字です。

儲けていない会社の状況がひどすぎるんでしょうか。

 

しかも、そのようなひどい中小企業に勤めた経験のある方はご存知と思いますが、毎年かならずしも昇給するわけではありません

企業によっては給料据え置き全然アリです。

 

日本の会社員3人のうち2人は中小企業で働いているそうですから、これってだいぶ深刻な問題です。

 

先程のリクナビNEXTさんのウェブサイトで、中小企業の場合、10年後には現在の給料より2割増えいている可能性がある。

という意味合いの文章がありましたが、

 

現在25万円の人は10年後に30万円ということ。

 

ふざけんな!じゃないですか? 10年間働いて5万円しか上がらないんです。

 

会社がなかなか昇給してくれない理由

「社長、いいクルマ乗り回してんのに、なんで俺らの給料上げないんだよ」

という不満を抱いた方もいらっしゃるかと思います。

会社はなかなか給料を上げません。なぜ上げないか。ちゃんと理由があるんですね。

儲かってない

まずこれです。そしてこれが理由であればもう仕方ないです。

あなたから見て「ウチの社長(と経営陣)、商売がヘタ」と思うなら、そんな会社はきっぱりと見限ったほうが良さそうですね。

 

いったん上げたら下げにくい

なので会社はできるだけ上げないようにしています

「いやべつにいいんだよ。業績が悪い年は下げてくれても。業績が良い年は昇給しようよ」

と社員は思うでしょうが、お給料はカンタンに下げることができません。労働基準監督署へ届出が必要だったり、いろいろと面倒くさいことが絡んできます。

であれば会社としては据え置きにしたほうがラクですよね。来年儲かるかどうか分からないので。

 

会社に自分を合わせるか?自分に会社を合わせるか?

中小企業はなんてひどいんだ! やっぱり大企業に入るのが一番いいんだな!

と思ってしまう方もいるかもしれませんが、僕はそうではないと考えています。

僕はたしかに大企業に勤めた経験はありませんが、大企業に勤めている友人はいます。その内部事情を聞いたり、相談に乗ったりしたこともあります。

そんないろいろな話を総合すると、会社に何を求めるか、会社とどう向き合いたいかによって違ってくるように思います。

大企業の場合

大企業に勤めているとさまざまな点で自分を会社に合わせることが必要になってきます。

同じルールで働いている人がすでに何千人、何万人といるわけですから、そうなるのも仕方ないですね。

中小企業の場合

一方、中小企業の場合、例外を認めてもらうことが比較的容易な印象です。

僕は今の会社でいろいろと自分が提案したことを認めてもらっています。

かならずしもすべての会社で融通が利くわけではないでしょうが、もしダメなら転職という選択肢があります。

就活で大変な苦労をして入った大企業に比べて、中小企業は辞めやすい、というのは事実でしょう。

 

中小企業の一番の利点

僕や周囲の方たちを見ても、

中小企業に勤める一番の利点は副業をしやすい

ということに尽きます。

 

少し前までは

中小なんかに勤めているから給料安いんだ。だから副業しなくちゃならないんだろ。

という言い方もされていたようですが、

 

この数年、事情がどんどん変わってきました。

要するに、誰でも複数の収入源をもっていないと安心できない、という時代になってしまったんです。

 

「ウチは副業禁止だから」と手をこまねいていた大企業の人たちが

『副業解禁しました。昇給しないから、そこんとこ自己責任でよろしく』

と突然会社にいわれて驚いているようですね。しかし、だからと言ってどうすればいいのか分からない、という思考停止の方も多そうです。

 

全員複業時代に向けて、あなたはさっさと準備を進めていってくださいね。