仕事で焦ったときのベストな対処法4ステップ!

Pocket

悩める会社員さん

「仕事で焦ることが多いんだよね。そして焦ると頭が真っ白になっちゃってミスをして怒鳴られる……。なんとかできないかな……」
こんにちは、ゆーいちろう(@free30303)です。

ゆーいちろう

えーっとそれは大変ですね。

仕事で焦ることは誰にでもあると思いますけど、そこからさらにミスを招いたり、1日に何度も焦ったりすると仕事自体のモチベーションにも関わりますね……。

この記事を読んで分かること仕事で焦ったときにミスを招かないベストな対処法4ステップ
 

焦ったらまず「焦ってる」と認める

 

焦ったらまず

「あ、自分いま焦ってるな」

認めてください。

 

「何を言ってるんだ?」と思うかもしれませんが、これは要するにメタ認知

メタ認知とは自分を客観的に認知する能力で、社会人として仕事をする際には非常に重要な能力とされています。

 

逆に、あなた以外の誰かがめっちゃ焦って明らかに頭真っ白になってるな、というときには「まあ、落ち着いて。そんなに焦らなくても」と言いたくなった経験ってあると思います。

焦っている人は「焦っちゃいけない」と考えることでますます焦ってしまうことがあります。

自分いまめちゃくちゃ焦ってるぞ、と認めることが第一歩です。

 

次に「できる、大丈夫」と思う

 

僕は焦っているときに、いつの頃からか「大丈夫大丈夫、できるできる」と自分の心の中で言うようになっていました。

 

これは『とりあえずそう考える』で大丈夫です。おまじないみたいなものです。

自分で「大丈夫大丈夫、できるできる」と心のなかで唱えて、なんとか乗り切れたことがあるので続けているのかもしれません。

 

これはダメ 「焦るな」と思うこと

 

「じゃあ、『焦るな、自分』でもいいのか?」と考える方もいるかもしれませんが、『焦るな』というおまじないはオススメできません。

 

というのも、こちらの記事にも書いたのですが、

【ブロガー注目!】普通のブロガーは知らない、記事タイトルをつけるときの注意点!

人間の脳って言葉をざっくり捉えるので、主語とか否定形とかをすっ飛ばして認識することが多いようです。

 

「焦るな!」と言っているのに「んーと、焦るってこと?」と解釈したりするのです。

『焦る』という言葉にますます焦ったりします。

 

そんな感じですから、「落ち着け、自分!」よりも「自分、落ち着いてる落ち着いてる」みたいなほうがいいかもしれませんね。

ただ僕は、『大丈夫、できる』という言葉のほうが気持ちが明るくなるので、そういう言葉を使っています。

 

大丈夫な証拠をまず探す

 

たとえば、客先に持参しようとしていた契約書にミスが見つかった。

そんな状況ではめっちゃ焦りますが、約束の時間までにまだ時間の余裕はあるかもしれません。

そこを認識しないで、パソコンで書類のミスを修正し、印刷をかけたところ、紙がない! 震える手で紙の補充をしたら、誤って紙詰まりを起こしてしまった……!(実話^^;)

頭を抱えて叫びたいようなシチュエーションですが、紙詰まりさえしなければ、最初の約束の時間に間に合うように会社を出られたかもしれません。

 

ミスを発見したときはとくにですが、焦っているときには、大丈夫な証拠をまず探しに行きましょう。

上記の例であれば、時間をチェックする。で、時間的に間に合いそうだとなれば、しっかり落ち着いて修正作業をできるでしょう。

 

大丈夫じゃないときは、まずそこに集中する

 

先ほどのケースで、「時間がなかったら?」と思ったかもしれません。

 

その場合は、まずそこの対処に集中します。

つまり、契約書の修正よりも客先に電話を入れて謝罪し、少し遅れることを伝えます。

そうすることで時間の余裕ができます。

 

目の前のこと(契約書の修正)よりも全体を俯瞰して、どこかをピンポイントで突けば全体に余裕ができるというところを見つけてまず押さえる、といった感じでしょうか。

 

目の前の人が怒っているとき

 

たまに女性で聞くケースですが、

上司に怒鳴られると頭が真っ白になって、手が震えて、どうしていいか分からなくなる

という方がいます。男性でもそういう方はいると思います。

男性だと、自分に落ち度がない場合に怒りで頭が真っ白、ってことがあるかもしれませんね。

 

でも目の前の人が怒ったり怒鳴ったりしているときには、すかさず謝ったほうがいいでしょう。

「大変申し訳ありませんでした。以後、気をつけます」

というのは、僕は会社員の魔法の呪文と思っています笑 降りかかる火の粉を払うことができます。

 

こう言えばたいていの上司はおとなしくなります。怒鳴るのをやめればこちらは落ち着いて対処できますので、やることをやればいいだけです。要するに口塞ぎですね笑

それでも怒鳴るのをやめない上司であれば、頭を下げながら「どうやってこの職場から離れようか」という戦略を練り始めればいいかと思います

 

まとめ

 

会社の仕事で焦ることは誰にでもあります。

でも、そのときには「こうすればなんとか乗り越えられる」と分かっていれば、気持ちのもちようがだいぶ違うと思います。

 

仕事で焦ったときにミスを招かないベストな対処法4ステップ

◎ 焦ったらまず「焦ってる」と認める

◎ 「できる、大丈夫」と思う

◎ 大丈夫な証拠をまず探す

◎ 大丈夫じゃないときは、まずそこに集中する

まあ、あなたのミスに対して怒鳴りまくるような上司はこちらから願い下げですよね。

僕はこのブログで繰り返し『雇われの身からの脱却』をオススメしています。

会社に所属しつつ、自分ひとりでも稼ぐーーこれを実現することにより会社に依存したり、媚びたりする必要のない働き方ができます。

万が一、会社にムリな転勤などを押し付けられたときも、対等な立場で交渉することができます。 自分ひとりで稼ぐ力を身に付けることは難しくありません。

その方法をロードマップとしてこちらの記事でご紹介しています。

日々、追記を重ねて完成に近づけていますのでご注目ください。

好きなこと書きたいことを書いてアクセスを集める方法好きなこと書きたいことを書いてアクセスを集める方法:検索上位に表示させる書き方