アフィリエイトに向いている人の特徴、性格とは?実際の人たちを調べたら17ありました。

アフィリエイトに向いている人の特徴、性格とは?

Pocket

初心者ブログを《一ヶ月で》人気ブログにする方法!

副業希望者さん

アフィリエイターになりたいなぁ。なれるかな……。アフィリエイターに向いている性格とかあるんかな?
こんにちは、ゆーいちろうゆーいちろうTwitterアカウントです。

向いている性格ですか? 考えたこともなかったけど……

ゆーいちろう

でも、よく考えるとたしかにありそうですね。

僕の周囲のアフィリエイトが上手な方たちには共通する面があります。

では、アフィリエイターに向いている人の特徴と性格、僕の実体験から解説しましょう。

この記事を読むと…
● アフィリエイターに向いている人の特徴と性格が分かります

精神論ではなく客観的な観察を述べます

 

こういう『個人ビジネスに向いている人、向いていない人』という話をすると、けっこう高い確率で

・素直な人が成功する
・根性のある人が成功する
・稼げない言い訳をする人は向いていない
・失敗を他人のせいにする人は向いていない

などの精神論みたいなことを言う方がけっこういます。

が、そもそも『素直』ってどんな状態を素直というのかによってだいぶ違ってきます。自分の気持に素直な人は、他人からみるとわがままに見えることもあります。

言い訳云々も、それを聞いた人の受け取り方によるとも言えます。

ですから、そんなあやふやなことではなく、できるだけ客観的な事実を述べていきます。

おそらく僕だけでなく、その人の周囲の人たちも賛同してくれるような特徴や性格です。

 

コツコツ毎日作業できる

 

これははずせない特徴ですね。そして100%誰でも賛同してくれると思います。

やはり、毎日少しずつ積み上げていくような仕事なので、コツコツ型の仕事ができる人でないと務まりません。

ただ、日本のサラリーマンってたいてい毎日同じような仕事をコツコツやっているんですよね。

その意味ではそれほど特別な資質ではないように思います。

 

わりとシングルタスク派

 

アフィリエイトの仕事は自分で自分を管理するので、割り込み仕事に悩まされるということはありません。

そのせいか、シングルタスク派が多いように見受けられます。つまり、トコトン突き詰めて仕事をやるタイプですね。

 

ビジネス戦略を組み立てるのに長けている

 

これはアフィリエイター必須のスキル、というべきかもしれません。

地道な作業を重ねる仕事だけに、いま自分がやっている作業がどこに向かっているか、ビジネス全体のどの部分なのか、ということをきちんと把握してないといけません。

会社の仕事だと、プロジェクトの全体像が見えずに仕事をすることはよくありますが、個人ビジネスだとそれはNGです。

最終的な収益化までしっかりとビジネスモデルを作り上げたうえで仕事に取り掛かる必要があります。

つねにそうやって仕事をしているせいか、ビジネス戦略の組み立てに長けている人が多いと思います。

 

集中力あり

 

アフィリエイトは細かい作業です。パソコンひとつでできる、などと言いますが、だからといって単純な仕事ではありません。

むしろ、ちょっとしたミスで何かが表示されない、報酬が入らないなどの事態になりかねません。

なので、集中して仕事ができる人が多い印象です。

 

リサーチ好き、データ好き

 

アフィリエイトは自分でPDCAを回していく仕事です。自分で予測、計画するときにも、結果を分析するときにも、必要なものはデータです。

僕もなんでもスプレッドシートにまとめて分析するのが好きですが、アフィリエイトの上手な知人もそういった方が多いです。

毎日計測した数値を記入していく、といった作業が苦にならない人たちですね。

 

やや飽きっぽい

 

アフィリエイターの知人のなかには、自分で自分を飽きっぽいと言っている方がいました。

そう言われてみるとアフィリエイターの方はわりとみなさん飽きっぽく見えます。というか仕事がどんどん変わる……笑

 

しかし、オンラインの個人ビジネスをしている方にとっては『飽きっぽい』のはそれほど悪い特徴ではないようです。

『集中力がある』と言っておきながら、矛盾しているようですが、

個々の仕事つまり作業には非常に集中するのですが、大きな意味での仕事、いま自分がやっているビジネス、には飽きっぽい印象です。

 

自分を飽きっぽいと言う彼は、いつも何か新しいことを手掛けています。

だからこそ移り変わりのはげしいインターネットの世界で生き抜いてこられたんじゃないかと思います。

 

人に指図されるのは好きじゃない

 

これですよねー。この性格が「会社辞めたい」となってアフィリエイターに向かってしまったのかと思います笑

会社を辞めてフリーランスになったとしても、フリーランスは結局発注元にいろいろと指図される仕事です。

アフィリエイターのように自分で仕事を作り上げて、自分でこなしていくという仕事の自由度、快感は一度やったらやめられないというものなのかと思います(^^)

 

ビジネスを長期で考えている

 

またまた矛盾するような言い方ですみません。

飽きっぽく、つねにべつの仕事に興味をもっているんですが、オンラインでの個人ビジネスというものを長期で考えています。

たとえば、このままで行くと作業が増えて自分ひとりで対応できなくなる……では、どうするのか? 

単純に「人を雇えばいいや」ということではなく、そのビジネスの特性や自分のブランディングなども考えて、いつも前倒しで考えている人が多いですね。

 

これからの時代は、ビジネスが大きくなったら法人にして人を雇って大きなオフィスを借りて……という昔のような拡大路線がかならずしも良いことではありません。

その意味では先を読みながら仕事をしていくことは個人ビジネスをする場合に必須な条件かと思います。

 

情報をたくさん取り入れる

 

最初は、読書家が多いかな、と思って調べてみました。ひとり、すごい読書家のアフィリエイターがいるので。

しかし、たくさん本を読むと言う方もいれば、そうでないと言う方もいました。

 

でも、よく考えてみたら情報をどこから取り入れるか、という問題なんですよね。そう考えると本は単にひとつの情報源でしかありません。

本を読まない人はどうしているのか聞いてみると、デジタルの情報源を活用していました。

つまり、動画や音声ですね。

そういう意味では僕の知り合いはほぼ全員、なんらかの形でつねに大量の情報を取り入れる方たちでした。

 

パソコンのスキルはそこそこある

 

アフィリエイターでWord Pressでブログを作り……なんていうと、本人はたいしたことないと思っていても、一般人からするとパソコンスキルがある人ということになるでしょう。

ただ、『そこそこ』とつけたのは、『パソコンのことをものすごく良く知っている』というわけではないけれど、アフィリエイターとしては優秀な人もけっこういるからです。

なにか実現したいことが出てきたらそれに必要なスキルを習得するーーそういった考えの方が多いように思います。

 

構成力あり

 

オンラインビジネスの過程は『集客→教育→販売』と言われます。アフィリエイトも例外ではありません。

ここから集客して、ここで教育、ここで販売、というビジネス全体の構成ができていないと一生懸命集客しても販売(収益)に結びつかないこともあります。

 

僕のユダヤ人の師匠は

収益に結びつかない作業は”仕事”じゃない。

と言い切ってました(^^)

 

文章を書くのが苦にならない

 

これは当然と言えるでしょう。

タイピングがまったくできない方がアフィリエイトをやってはいけないということはありませんが、結果を出すのに時間がかかります。

また、文章を作るのが超苦手というのも、ビジネスモデルの構成に支障をきたします。

文章を作り、タイピングするーーこの作業はまったく苦にならないという方がアフィリエイターに向いていると思います。

 

説明が上手

 

これは実際にアフィリエイターさんと接触して実感することなんですが、みなさん説明が上手です。

やはり文章だけで人を納得させて、購入に導く能力に長けているだけあって、『モノは言いよう』ということをすごく理解しているんですね。

ですから、今すでに「説明が上手だね」と人から言われるような方はアフィリエイターの素質あり、と思います(^^)

 

お金を稼ぐことにあまり焦っていない

 

アフィリエイトはコツコツ積み上げていくタイプの仕事です。まともな効果がでるのは数週間、数ヶ月先のこともあります。

なので、来週の生活費がない!とか毎月毎月赤字!といった方には向かない仕事です。そういう方は手っ取り早くバイトをしたほうがいいでしょう。

 

僕の知人のアフィリエイターさんは会社員の副業から始めたか、最初にめっちゃ貯金をもっていたか、という2パターンのどちらかのようです。

僕の経験からいっても、お金を稼ぐことに焦っているときはビジネスはあまりうまくいきません

 

楽して稼げるという意識はそもそもない

 

よく「インターネットのビジネスは楽して稼げるんでしょ?」という方がいます。ま、だから怪しい、というイメージになるんでしょう。

しかし、実際にインターネットのビジネスをやっている方は、それが真実じゃないことを知っていますよね。

 

僕の知人の方たちは、偶然かもしれませんが、もともとオンラインの仕事にたずさわっていた方たちばかりでした。

そこから「ひとりでもビジネスを立ち上げられるんだ」ということが分かって、アフィリエイターになった……という感じですね。

なので、「楽をしよう」と思ってアフィリエイターになった方はいないようです。

 

おそらく「楽をしたいから」ということでアフィリエイターになる人は、早々に「こんなはずじゃなかった」ということになってアフィリエイターを辞めているんでしょうね(^^)

 

長期の目標はもっていない

 

これは非常におもしろい特徴だと思います。

が、理解できます。

インターネット界隈では状況や人の価値観がどんどん変わっていくので、長期目標をたててもあまり意味がないんですね。

アフィリエイターというのも今それをやっているというだけで、「10年後も20年後もずっとアフィリエイターをやり続けるぞ!」という方はひとりもいませんでした。

逆に、いたら「やめときなよ」と僕も言うでしょう笑

 

その代わり短期目標はしっかり立てている人が多いです。

 

学歴、性別、年齢はまったく関係ない

 

僕の知る限り、アフィリエイターに学歴はまったく必要ありません。

性別も年齢もとくにアフィリエイトのスキルと関係はありません。

なので、『学歴がないけど資格をとる学校に行くお金もないからアフィリエイトやる』とか『会社を定年になるまでの数年間でアフィリエイトのスキルを身に着けて、退職したらアフィリエイトやる』なんていうことも全然ありだと思います。

 

アフィリエイトに向いている人の特徴、性格のまとめ

 

こうやってみてくると、
・こういう性格だからアフィリエイターになったのか、
・アフィリエイターだからこういう性格になったのか、
ちょっと判別できないこともありますね。

しかし、「自分もあてはまる!」という項目が多いなら、あなたはアフィリエイターにすごく向いているでしょう!

アフィリエイトに向いている人の特徴、性格のまとめ


◎コツコツ毎日作業できる

◎わりとシングルタスク

◎ビジネス戦略を組み立てるのに長けている

◎集中力あり

◎リサーチ好き、データ好き

◎やや飽きっぽい

◎人に指図されるのは好きじゃない

◎ビジネスを長期で考えている

◎情報をたくさん取り入れる

◎パソコンのスキルはそこそこある

◎構成力あり

◎文章を書くのが苦にならない

◎説明が上手

◎お金を稼ぐことにあまり焦っていない

◎楽して稼げるという意識はそもそもない

◎長期の目標はもっていない

◎学歴、性別、年齢はまったく関係ない

もし、この記事が少しでもあなたの役に立ったならば、下記リンクから感想をツイートしていただけると僕がさらにがんばって良い記事を書きます!(^^)

 

 

◆月3000PVのしょぼいブログで売り込みせずに5万円稼ぐ
仕組み化の設計図

◆フォロワー1万人までやることを体系化。なので忙しい方でもできる
1万フォロワーメーカー

◆記事ネタを探し回らないでも大丈夫。あっという間に100記事分くらいの記事ネタは出てきます
芋づる式思考法

◆”あること”をしてツイッターで告知したらアクセスが3倍になりました。
ツイッターアクセスアップ

 

この記事を書いた人

ゆーいちろう

1つ目のブログでは収益0円。2つ目のこのブログで半年後に月3万、さらに4ヶ月後に300万達成

他にもメール、LINE@のアフィリやってます。

ツイッターではマーケティング、ライティングの質問にも答えています。

ココから→ゆーいちろうTwitterアカウント フォローしてくださいね!